ご相談

防災特集~防災対策や避難時の対応を学ぶ!

防災特集~防災対策や避難時の対応を学ぶ!

  • シェア
  • ツイート
  • はてブ

1995年1月17日、阪神・淡路大震災をきっかけに耐震改修促進法など様々なものが変わりました。その後に発生した2011年3月の東日本大震災、2016年4月の熊本地震など、自然災害に対する関心が高まっています。地震を始め、津波・台風・大雨による土砂災害・火山活動など日本には自然災害がつきものです。いつ「その時」がやってくるかわかりません。

講演依頼.comでは気象予報士、防災士などの専門家から減災やリスクコミュニケーションについて学びたい、企業の危機管理を改めて考えたいという方から、子どもたちも気軽に参加できる体験型実験ショーまで目的に合わせて講師をご紹介しております。被害を減災するには「その時」に対する準備を最低限やっておかなければなりません。是非、防災に関する講演会・セミナー・講習会で準備をしましょう。

注目講師注目講師注目講師

  • 山村武彦

    山村武彦

    山村武彦

    防災システム研究所 所長

    防災マネジメント自然科学

    講演テーマ

    大規模災害に学ぶ~家庭や地域の防災・危機管理~

    現場主義を掲げ、災害、テロ、事故などの現地調査は120箇所を越えます。その知見を活かし、大手企業の防災顧問や危機管理マニュアル、災害発生時のBCP策定に参画し、実践的防災・危機管理の第一人者といわれ、約50年間にわたる災害現地調査に基づく実践的防災対策は必聴です。

    詳細プロフィールを見る 候補に入れる 候補に入れる

  • 進藤勇治

    進藤勇治

    進藤勇治

    産業評論家/前東京大学特任教授

    環境問題経済国際情勢

    講演テーマ

    地震対策と防災と安全、企業のBCP

    地震防災と安全確保には、まず正しい地震の知識を得ることが第一です。科学に裏付けられた知識から情報を的確に理解することが、防災意識を高め、安全体制を強めることにつながります。企業として極めて重要なBCP(事業継続計画)を具体的事例をあげながら解説します。

    詳細プロフィールを見る 候補に入れる 候補に入れる

  • 天達武史

    天達武史

    天達武史

    フジテレビとくダネ!気象キャスター

    防災環境問題気象予報士

    講演テーマ

    今、知ってほしい災害対策

    気象予報士の仕事は、自然現象を予測して、災害に巻き込まれる人を一人でも減らすことです。豪雨、台風などの自然災害はいつどこで起こるか分かりません。皆様に気象予報士ならではの貴重な情報を利用して災害に備えていただき、被害を最小限に抑えれば本望です。

    詳細プロフィールを見る 候補に入れる 候補に入れる

Prev

Next

専門家に学ぶ防災対策術専門家に学ぶ防災対策術

  • NPO法人防災防犯ネットワーク防災担当理事

    講演テーマ

    迫る首都直下型地震・想定される最大被害とその対処法

    首都圏エリアで発生の確率が高まっている「直下型地震」。公的支援には限界があり、市民や企業は事前の準備が求められます。講演会では「都市部特有のリスク」を踏まえ、被害を最小限に抑える方法をお伝えします。

  • 軍事アナリスト

    講演テーマ

    巨大地震と危機管理

    東日本大震災時の地震・津波被害に対して、国の対応の遅さ・欠点を挙げた上で、今後懸念される東京直下型地震が発生した際、どのようにリスクを回避するか提言します。また国防に関しての講演もおすすめです。

  • ブレイン代表/静岡地震防災研究会代表

    講演テーマ

    大震災の被害実態、防災スキームの現状と方向性

    東日本大震災を始め、歴代の地震を振り返り、地震・津波・放射能汚染などの被害実態をお話します。また実用化が進む地震予知法、津波抜本対策、免震・制震工法、放射能汚染対策などの最新の防災技術を解説します。

  • 防災アドバイザー/防災士

    講演テーマ

    『防災』とは日頃からの『準備と心構え』

    本当の「防災」とは、自然災害に対する知識をもち日頃から情報伝達訓練や避難・誘導訓練をし、自主避難、減災に努めることです。我が身を守るための「防災グッズ」「避難用ハザードマップ」をご指導します。

  • 著述業/減災コンサルタント

    講演テーマ

    台風災害の教訓は生き続ける

    台風情報の予報円を考案・実現させるなど、気象庁の防災情報を構築したことに加え、気象台が被災した阪神淡路大震災、福井豪雨では責任者として通常通りの業務を行いました。過去の教訓のお話は必聴です。

  • 株式会社ワイ・エム・ケイ 会長

    講演テーマ

    地域社会の命を守る最善の努力を

    今、地域で何が起きているのか?正確な被害状況の収集と応急判断、そして地震発生からの素早い行動が命を守るためには必要です。消防活動や地震災害地の調査活動などの経験から実践を踏まえてお伝えします。

企業における防災対策・危機管理企業における防災対策・危機管理

  • 防災・危機管理ジャーナリスト

    講演テーマ

    実践的 防災・危機管理とBCP

    企業が生き残るためには、そこに働く社員が生き残らなくてはなりません。地震の活動期にある日本列島の現状と被害想定、事業を継続していくための具体的・実践的な防災・危機管理対策をお伝えします。

  • BCP(事業継続計画)コンサルタント

    講演テーマ

    中小企業だからこそ絶対に必要なBCP

    地元のハザードマップを使い防災意識の向上につながると定評があり、一般市民から企業まで対象者に合わせて様々なお話が可能です。本テーマは災害において企業が倒産することを未然に防ぐ策定セミナーです。

  • 備え・防災アドバイザー

    講演テーマ

    中小企業の攻めるBCP・事業継続計画策定

    BCPは非常時に自社事業を維持するため守りの対策としてだけではなく、有効活用することで、売上の向上、組織の活性化、モチベーションの向上につながり企業活動のプラスになることをお話します。

  • 日本マネジメント総合研究所合同会社理事長

    講演テーマ

    リスク管理・危機管理・事業継続の新たな対応

    上場企業のアドバイザーや経営顧問、さらには執筆活動をこなしながら、官公庁・消防庁・自治体などに難しい事を柔らかく、簡単な事を奥深く切り込む講演・研修を行い、聴講者から好評を博しております。

  • 株式会社セキュリティパートナー代表取締役社長

    講演テーマ

    明日からできる!事業継続計画解説

    現場での情報セキュリティ対策経験から、企業がかかえる情報システムに対する様々な危機に対していかに対処すべきか、身近に起きうる事件事故の事例を交えて、事業継続計画の必要性を学習いたします。

  • 千葉商科大学/大学院教授

    講演テーマ

    企業の災害危機管理と事業継続管理

    1946年、島根県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。企業で営業計画、広報宣伝などの管理職を歴任。経営アナリストとしてコミュニケーターズ倶楽部を主宰する他、企業や官庁団体でコンサルテーションを行っています。

被災地での活動を通して被災地での活動を通して

  • 株式会社BCPJAPAN 代表取締役/防災士

    講演テーマ

    3.11に学ぶ市民の防災セミナー

    災害が発生すると、土地の境界線、仮設の場所、自治体の対応の遅れ、分譲マンションの意見の不一致など問題が数多く起こります。現状の課題を改善しながら防災訓練を実施し、地域ぐるみでの防災力を上げていきます。

  • ジャーナリスト/メディア塾主宰

    講演テーマ

    大地震、その時あなたは…

    大震災が起きたとき、私たちはどうすればいいのでしょうか?危機管理体制の欠陥を分析し、防災ボランティアグループ「ACTNOW」を率いて支援活動を行った経験から必要な防災対策、取るべき行動をお話します。

  • 防災教育普及協会事務局長/社会福祉士

    講演テーマ

    災害救援ボランティアの実際

    被災地での災害救援ボランティア活動には、様々なリスクが伴います。誤った行動や判断は逆に被災者を傷つけてしまうこともあります。災害救援ボランティア活動に必要な知識を実際にあった過去の事例を交えながらお話します。

  • 株式会社薬師寺門前AMRIT代表取締役

    講演テーマ

    持続可能な社会の在り方

    東日本大震災直後、被災地に赴き10万食の炊き出しを行い、学習支援をしました。その後、東京から宮城県雄勝町へ住民票を移し、地元住民とともに、教育と産業で潤った新たなコミュニティーづくりを目指し奮闘している。

  • 減災研究室ラボラトリー・フィードバック代表

    講演テーマ

    <もしも>が明日だったら……

    東日本大震災時に、緊急消防援助隊指揮者就任しました。被災地での活動から、<知る―考える―備える―体験する>という4つの前準備をすることで自然災害を侮ることやあきらめることを防げるお話をします。

  • 兵庫県災害救援専門ボランティアコーディネーター

    講演テーマ

    震災避難所運営本部の現実と運営のあり方

    阪神淡路大震災の際、避難所運営本部長として住民主導の避難所運営に成功し、近隣の避難所と連携して、必要なニーズをs全国に発信しました。行政支援の限界を踏まえた、自立的な避難所運営のあり方を提言します。

気象予報士・防災士に学ぶ気象予報士・防災士に学ぶ

  • 気象予報士/お天気キャスター

    講演テーマ

    お天気の秘密、全部教えます!

    お天気キャスターの草分け的存在で、親しみやすいキャラクターと個性的な解説、幅広い年齢層にわかりやすい内容が人気。2005年日本生態系協会理事に就任し、環境問題や異常気象についての分析にも定評がある。

  • 気象予報士/防災士

    講演テーマ

    自然災害が多い日本でどう暮らすか

    『情報ライブ ミヤネ屋』『ウェークアップ!ぷらす』『かんさい情報ネットten.』気象キャスター。司会者との掛け合いで進める天気のポイントをイラストにしたスケッチ予報が大人から子供まで大人気。

  • 気象予報士/防災士

    講演テーマ

    わが家のハザードマップをつくろう ~家庭・地域で防災力を高めよう~

    お天気キャスター歴は20年を超え、「関西の朝の顔」として定着。講演会では自然環境、災害対策、健康について、また最近では父親の立場から「子育て」について講話。ワークショップ形式の防災講演も人気。

  • テレビ朝日お天気キャスター

    講演テーマ

    異常気象と向き合う

    「ヤン坊マー坊天気予報」で地上波デビュー。報道ステーション担当時には、台風解説の度に視聴率20%超えを連発。2004年に国家資格「森林インストラクター」を取得。気象だけでなく、環境全般に造詣が深い。

  • 気象予報士/防災士/危機管理士

    講演テーマ

    災害から身を守るために~気象情報の活用術~

    報道記者として、台風や地震の被害を中継するなど、悲惨な自然災害の現場を数多く取材。被害を伝えるだけでなく、未然に防ぎたいとの想いから気象の道へ。現在はNHK「ニューウオッチ9」気象キャスター。

  • 気象キャスター/気象予報士/防災士

    講演テーマ

    予測ができない自然災害

    NHK「おはよう北海道」「ほっからんど北海道」気象キャスター。2010年北海道環境審議会委員に就任。防災士の視点から、分かりやすく心構えや対策を紹介。道内での講演では指名が非常に多い人気講師。

楽しく学ぶ体験型防災楽しく学ぶ体験型防災

  • サイエンスインストラクター/防災士

    講演テーマ

    防災エンスショー

    東日本大震災発生時は、夕方から深夜1時までNHKラジオ第一に出演し、防災士として解説しました。子どもから大人まで幅広い層へ地震のメカニズムや科学の知恵を実験を通して伝え、防災・減災を呼びかけます。

  • eco実験パフォーマー/環境省認定環境カウンセラー

    講演テーマ

    防災eco実験パフォーマンスショー

    NGO団体での植林活動、農業アシスタントの経験、ジャグリング・マジックコンテストで優勝したパフォーマンス技術、防災士の資格の3点から、防災を身近に感じてもらえる実験を通して、皆様にわかりやすく説明します。

  • 気象予報士/防災士

    講演テーマ

    片平敦のお天気サイエンスショー!

    身近にあるもので作った実験器具を使うお天気トークショーは、子どもから大人まで幅広い層が天気を楽しく学べると好評です。夏休みの自由研究のテーマとして学んだ知識を活かしてみてはいかがでしょうか。

子どものための防災子どものための防災

  • 株式会社危機管理教育研究所代表

    講演テーマ

    女性・子どもの視点で取り組む防災

    阪神淡路大震災を期に、女性かつ母としての視点で家庭を守るための防災対策の研究を進め、(株)危機管理教育研究所を設立。又、不審者対策、防犯プログラムなど、広く「子どもの命をまもる」ための活動を行う。

  • 気象予報士/防災士

    講演テーマ

    気象災害にどう備えるか

    早稲田大学在学中からウェザーマップに所属し、卒業後はテレビ東京に出演。その後、TBSテレビ、現在、日テレNEWS24などに出演。竜巻を発生させる実験などを取り入れた子供向けのお天気教室も行っている。

  • 青山学院大学非常勤講師/防災トランプ開発者

    講演テーマ

    世代をこえて防災を話し合う場づくり

    「身近な危険」や「災害」について個人の体験談や考えを共有する場がつくれる「防災トランプ」を開発。 防災訓練に若い世代を巻き込む方法、母親目線の子どもと一緒にできる防災訓練等について講話。

  • 落語家

    講演テーマ

    紙芝居・「もったいない爺さんとお地蔵様」入り~風化させない災害の記憶~

    道頓堀・浪花座にて一日8席独演会、36席リクエスト独演会、1日10席マラソン独演会、英語古典落語の会を開催。テーマに沿った(新作・古典)落語を挟むスタイルで一味も、二味も違う講演。

  • 気象予報士/防災士/紙芝居師

    講演テーマ

    紙芝居を使った“防災の話”

    テレビ神奈川お天気キャスター。気象予報士と防災士の資格を持つ紙芝居師、東京都認定の大道芸人ヘブンアーティスト。小学校、幼稚園、イベントなどで天気や環境、防災をテーマにした出張紙芝居や出前授業を行う。

  • 気象予報士

    講演テーマ

    現場で役立つ気象情報および災害対策

    TBSテレビ・ラジオ気象キャスター。企業・自治体・個人などへのオーダーメイド予報や気象相談員も長年担当。「Yahoo!ニュース個人」などで気象の時事解説を執筆中。楽しく学べるお天気教室も人気。

自助・共助・協働~災害に強いまちづくり~リスクコミュニケーション自助・共助・協働~災害に強いまちづくり~リスクコミュニケーション

  • 市民防災ラボ 代表/静岡県防災士/静岡県沼津市応急手当指導員

    講演テーマ

    防災対策はじめの一歩は『地域と家庭で十人十色』

    静岡県三島市で水害を経験し、従来の防災啓発に疑問を感じ、市民防災事情の研究を始める一方、災害時は被災地に赴き、被災実態調査や被災者支援に携わる。 2006年に市民防災ラボを設立。

  • 株式会社ラジオ関西相談役/学校法人神戸学院大学客員教授

    講演テーマ

    地域防災・減災への具体的アプローチ

    阪神淡路大震災での災害報道経験を活かし13年間のラジオ局経営者在任中、安 全な地域社会構築のために活動。AM波初の救命救急の防災システムを構築。「ひょうご防災ネット」「ひょうご防犯ネット」等を創設。

  • フリーアナウンサー/東北福祉大学客員教授/防災士

    講演テーマ

    もしもに備えて―心と体と財布の健康

    TBS入社後、ラジオ番組を振出しに、アナウンサーとして活躍。1989年独立。好きが高じてファイナンシャルプランナーをはじめ、健康や環境にまつわる様々な資格を取得している。2007年防災士資格取得。

  • テレビリポーター/俳優

    講演テーマ

    取材現場から見えたもの

    早稲田大学卒業後、長身を生かしモデル、俳優としてテレビや映画、CMに出演。現在日本テレビ「スッキリ!!」でレギュラーリポーターを務め、数多くの事件・社会問題・災害現場で取材。現場で得た生の情報を語る。

  • フリーアナウンサー・リポーター

    講演テーマ

    取材現場から防災を考える

    「リビング4」「リビング2」「小川宏ショー」(フジテレビ)のリポーター・ナレーター、「パワーワイド」や「ワイド!スクランブル」コメンテーター(テレビ朝日)等で活躍。数々の現場からの教訓を伝える。

  • 明治大学危機管理研究センター所長

    講演テーマ

    これからの危機管理のありかた

    多くの都市政策の立案に携わり、東京都との関わりは20年以上。BCPはじめ危機管理政策を実践。都市総合力ランキング(GPCI)を継続的に発表するとともに、世界を回って熾烈な都市間競争を語っている。

もしものためのサバイバル術もしものためのサバイバル術

  • 企業のキャリア支援

    坂本廣子

    料理研究家/農林水産技術会議委員/相愛大学客員教授

    講演テーマ

    震災から学んだこと-減災のすすめ

    NHK教育テレビ「ひとりでできるもん」産みの親。 淡路大震災の被災経験をもとに、誰でも簡単に出来るユニバーサル防災を提唱。「まなぼうさいラボ」を設立。子供向けから地域防災までワークショップを実施。

  • 企業のキャリア支援

    西村淳

    南極料理人/作家

    講演テーマ

    身近なもので生き延びろ―知恵と工夫で大災害に勝つ

    海上保安庁在任中に二度、南極観測隊員に選ばれる。南極では水無し、台所無し、設備無し、宅配無し。過酷な環境の中で生活し、限られた食材を駆使して料理していた経験から生きる知恵や調理法を紹介する。

  • 企業のキャリア支援

    黒川勇人

    缶詰博士/タレント

    講演テーマ

    進化続ける日本の缶詰

    「缶詰博士」としてテレビ・ラジオ・雑誌・新聞など様々なメディア出演や執筆活動で活躍。また、食に関するイベントや防災セミナーにも積極的に出演。現在までに世界46カ国を取材。数千缶の缶詰を味わっている。

講演実績一例講演実績一例

  • 主催西多摩地区消防団連絡協議会

    依田司

    依田司

    テレビ朝日お天気キャスター

    講演テーマ

    増える異常気象 原因と対策

  • 主催千葉県職員労働組合

    国崎信江

    国崎信江

    株式会社危機管理教育研究所代表

    講演テーマ

    あなたならどうする?災害から命を守る防災対策

  • 主催JA遠州中央 営農振興部

    橋詰尚子

    橋詰尚子

    気象予報士

    講演テーマ

    地球温暖化と今後の日本気象予報

  • 主催ゆうゆう会

    山下順正

    山下順正

    防災アドバイザー

    講演テーマ

    東南海地震に対する備え

  • 主催若築建設株式会社 東日本技術安全協議会

    天達武史

    天達武史

    「とくダネ!」気象キャスター

    講演テーマ

    今、知ってほしい災害対策

  • 主催谷川運輸倉庫株式会社

    山村武彦

    山村武彦

    防災システム研究所所長

    講演テーマ

    これからの防災・危機管理

講演実績一覧をみる

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる