青島健太青島健太あおしまけんた

スポーツライター/ TVキャスター/ 鹿屋体育大学客員教授/ 流通経済大学客員教授/ 日本医療科学大学客員教授

青島健太

お問い合わせ 候補に入れる

1958年4月7日、新潟県新潟市生まれ。春日部高校、 慶応大、東芝と進み、昭和60年(1985)ヤクルトスワローズに入団。同年5月11日の対阪神戦(神宮)でプロ野球史上20人目となる、公式戦初打席でホームランを放つ。5年間のプロ野球生活引退後、新しい人生を模索中に、東京広尾の図書館で知り合ったオーストラリア人との会話がヒントとなり、半年間の研修の後オーストラリアへ日本語教師として渡る。
そこで知り合った人との交流を通して、厳しいプロ野球生活の中で忘れかけていたスポーツをする喜びや、楽しみ方を思い出し、そのスポーツの素晴らしさの伝え手となることを決意し帰国。スポーツライターとして新しい道を歩き始める。現在はあらゆるメディアを通して、スポーツの醍醐味を伝えている。

皆様からのご感想

講演依頼.com×?~コラム、インタビュー、お役立ち~

青島健太からの動画メッセージ

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
1958年4月7日新潟県新潟市生まれ。身長183cm/血液型O
 
 
1974年埼玉県草加市立栄中学校卒業。/埼玉県立春日部高入学。
1975年秋季埼玉県大会優勝・同関東大会ベスト4。
1977年埼玉県立春日部高校卒業。/慶應義塾大学入学。
1979年東京六大学秋季リーグ戦、1シーズン6本塁打22打点の新記録。 
 
1981年株式会社東芝入社(広告部)。
1983年社会人野球都市対抗優勝。オールジャパン選出2回。
1985年ヤクルト・スワローズ入団。
1989年シーズン終了後、同球団退団。 
 
1990年オーストラリア・ビクトリア州にて日本語教師。
1991年帰日。以降、スポーツライターとして執筆活動開始。
1996年4月より立教大学非常勤講師「メディアとスポーツ」。
2001年4月より慶應義塾大学非常勤講師「体育」。 
 
2005年鹿屋体育大学客員教授。/硬式野球のクラブチーム「ウェルネス魚沼」監督に就任。
2006年流通経済大学客員教授。/セガサミーホールディングス硬式野球部。/「セガサミー」野球部初代監督に就任。
2007年第19回千葉市長杯で初優勝後、退任。/日本医療科学大学客員教授。
2008年北京五輪取材/JOC感謝の集い司会。
2009年ロンドン五輪会場取材/ウィンブルドン(テニス)、ウェンブリー(サッカー)、トゥイッケナム (ラグビー)視察、ケンブリッジ大学取材。 
 
2010年Jリーグ新人研修会講師。/サッカープレミアリーグ取材。
2011年東北大震災 ベガルタ仙台、東北楽天を取材。
2012年東京都国体選手団結団式司会。/新潟市篠田昭市長対談。
2013年ウィンブルドン取材/ラグビートップリーグ新人研修講師/秋田県体育協会90周年シンポジウム司会、パネラー。 
 
2014年ウィンブルドン取材。/トップリーグ新人研修会講師。
2015年大阪国際大学シンポジウム進行役。/空手日本代表メディアトレーニング講師。/Jリーグメディアトレーニング(チーム多数)。 
 
【資格】
中・高社会科教員免許/普通自動車免許/自動二輪大型免許/社交ダンス3級(モダン)
 

主な講演テーマ

夢の実現、今こそチャレンジを!

ジャンル
モチベーションアップ

青島健太の講演テーマ画像1 野茂英雄のチャレンジにはじまり、メジャーリーグで大活躍を続ける日本人選手たち。イチロー、松井秀喜、松坂大輔等々…。日本で生まれ、日本流の野球の中で育った彼らが、メジャーリーグで臆することなくプレーする秘訣は、いったいどこにあるのでしょうか。野球(日本)とベースボール(米国)の違いを考えていくと、そこに横たわる世界基準のチャレンジのあり方が見えてくる。スポーツライターならではのチャレンジの本質に迫る考察と展開に思わず引き込まれてしまいます。この時代に求められるのは、失敗を恐れないチャレンジ精神。ビジネスに、人材教育に、一度は聴いていただきたいチャレンジのすすめです。

野球を通しての人生観~何事も前向きにひたむきに~

ジャンル
モチベーションアップ

社会人野球(東芝)時代の経験談から始まり、27歳でヤクルトにプロ入りをするまで、そしてヤクルト時代に思い知るプロ野球選手としての条件を、ユーモアを交えながらテンポよく語っていきます。プロ野球選手としての条件とは?プロ野球選手として華々しいデビュー(初打席初ホームラン)を飾りながらも、5年間の選手生活を引退することとなった青島氏。スポーツライターの視点から引退した当時を振り返り、前向きなエネルギーについて考えます。そしてその内容は、聴講者を、必ず元気にしてくれます。

自分を自分化する~ スポーツ選手に学ぶ自分の作り方~

ジャンル
モチベーションアップ

スポーツライターとしてあらゆるプロの世界を取材し続ける青島氏が、取材をする中で見いだした本当のプロフェッショナルの意味。それは、自分自身のスペックを知り、もてる能力を特化させ、戦力化することでプロフェッショナルな自身を築き上げていくこと。一流選手といわれるイチローや松井秀喜も、常に自分自身を冷静に客観視し、自身が持つ要素をいかに最大限に活かすかに注力しているからこそ、自分のスタイルで戦うことができているのだと青島氏は言います。講演では、自分自身がもつ要素を客観的に知る方法、そして自分の強みを活かし、自分らしくプロフェッショナルに働くとは何か?についてお話します。

組織を活かし、人を育てるマネージメント

ジャンル
リーダーシップ・人材育成・組織論

プロ野球の監督をはじめ、様々なスポーツの指導者を取材してきた青島氏。選手の力を引き出し、魅力あるパーソナリティーで組織を動かすそれぞれの指導者。人を育て、活力ある強い組織をつくるには、どうしたらよいのか?現役時代に選手の立場から見た監督、スポーツライターとなり客観的に見た指導者、その後自身も社会人野球で監督を経験することによって、さらに深みを増したリーダーに対する考察。リーダーシップや組織論として、ビジネスに応用できる話も満載です。

相手の心を掴むコミュニケーション

ジャンル
コミュニケーション

今まで国内海外も含め、500人以上のスポーツ選手、関係者、ファンへ取材やインタビューを行ってきた青島氏。選手といっても、世界レベルから小さな街のスポーツ愛好家まで様々です。取材やインタビューでは、相手がどんな相手であっても、限られた時間と状況の中で、相手の考えや本音を引き出すことが求められます。個性の違う様々な人との相互理解の方法、信頼関係の築き方について、具体例をあげながら分かりやすく伝授いたします。ビジネスに活用できる要素が満載です!

スポーツを通じた地域活性

ジャンル
地域活性

活力ある地域づくりを目指すためには、地域内でのコミュニケーションを増やし、地域そのものが一体になることが不可欠です。スポーツには、小さな子どもからお年寄りまでそれぞれの楽しみ方があり、プレーする人だけではなく、見る人をも惹きつける魅力があります。長年、スポーツライター・キャスターとして、国内海外と取材を続けてきた青島氏が、スポーツで生まれる感動、人の輪、そして地域の特産品とスポーツのコラボレーションの可能性など、日本だけではなく、オーストラリアやイギリスの事例も取り上げながら、スポーツを通じた地域活性の魅力と可能性をお話します。

主な実績

講演実績

イトーキ労働組合/新電元工業株式会社/三井住友海上/服部コーヒーフーズ株式会社/埼玉県小中学校教頭会講演/山口県体育協会講演/全国市長会講演/青森県地域づくり県民シンポジウム基調講演/全国中学校校長会講演/埼玉県越谷市青年会議所講演 その他多数

テレビ

Jスポーツ Jスポーツワイド
NHK衛星 BSスポーツニュース・キャスター リレハンメルオリンピック特番 サッカーワールドカップ特番 NBA特番 MLB特番
NHK総合 サタデースポーツ・キャスター
TBS スポーツ十番勝負・キャスター 世界陸上現地リポーター(アテネ) 長野オリンピック・キャスター おはようクジラ・キャスター シドニーオリンピック・キャスター スポラブ2001・キャスター ソルトレークシティオリンピック・キャスター
パーフェクTV 地球の声スポーツコネクション・キャスター
テレビ東京 日韓共催W杯サッカーキャスター アテネオリンピックキャスター
フジテレビ メジャーリーグ中継ナビゲーター

ラジオ

TBSラジオ キャッチ・ザ・エキサイトベースボール プロ野球中継解説者
TBC東北放送 アーリーバード
KBC九州朝日放送 通勤ラジオ

連載・執筆

毎日新聞 「金曜カフェ」 フォーブス日本版 「スポーツアイ」 週刊ダイヤモンド 「ブックレビュー」 東京ヘッドライン 「青島健太Body&Sou」

書籍

講演拝聴レポート

青島健太さんの講演を拝聴して

  • 講演日時:2008-07-18
  • 講演テーマ:チャレンジを恐れるな

世界を舞台に活躍できる一流の野球選手。それは、一球目から積極的にボール打つ意識も持ち、チャンスを活かすことができる人。より攻撃的に、そしてよりスピーディーに。それが日本の「野球」にはない米国の「ベースボール」の特徴の一つと言えます。スポーツライター、TVキャスターとして、日本のみならず海外にも足を運ぶ青島さん。自身の選手時代のエピソードや、取材を通して学んださまざまな知識は、スポーツのみならず、ビジネスでも応用できることが満載です。「この中でメジャーリーグを生で観戦したことがある人はいますか?」「革命家の3つの条件を知っていますか?」「あいさつの時、元気よく声を出すことは本当に大切なんですよ」聴講者の反応を見ながら、自由自在に話題を変え、ぐいぐい引き込んでいく講演は、圧巻といえます。自分の目標(夢)に向かって頑張っている方、挫折を経験し、挑戦を恐れている方々にはお薦めです。青島さんの講演が、あなたの人生のヒント、そして分岐点となるでしょう。

(講演依頼.com

ご相談は
無料です。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「93.5%」獲得!お客様より高評価を頂きました。2017年は既に、企業様、学校様、自治体様など様々な団体様より1,000件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
6945
2017.02.26
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

6945人
該当致しました

TOPに 戻る