ページトップ
講演会・講師の講演依頼.com 特集一覧 スポーツ WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ

特集 WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ

      1872年に日本にベースボールが伝えられてから140年余り。
      野球という競技は、昔から人気があり国民の代表的娯楽の一つとされてきましたが、
      いまやWBCで2連覇を果たすなど、日本が世界に誇るスポーツという立場になりました。
      本ページでは、そんな野球に携わってきた元選手や監督・コーチをご紹介。
      逆境に打ち勝つ方法や独自の人材育成理論など、目からウロコの話を講演で是非お聴きください。


■WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ特集の講師紹介■

※各講師への講演会のお問い合わせは、講師詳細プロフィールにある「お問い合わせ候補に入れる」ボタンをクリック後、入力フォームに連絡先等をご記入ください。追って担当者がご連絡いたします。また、お電話でのご連絡もお待ちしております。

この人に注目!立浪和義氏(WBC日本代表 打撃コーチ)
WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 立浪和義
現役時代の通称「ミスタードラゴンズ」。
中日入団後は、球団史上唯一の高卒新人として一軍開幕戦フルイニング出場を果たし、優勝に貢献した。
以降、22年間、中日一筋でプレー。チームの顔として幅広い世代のファンから絶大な支持を得る。
2007年からは打撃コーチを兼任。2009年には二塁打の日本記録を487まで伸ばし、惜しまれつつ引退した。
現在は、野球解説者として野球界の発展や後世の育成に力を注いでいる。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 梨田昌孝

組織の育成

梨田昌孝

WBC日本代表 野手総合コーチ

●講演テーマ

「長所を活かして個性を伸ばせ!」

現役時代、近鉄バファローズの強肩捕手として活躍、近鉄の黄金時代を支えた。引退後、野球解説者等を経て、2000年に日本ハムファイターズ一軍監督に就任。監督2年目に、チームを12年ぶりのリーグ優勝に導く。2004年のバファローズとオリックスの合併に伴い、自ら率いてきた選手たちの去就を危惧し、潔くユニホームを脱ぐ。現在、野球解説のほかメディアへの進出も注目されている。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 与田剛

「リストラの星」

与田剛

WBC日本代表 投手コーチ

●講演テーマ

「私の野球人生
―自分を信じ、逆境を乗り越える―」

ドラフト1位で中日に入団し、最優秀新人賞、 最優秀救援投手賞に輝く。その後、怪我に苦しむも手術を乗り越え、34歳にして阪神にテスト入団する。その挑戦の姿勢は「リストラの星」と呼ばれ大きな共感を得た。 現在は解説者として多数番組で活躍中。自身の野球人生から、逆境に立ち向かう挑戦の姿勢と方法を熱く、楽しく、分かりやすく語る。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 高代延博

勝利へ導くコーチング

高代延博

WBC日本代表 内野守備走塁コーチ

●講演テーマ

「WBCV2達成
その舞台裏と真実 選手の素顔とは」

ドラフト1位で日本ハムへ入団。1年目から遊撃手のレギュラーを務め、攻守ともに活躍する。引退後はコーチに転身し、以後、広島、ロッテ、日本ハム、中日の各チームで守備走塁を務める。また、2009年にはWBC日本代表の内野守備走塁コーチへ就任。二連覇に貢献した。WBCをはじめ、チームを勝利へ導くコーチングは、ビジネスへも応用できると好評。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

モチベーション/挑戦

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 赤星憲広

俊足の「レッドスター」

赤星憲広

元プロ野球選手/野球評論家/野球解説者

●講演テーマ(トークショーのみ)

「野球、人生、教育、夢など」

社会人野球を続けていたなか、シドニー五輪野球日本代表に選出。2001年に阪神タイガースに入団、プロ入りを果たした。同球団では5年連続で盗塁王に輝くなど球界随一の俊足を生かして活躍。「レッドスター」の愛称でファンに親しまれた。盗塁した数の車椅子を全国の病院や施設に寄贈するという社会貢献活動を続けてきたことでも知られている。現在は野球解説者としてTVや講演会で活躍中。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 田口壮

“脇役”の大切さ

田口壮

野球解説者/元プロ野球選手

●講演テーマ(トークショーのみ)

「野球、人生、モチベーションアップ等」

1991年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。1995年・1996年のリーグ連覇に貢献した。 2002年FA宣言し、メジャーリーグ、セントルイス・カージナルスに入団。 以後8年間、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスと渡り歩く。その間2度のワールドチャンピオンに輝いた。日本球界に復帰したのち、2012年に引退。現在は、野球解説者として幅広く活動を展開する。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 黒木知宏

