木村大作木村大作きむらだいさく

映画監督/ キャメラマン

木村大作

お問い合わせ 候補に入れる

1939年生まれ。東京都出身。日本映画界を代表するキャメラマン。1958年東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入り。代表作には「八甲田山」、「復活の日」、「駅STATION」、「火宅の人」、「鉄道員」などがある。2003年には日本映画界における功績が認められ、紫綬褒章を受章。2009年、立山連峰の厳しい自然環境のもと長期撮影を行った「劔岳 点の記」は、初監督作品にして、日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀撮影賞をはじめ数々の賞を受賞し、観客動員240万人を超える大ヒットを記録した。2010年、旭日小綬章を受章。2014年に監督としての2作目「春を背負って」が公開。2017年春、キャメラマンとして参加した「追憶」(監督:降旗康男、主演:岡田准一)が公開予定。

これまでに日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回、優秀撮影賞を21回、最優秀監督賞を1回受賞。長年にわたって映画界の最前線で活躍し続けている。講演では自身の映画人生を元に、携わった映画のメイキング秘話などを交えながら、心のこもった“本気の講演”をお届けする。

講演依頼.com×?~コラム、インタビュー、お役立ち~

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1939年
東京都生まれ 
1958年
東宝撮影部にキャメラ助手として映画界入り「隠し砦の三悪人」で撮影助手として黒沢組に参加 
1960年
「悪い奴ほどよく眠る」「用心棒」に撮影助手として参加フォーカス送りの名手として黒澤明の信頼を得る 
1962年
「椿三十郎」に撮影助手として参加 
1970年
「どですかでん」に撮影助手として参加 
1973年
映画「野獣狩り」で初めて撮影者を務める「日本沈没」など、数多くのヒット作品に携わる 
1977年
「八甲田山」が記録的大ヒット 
2003年
紫綬褒章を受章 
2009年
映画「劔岳 点の記」で、初めて監督を務める 
2010年
旭日小綬章を受章 
2013年
撮影を務めた「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞最優秀撮影賞ほかを受賞 
2014年
牧野省三賞を受賞 

主な講演テーマ

誰かが行かねば道はできない

ジャンル
人生/モチベーション
聴講対象者
一般市民/企業

“誰かが行かなければ道はできない”―日本を代表する撮影監督・木村大作の生き方の指針のような言葉である。初監督作品「剱岳 点の記」ではCGに頼らず、実際に山へ2年間こもって撮影したように、“本物の映画”を目指す彼の精神は全くの妥協を許さない。映画というものにすべてを注ぐその姿勢は、真剣に取り組むとはどういうことかを考えさせてくれる。

何かを背負い生きる

ジャンル
人生/モチベーション
聴講対象者
一般市民/企業

“人は皆、何かを背負って生きていくしかない”―自らの人生哲学に激しく共感するものを覚え、創作に挑んだ「春を背負って」。大自然の中で、人生の重荷を背負いながら、”居場所”を求める人々の様子を描くことで、映画人・木村大作の訴えたかったものとは。人生の意味、何かを背負って生きて行くことの意味を語る。

本物を撮る~映画撮影現場の安全管理~

聴講対象者
安全大会

南極ロケ、高層ビルでの命綱なしのアクション、標高3000mの立山連邦等、常に過酷な環境での撮影に挑戦。本物の映像にこだわる一方で、どのように出演者、スタッフの安全を守るのか。知られざる撮影の裏側を語る。

家族と仲間 ~人と人との本当のふれあいとは~
家族の絆

ジャンル
家族/絆
聴講対象者
一般市民/教育関係者

人と人との絆、ふれあいとは何か。映画を通し、数々の人間ドラマを描いてきた木村大作が家族、仲間、人と人とのつながりについて考える。

夢を持つとは?~挫折・もがき続けることの大切さ~

ジャンル
聴講対象者
生徒/若手社員

主な実績

監督作品(映画)

春を背負って 劔岳 点の記

DVD

  • {"1":{"1":"\u5294\u5cb3\u70b9\u306e\u8a18\uff08\u30dd\u30cb\u30fc\u30ad\u30e3\u30cb\u30aa\u30f3\uff09","2":"B002NJ9VKQ"},"2":{"1":"\u6625\u3092\u80cc\u8ca0\u3063\u3066\uff08\u6771\u5b9d\uff09","2":"B00NNVPJAO"}}

その他

【受賞歴(「剱岳 点の記」による受賞を除く)】
1977年 「八甲田山」第21回三浦賞/第1回日本アカデミー賞優秀技術賞
1980年 「復活の日」 第4回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1981年 「駅 ステーション」 第5回日本アカデミー賞優秀撮影賞/第36回毎日映画コンクール撮影賞/第27回アジア太平洋映画祭撮影賞
1982年 「海峡」 第6回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1985年 「夜叉」 第9回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1986年 「火宅の人」 第10回日本アカデミー賞最優秀撮影賞
1987年 「夜汽車」 第11回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1988年 「華の乱」 第12回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1989年「あ・うん」 第13回日本アカデミー賞優秀撮影賞/第34回アジア太平洋映画祭撮影賞
1992年 「寒椿」 第16回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1993年 「わが愛の譜 滝廉太郎物語」 第17回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1996年 「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」 第20回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1997年 「誘拐」 第21回日本アカデミー賞最優秀撮影賞/第52回毎日映画コンクール撮影賞
1998年 「時雨の記」 第22回日本アカデミー賞優秀撮影賞
1999年 「おもちゃ」 第23回日本アカデミー賞優秀撮影賞/「鉄道員」第23回日本アカデミー賞最優秀撮影賞/第44回アジア太平洋映画祭撮影賞
2001年 「ホタル」 第24回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2003年 紫綬褒章
2004年 「赤い月」 第27回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2007年 「憑神」 第30回日本アカデミー賞優秀撮影賞
2010年 2010年旭日小綬章
2012年 「劔岳 点の記」  第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞/最優秀撮影賞他計11部門受賞
2013年 「北のカナリアたち」 第36回日本アカデミー賞最優秀撮影賞

【「剣岳 点の記」関連受賞歴】
第34回山路ふみ子映画賞/文化賞/日刊スポーツ映画大賞/石原裕次郎賞/第83回キネマ旬報ベスト・テン/日本映画監督賞/第64回毎日映画コンクール/日本映画優秀賞、撮影賞/第52回ブルーリボン賞/作品賞、新人賞/第54回「映画の日」特別功労賞/特別功労賞/第26回ゴールデンクロス賞//話題賞/日本映画ペンクラブ賞/2010年エランドール賞/特別賞/2009年度(第1回)TAMA映画賞/特別賞/第9回天草映画祭/風の賞/第5回おおさかシネマフェスティバル/監督賞、撮影賞/平成21年度北日本新聞文化賞/文化賞特別賞/富山県特別功労賞/第33回日本アカデミー賞/最優秀監督賞、最優秀撮影賞、優秀作品賞、優秀脚本賞/第9回映像技術賞/映像技術賞/第13回日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)/日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)/第29回藤本賞/藤本賞/第19回日本批評家大賞/特別功労賞/平成21年度児童福祉文化賞推薦作品(映像・メディア等部門)

書籍

講演拝聴レポート

自分の道を貫く生き方 ~講師・木村大作さんの講演を拝聴して~

  • 講演日時:2014-09-28
  • 主催:宅地建物取引業協会様
  • 講演テーマ:誰かが行かねば道はできない

「僕はね、講演でマイク使わないんですよ!マイクあると、下向いちゃって、みなさんの顔が見えなくなっちゃうでしょ!」

その場の雰囲気に合わせてお話する木村監督。"地声"の本気の講演です。

長年にわたって映画界の最前線で活躍し続け、キャメラマンとして、「八甲田山」「鉄道員」をはじめ、数多くのヒット作に携わってきました。競争の激しい映画界で、何故、生き残って来れたのか。その裏には、「非常識に生きる」という人生哲学がありました。

木村監督の撮影手法は型破り。監督作「劔岳 点の記」「春を背負って」では、標高3000mの立山連邦に、スタッフは機材を背負って、俳優にも私物はリュックを背負って、自力で登ってもらい撮影。CGを一切使わない"本物"を撮ります。

「厳しさの中にこそ美しさがある。だったら行くべきでしょ!」

とにかく良い映像を取るために、妥協を許しません。しかし、そのこだわりが故に、若い頃から、監督やスタッフと衝突することもしばしば。

「映画界の95%は敵!でも5%の味方がいる。5%いれば映画は作れます!」
「キャメラマンとして仕事が来ないなら、自分で企画、監督、脚本、撮影をやったらどうなんだ。」

こうして挑んだ初監督作「劔岳 点の記」は、230万人を動員し、大ヒットとなりました。

「非常識じゃなきゃものは売れない。そのためのケンカを恐れちゃいけないよ!」

どんな状況でも常に自分の道を貫き続ける木村監督。話の内容は一個人の体験談。しかしそこには、人生哲学が滲み出ます。会場を明るく、聴講者の心を熱くする講演です。

(講演依頼.com 中村 潤一

お問い合わせ・ご依頼について

中村潤一

株式会社ペルソン 営業担当: 中村潤一 中村がお客様のご相談・ご質問にお答えします。
ご相談は無料です。検討中のイベントでも、お気軽にお問い合わせください。

ご相談は
無料です。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
(30万以上~60万円未満の範囲です)
※主催者様や講演の内容によって講演料金の相談に応じますので、
 弊社スタッフまでお問い合わせください。
≪TEL:03-6434-9192≫

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

1月16日(月)より、渋谷区千駄ヶ谷から港区白金にオフィスを移転いたしました。白金でも素晴らしい講演をお届けできるよう、これまで以上に励み、また新たな挑戦もしていきます。引き続き、よろしくお願いいたします。

現在の
登録講師数
6900
2017.01.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

6900人
該当致しました

TOPに 戻る