鈴木尚広鈴木尚広すずきたかひろ

元プロ野球選手/ スポーツコメンテーター

鈴木尚広

お問い合わせ 候補に入れる

福島県出身。仙台育英など強豪高校からの誘いもあったが、家の目の前にあった福島県立相馬高等学校へ進学。1996年ドラフトで読売ジャイアンツから4位指名で入団。元来、右打ちだったが、俊足を活かすためにスイッチヒッター、左打ちなどファーム時代から試行錯誤を重ね、また若手時代から年俸の半分ほどをトレーナーとの契約につぎ込む。また一軍定着後も、FAで加入してきた小久保、小笠原など球界を代表する選手が人一倍努力や準備をする姿を見て「あの人たちですら、あれだけ練習するのであれば…」とより触発され、ナイターの日でも朝9時には東京ドームへ入りトレーニングする等、人一倍努力してきた。常勝軍団の中で自らの強みを活かして、一軍でのポジションを確立、20年間生きぬいた。「代走・鈴木尚広」とコールされるだけで、東京ドームは割れんばかりの大歓声が起こった。試合を左右するキーマンとして、数度の優勝に貢献。通算盗塁成功率も82.9%と日本プロ野球記録を樹立。長野久義など彼を慕う若手は多い。当時の原監督とは、ベンチで目が合うだけで「自分の出番が来る」と準備を始める等、阿吽の呼吸だった。引退後は、大学へ通い学問を学びつつ、トレーナー、メンタルトレーニングに関する資格の取得を目指しつつ、野球に留まらず、スポーツの素晴らしさ、奥深さを伝えるコメンテーターとして活動していく。

出身・ゆかり

専門分野

プロ野球/モチベーション/目標達成/研究心/準備/努力

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1978年
福島県出身。福島県立相馬高等学校へ進学。 
1996年
ドラフトで読売ジャイアンツから4位指名で入団。
常勝軍団の中で自らの強みを活かして、一軍でのポジションを確立、20年間生きぬく。 
2016年
引退。
大学へ通い学問を学びつつ、トレーナー、メンタルトレーニングに関する資格の取得を目指し、また、コメンテーターとして活動。 

主な講演テーマ

エリートだらけの中で輝くために~己を知り、己を磨く~

ジャンル
モチベーションアップ/気づき/自己研鑚
聴講対象者
社員/職員/学生/保護者/一般市民

常勝軍団・読売巨人軍に入団。周りはエリートだらけだった。この中で自分はどう生き残って行くのか?こんな自分がどうやったらチームに貢献できるのか?常勝軍団で20年間、いつ出番が来るか分からない役割、しかしながら試合を左右する場面で勝負師としてどう準備してきたのか?自分が組織の中で何が求められているのか?その中でどう貢献できるのか?あくなき探求心、いつ来るか分からない勝負を左右する一瞬のために準備を怠らない姿勢、気持ちの持ち方をお話します。

勝負を分けるたった一瞬のために~継続する大切さ、準備をする大切さ~

ジャンル
継続/準備/組織における役割
聴講対象者
社員/職員/管理職/経営者/一般市民

100%の準備ができていれば「結果」を問わず自分を受け止めることができる

ジャンル
目標達成/挑戦/行動力/意識改革
聴講対象者
社員/職員/管理職/経営者

主な実績

テレビ

TBS バース・デイ
NHK・BS アスリートの魂
日本テレビ Going!Sports&News NEWS ZERO
BS日テレ アスリートの輝石
テレビ朝日 スポーツサンデー グッド!モーニング 報道ステーション
フジテレビ World Baseballエンタテイメント たまッチ!

書籍

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

1月16日(月)より、渋谷区千駄ヶ谷から港区白金にオフィスを移転いたしました。白金でも素晴らしい講演をお届けできるよう、これまで以上に励み、また新たな挑戦もしていきます。引き続き、よろしくお願いいたします。

現在の
登録講師数
6901
2017.01.19
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

6901人
該当致しました

TOPに 戻る