“魂のエース”

黒木知宏

元プロ野球選手/野球解説者

●講演テーマ

「今頑張れ、今頑張らず、いつ頑張る」

1995年千葉ロッテマリーンズ入団すると1年目からローテーションの一角として活躍。球界を代表する投手となり、日本代表としてシドニーオリンピックにも出場した。 怪我に悩まされ続けるも、2005年に執念の復帰を果たし、31年ぶりの日本一を達成した。現在は、各種メディアで解説を務める傍ら、「ジョニープロジェクト」を立ち上げ、「野球」の更なる発展、普及活動に力を入れている。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 パンチ佐藤

人生はマラソンだ!

パンチ佐藤

元プロ野球選手

●講演テーマ

「人生、山あり、谷あり、笑いあり」

プロ野球のスター選手から芸能界に活躍の場を移した、パンチ佐藤氏。「人生はマラソンだ!」をモットーに、現在は“スポーツ応援団、人生の応援団”としてフットワークよく、芸能・文化活動を元気良く展開している。定評のあるトークを生かした講演活動は、各方面よりご要望が多く、肩のこらない普段着のおしゃべや親しみのある毒舌、熱血トーク、チョットいい話などで好評を博している。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 小宮山悟

向上心

小宮山悟

元プロ野球選手

●講演テーマ

「小宮山悟が語るトップパフォーマンス」

ロッテオリオンズにドラフト1位で入団。その後、横浜ベイスターズを経て、 2002年にはメジャーリーグ・ニューヨークメッツに移籍した。2004年に再び千葉ロッテマリーンズへ復帰すると、40歳を迎えてもなお、新球「シェイク」を開発するなど、向上心を持ちプレーし続けた。現在は、野球解説者としての活動を中心に、野球の魅力を伝える取り組みや、エコの推進を行う活動に参加する等、幅広く活躍中。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 マック鈴木

限界を超えて

マック鈴木

元メジャーリーガー/元プロ野球選手

●講演テーマ

「夢に向かって突き進め!」

高校を中退してアメリカに野球留学し、1996年7月に日本人3人目となるメジャーデビュー。日本プロ野球界未経験者として初の快挙であり、アメリカンリーグ初の日本人メジャーリーガーとなった。現在はアメリカマイナーリーグを皮切りに、メジャー、日本、メキシコ、台湾、ドミニカと、世界を舞台にプレーを続けてきた経験を元に、夢を持つ大切さを伝える活動を行っている。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

人生/夢

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 桑田真澄

試練を乗り越える

桑田真澄

元プロ野球選手

●講演テーマ

「試練は人を磨く」

野球の名門校・PL学園で、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれ、1年生から甲子園のマウンドでエースピッチャーとして活躍。卒業後、読売ジャイアンツへ入団。絶頂期であった1995年に、右ひじ靭帯断裂の損傷など故障に悩まされる。そのような中、38歳でのメジャー挑戦など、果敢に夢の実現に挑戦してきた。野球人生で、数々の試練を乗り越え、自らを磨いてきた経験を語る。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 矢野燿大

20年の現役生活

矢野燿大

野球解説者/元プロ野球選手

●講演テーマ

「私の野球人生」

1990年、中日ドラゴンズ入団。その後、大型トレードで阪神タイガースへ。移籍後は長年にわたり正捕手として活躍する。また、社会貢献活動として筋ジストロフィー基金を作るなど、その人柄も大きな評価を受ける。引退後は、メディアでの解説・評論を中心に活動を展開。また、講演会講師なども積極的に行い、組織論やチームマネジメントの大切さ、夢や目標の大切さを伝えている。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 江本孟紀

熱き語らい

江本孟紀

野球評論家

●講演テーマ

「スポーツを通じて得た経験」

1970年、東映に入団。南海、阪神と渡り歩き、いずれもエースとして活躍した。引退後も、そのスマートな風貌と歯に衣着せぬ物言いでメディアで活躍する一方、1992年に参議院議員に初当選し、政界入り。2001年には参議院の初代内閣委員長に就任するなど要職に就いた。現在は、解説、講演、執筆、スポーツ普及活動のほか、タイのナショナルベースボールチームの総監督を務めている。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 岩本勉

~野球心~

岩本勉

野球解説者/スポーツコメンテーター

●講演テーマ

「人生の壁を乗り越える、
人との出会いと救いの言葉」

ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団。2年連続2ケタ勝利を挙げ、人気・実力ともにチームのエースとして活躍。また、「まいどっ!」というあいさつなど、明るいキャラクター・通称「ガンちゃん」として多くのファンから愛された。現在は、解説やコメンテーターとして数多くの番組に出演。その他、執筆や野球教室、講演会など幅広く活動している。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 衣笠祥雄

「鉄人衣笠」

衣笠祥雄

TBS野球解説者

●講演テーマ

「私の野球人生」

1947年生まれ。京都府出身。平安高校から広島東洋カープ入団。1987年の現役引退に至るまで、23年間におよび常に日本プロ野球界の第一線で活躍を続け、最優秀選手賞MVPをはじめ数々の輝かしい足跡を残す。その間、2215試合連続出場という不滅の世界記録を達成。多数の死球を受けながら連続出場を続け「鉄人衣笠」と呼ばれる。国民栄誉賞。野球殿堂入り。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 古葉竹識

球史に残る名監督

古葉竹識

野球元日本代表

●講演テーマ

「耐えて勝つ~私の野球人生~」

1975年、広島カープ創立26年目にして、セ・リーグ初優勝を果たす。就任中、3度日本一に輝くなど、プロ野球史に残る名将として知られる。講演では、勝利へのこだわり、チームワークの大切さや、選手の能力をいかに見出すなど、独自の監督論を説く。また、誰も知らないプロ野球裏話・エピソードも盛りだくさん。企業をはじめ、多方面での講演で好評を博している。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

組織づくり/チームワーク

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 古田敦也

様々な経験を通して

古田敦也

元 東京ヤクルトスワローズ監督

●講演テーマ

「古田流 チームマネジメント」

ヤクルトスワローズへドラフト2位で入団し、打者・捕手として活躍。5度のリーグ優勝と4度の日本一へと導く。また1998年には、日本プロ野球選手会会長へ就任し、球界の向上に貢献した。2006年には、東京ヤクルトスワローズ選手兼任監督へ就任。選手として、監督として、日本プロ野球界で活躍してきた数々の経験から、ビジネスにも応用できる、チームの組織力やマネージメントに関する講演を行う。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 高橋雅裕

人を育てる

高橋雅裕

元プロ野球選手/野球解説者

●講演テーマ

「組織に役立つ人間の条件」

1982年に名古屋電機高校からドラフト4位で横浜大洋ホエールズに入団。遊撃手無失策記録を更新するなど堅実な守備と、遊撃手としては12球団トップの打率293を記録するなど、走攻守にわたり活躍。引退後は指導力が買われ、 千葉ロッテマリーンズのコーチ、東北楽天ゴールデンイーグルスの初代守備走塁コーチに就任。定評のある指導者が、組織作り・人材育成のノウハウをお話する。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 青島健太

指導者を取材して

青島健太

スポーツライター/TVキャスター

●講演テーマ

「組織を活かし、人を育てるマネージメント」

春日部高校-慶応大-東芝と進み、ヤクルトスワローズに入団。5年間のプロ野球生活引退後、半年間の研修の後オーストラリアへ日本語教師として渡る。そこで知り合った人との交流を通して、厳しいプロ野球生活の中で忘れかけていたスポーツをする喜びや楽しみ方を思い出し、そのスポーツの素晴らしさの伝え手となることを決意し帰国。現在は、スポーツライターとして活躍している。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

指導力/人材育成

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 角盈男

コーチングの秘訣

角盈男

タレント/野球解説者

●講演テーマ

「組織の中で人を動かす技術」

1977年、長嶋監督率いる読売ジャイアンツに入団後、新人王、最優秀救援投手に輝く。その後、日本ハム、ヤクルトへ移籍。野村監督のもと、リーグ優勝で有終の美を飾る。その後、ヤクルトの投手コーチとして球団を日本一に貢献。1997年、巨人の投手コーチに就任。現在は、野球評論家、タレントとしてだけでなく、講演活動、野球教室、著書の出筆など幅広く活動している。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 奥村幸治

マー君を育てて

奥村幸治

NPO法人ベースボールスピリッツ理事長/パーソナルトレーナー

●講演テーマ

「奥村流!個々の能力の引き出し方」

1993年オリックス・ブルーウェーブにテスト入団後、翌年には現シアトルマリナーズのイチロー選手の専属打撃投手を務め、「イチローの恋人」として紹介される。その傍ら、自身も現役選手になる「夢」に向かい、幾度も入団テストの挑戦を行ったが叶わず、1996年に自らユニフォームを脱ぐ。その後、少年野球チーム(宝塚ボーイズ)を結成し、自ら監督に。田中将大は教え子の一人でもある。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 田尾安志

監督の手腕次第

田尾安志

野球解説者/タレント

●講演テーマ

「私が野球人生で学んだこと」

1976年中日ドラゴンズに入団。器用なバッティングで「安打製造機」と呼ばれた。その後、西武、阪神へ移籍した後、1991年に現役引退。以後、解説者、タレントとしてメディアで活躍した。2005年には、東北楽天ゴールデンイーグルスの初代監督に就任し、東北に野球を根付かせるべく奔走。講演では、リーダーのあり方や、一流の条件など、ビジネスシーンにも落としこめるポイントを噛み砕いて話す。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

リーダーシップ

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 達川光男

一流に学ぶ

達川光男

中日ドラゴンズ 一軍バッテリーコーチ

●講演テーマ

「達川式一流リーダーシップ論と育成術」

1977年広島カープに入団。 ベストナイン3回、オールスター7回の成績を残す。引退後は、1999年から2年間広島カープの監督を務め、ダイエーホークス、阪神タイガースではコーチを務めた。現在は解説者として、各種メディアで活躍中。監督として広島・前田選手、阪神・金本選手を育て上げ、コーチとして王監督、星野監督のもとで選手を指導するなど、その野球理論は一目置かれている。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 槙原寛己

一流チームを作る秘訣

槙原寛己

元プロ野球選手/野球解説者

●講演テーマ

「強いチーム作りと
そのリーダーに必要な資質」

ドラフト1位で読売ジャイアンツへ入団。その年に12勝を挙げ、当時の日本最速である155km/hも記録。新人賞に輝いた。以降、藤田、王、長嶋監督のもとで、巨人黄金時代を支える投手として活躍。1994年には、対広島戦で20世紀最後の完全試合を達成した。2001年に現役を引退。現在は、明るいキャラクターと独自の観点で野球解説者として活躍中。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 佐野慈紀

偶然ではなく、必然

佐野慈紀

野球解説者

●講演テーマ

「リーダーの条件」

近鉄バファローズでプロ野球選手としてキャリアをスタートさせ、主に中継ぎ投手として活躍。その後、中日ドラゴンズに移籍した後、渡米し米独立リーグでプレー。帰国後はオリックスに移籍し、2003年に現役を引退。明るいキャラクターと、決してあきらめない、前向きな姿に勇気づけられたファンは数知れず。現在は、野球解説者として活動する他、講演会や執筆など精力的に活動している。


WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ講演会講師紹介

健康/トレーニング

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 村田兆治

精神力鍛錬法

村田兆治

野球評論家

●講演テーマ

「人生先発完投」

ドラフト1位でプロ野球入り、4年目に「まさかり投法」を完成し初めて2桁勝利を挙げ、その後は最優秀防御率投手、奪三振王など球界を代表するピッチャーに。 50歳を過ぎた今も、140キロの速球を投げる身体は、まさに「超人」。常に先発完投をモットーに勝負する姿勢には、誰もが感心してしまう。努力を惜しまなければ、できないことはない。真剣勝負から学んだ精神力鍛錬法などについてお話する。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 立花龍司

メジャーリーグに学ぶ

立花龍司

コンディショニング・ディレクター/元千葉ロッテマリーンズ ヘッドコンディショニングコーチ

●講演テーマ

「本当の健康づくり」

天理大学体育学部でスポーツ医学を専攻。まだ「コンディショニングコーチ」という言葉さえ存在しなかった時代にその道をひた走る。プロ野球の近鉄、ロッテ、楽天でコンディショニングコーチを務め、ニューヨーク・メッツでは日本人初のメジャーリーグコーチも経験した。2001年より、大阪・阪堺病院にてコンディショニング・コーチとして活動開始、現在、筑波大学大学院にてスポーツ医学の研究にも携わる。

WBC感動と興奮をありがとう!野球から学ぶ 講師 宮本英治

西武黄金期を支えた男

宮本英治

H・A・G・E/Hight Ability Great Educater

●講演テーマ

「ベッドサイドでできる運動療法」

高校・大学時代とラグビーの選手として活躍した後、トレーニングコーチへ転身。1996年に西武ライオンズのトレーニングコーチへ入団し、清原和博、松坂大輔、松井稼頭央等、日本を代表する選手のトレーニングコーチを務め、チームのパリーグ優勝に貢献。2007年には読売ジャイアンツのトレーニングコーチを務め、翌年には、松井稼頭央選手のパーソナルトレーナーへ就任した。


※この他、掲載、非掲載問わず、多数の講師のご紹介が可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。ご相談は無料です。
( >>講師検索で探す >>講師提案サービス、相談サービスを利用する )

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL