ご相談

玉木貴

玉木貴玉木貴たまきたかし

市民防災ラボ 代表/ 静岡県防災士/ 静岡県沼津市応急手当指導員

玉木貴

お問い合わせ 候補に入れる

大学時代に、静岡県三島市で水害を経験。 東海地震のはずの静岡で、被災したのは水害だった…これを機に、従来の防災啓発に疑問を感じ、市民防災事情の研究を始める一方、災害時は被災地に赴き、被災実態調査や被災者支援に携わる。 2006年に市民防災ラボを設立。 執筆活動や講演活動、メディア出演などを通じて、一般市民や地域・企業の防災関係者に向けた、 被災の実態や教訓に基づいた、実際的な防災対策を提案している。 講演では、市民防災の研究や自らの経験、災害の現実を踏まえて、 一般市民の視点でわかりやすく現実的な防災を提案する。 また、応急手当指導員の経験から、 助かる命を守るためのスキルについても教授する。

出身・ゆかり

専門分野

市民防災(一般家庭での防災(自助)/地域社会での防災(共助))

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1990年
日本大学国際関係学部在学先にて、大場川水害を経験  
2002年
防災啓発サイト「防災グッズ体験レポート」スタート 静岡県ホームページグランプリ2002・@niftyホームページグランプリ2002入賞  
2003年
メディアからの取材・出演依頼が増え始める、講演活動を開始 信毎ホームページ大賞2003入賞  
2005年
『わが家の防災 Part.1/Part.2』、『早わかり防災新常識』出版  
2006年
市民防災ラボ設立、ラジオレギュラー番組放送開始 静岡県沼津市応急手当指導員に拝命、一般市民向け救命法指導に従事  
2007年
『防災袋に入れて備える!被災生活ハンドブック』出版 静岡県防災士・日本防災士機構防災士に認証、自主防災組織への指導に従事  

もっとみる

主な講演テーマ

「防災対策はじめの一歩は『地域と家庭で十人十色』」

「防災対策はじめの一歩は『地域と家庭で十人十色』」

防災対策は必要だと思っても、「何から始めればいいのか分からない」「とりあえず非常持出セットは買ってみたけれど…」という人は多いもの。しかし、時間と費用を掛けてせっかく揃えた防災用品が、いざという時役に立たず、後悔しては笑えません。この講演では、我が家に合った対策を見極めるのための2つのポイントを、(可能なら地元の)事例を交えつつ提案します。

「見直そう!わが家の防災-非常持出より大切な備え」

「見直そう!わが家の防災-非常持出より大切な備え」

防災対策=非常持出袋というイメージが根強いですが、実際には、災害を無事切り抜けた後で役立つものに過ぎません。それらが役立つ前に、大怪我をしたり死んでしまっては意味がなく、命を守るためにはもっと大切な備えが他にあります。この講演では、特に大切で命を分ける3つの分野を、実例や地元事情を交え解説します。

「災害時要援護者と家族の備え・地域のサポート」

「災害時要援護者と家族の備え・地域のサポート」

年齢や持病・育った背景などの様々な事情で、災害時に何らかの制約を抱える災害時要援護者。要援護者自身、またサポート役の自主防災組織や民生・児童委員の皆さんは、どのような備えが必要でしょうか。この講演では、要援護者の種類・抱えるニーズ・地元の支援態勢・地域で行える事前対策について解説。被災地での経験や過去の教訓に基づき、取り組む上で直面する問題へのポイントを提案します。

「通勤・通学者の帰宅困難対策-実体験からの提案」

「通勤・通学者の帰宅困難対策-実体験からの提案」

通勤・通学先で被災したら、当日中には自宅に帰れない帰宅困難者。その数、東京・大阪・名古屋の3大都市圏だけで推定約1050万人。帰宅困難者が直面する問題とは?実際に東京-神奈川間70kmなど、実際に歩いた徒歩帰宅訓練からの教訓から、現実的なポイントと事前の備えを提案します。

「助かる命を守るための発災時の救出・救護」

「助かる命を守るための発災時の救出・救護」

消防や救急力がパンクする大規模災害時には、ご近所の助け合い、つまり共助が最後のとりでです。この講演では、発災時の「防ぎ得た死」を防ぐための、一般市民でできる4つの分野について、その方法や効果的に行うアイデアを紹介。自治体での救命講習で教える、応急手当指導員としての立場からも、実践的ポイントを解説します。

「実技セミナー:助かる命を守るための発災時共助」

「実技セミナー:助かる命を守るための発災時共助」

「助かる命を守るための 発災時の救出・救護」で採り上げた、(1)身近な道具での救出作業、(2)救命処置、(3)突然死を招くクラッシュ症候群、(4)救急・医療不足時の市民トリアージのうち、いずれか1分野に特化した集中セミナーです。講義だけでなく実技・実習も行い、頭だけでなく大切なポイントを体感して頂きます。

主な実績

講演実績

【講演実績】
神奈川県横浜市安全管理局、東京都調布市、東京都日野市、群馬県前橋市、神奈川県秦野市、
神奈川県南足柄市、神奈川県藤沢市教育委員会、神奈川県湯河原町、千葉県市原市、静岡県三島市、
山梨県北杜市、岐阜県養老町、長野県岡谷市、長野県大町市、財団法人にいがた産業創造機構、
財団法人相模原市文化振興財団、全労済労組中央総支部、静岡県沼津市消防本部、
静岡県三島市佐野見晴台自主防災会、自治体、社会福祉協議会主催の市民向け防災講演会、自主防災会、
各種団体などで多数。

【レギュラー番組】
FMみしま・かんなみ(ボイスキュー)「防災NOW」(毎週月~金曜日/2006年4月から)

【新聞】
読売新聞、日本経済新聞、日経MJ、日経PLUS1、毎日新聞、産経新聞、朝日新聞、
中日新聞、静岡新聞、神戸新聞、毎日中学生新聞

【テレビ】 テレビ朝日  「ワイド!スクランブル」、「全国一斉○○テスト」
TBS  「はなまるマーケット」
テレビ東京  「ワールド・ビジネス・サテライト」、「トコトンハテナ?」、「朝は楽しく!スマイルサプリメント」
よみうりテレビ  「大キングコング 情熱!しゃべり隊!!」
東名阪ネット6  「21世紀テレビ検定 カルチャーSHOwQ」
静岡第一テレビ  「大地震から命を守る~なまず先生の防災教室」、「ニュースプラス1しずおか」
静岡放送  「SBSテレビ夕刊」防災マニュアル
長野放送  「NBSキャンペーンスペシャルVII ふるさと未来~できることからはじめよう」、「NBSスーパーニュース」
テレビユー福島  「20XX年 激震が福島を襲う~その時あなたは」、「グーテン」
テレビ新潟  「夕方ワイド新潟一番」新潟福島豪雨1周年特集、同 新潟県中越地震1周年特集
山陽放送  「VOICE21スペシャル いのちを分ける20秒-徹底取材 緊急地震速報」
SkyPerfecTV 他 「日経CNBC Express」

【ラジオ】
FMヨコハマ「1.17防災ワンデイスペシャル」、秋田放送「あさ採りワイド秋田便」、JFN系列「Open Sesami」
bayfm「ベイ・カムフォート」

【雑誌】
「DIME」、「プレジデントFamily」、「オレンジページ」、「オレンジページ・インテリア」、「サンキュ!」、「日経ウーマン、」
「ChouChou」、「こっこクラブ」、「週刊現代」、「週刊ポスト」、「週刊女性」、「月刊ASCII」 など

【論文・記事執筆】
消防防災行政季刊誌「消防防災」
関西消費者協会 消費生活情報誌「消費者情報」など

講演料金目安

180,000円(消費税、交通費別)
※数十名程度の小規模団体等は、人数、希望によって相談に応じます。詳しくは、弊社スタッフまでご相談下さい。

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8435
2019.10.14
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8435人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる