古内義明古内義明ふるうちよしあき

スポーツジャーナリスト/ メジャーリーグアナリスト(解説者)/ 立教大学非常勤講師/ スポーツ文化評論家/ 高校野球評論家

古内義明

お問い合わせ 候補に入れる

1968年生まれ、立教大学法学部卒業。ニューヨーク市立大学大学院修士課程スポーツ経営学科修了。株式会社マスターズスポーツマネジメント代表取締役。スポーツジャーナリストやMLBアナリストとしてテレビやラジオで活躍中。日米の球団関係者や代理人と独自の人脈や情報網を確立し、これまで2000試合以上を取材したメジャーリーグの第一人者。高校・大学球児向けフリーマガジン「サムライベースボール」発行人として、高校・大学球界にも精通。高校野球からメジャーリーグまで幅広く取材することで、様々な問題点を浮き彫りにして、提言も行う。立教大学非常勤講師として、「スポーツビジネス論~メジャーリーグの1兆円ビジネス」の教鞭を執る。近著に、4千分の1の名将 新・高校野球学[関西編] (大和書房)を発売し、夏の甲子園100回大会に花を添えた。
講演では、夢に挑む日本人メジャーリーガーの生き様と取材秘話、日米の名将たちの人心掌握術、また東京五輪を控えたスポーツビジネス、話題の大谷翔平がプレーするメジャーリーグと日本プロ野球の比較論、また、高校野球100年の「現在・過去・未来」、カレッジスポーツのプレー経験から日本版NCAAの未来まで、分かりやすく語りつくします。

出身・ゆかり

専門分野

野球全般/スポーツビジネス/自己啓発/人材育成/夢/挑戦/高校野球/教育/プロフェショナル/人心掌握術

ご本人からのメッセージ

私はこれまでにメジャーリーグを2000試合以上取材してきました。 徹底した取材に裏打ちされたイチローや松井秀喜の“生きた言葉” を 引用したり、田中将大の恩師と絆であったり、日米の取材裏話、 球団関係者や代理人等の人脈から得たメディアでは言えない真実や 深イイ話などから、聴衆を引き込む話が持ち味です。 名選手の生き様やメジャー型のリーダーの人心掌握術は、 野球ファンにとどまらず、学生、ビジネスマン、会社経営者の方々まで 幅広く聞いて頂きたいと思います。

好評発売中!『4千分の1の名将 新・高校野球学[関西編] 』 大和書房

自身の誕生日である7月7日に、『4千分の1の名将 新・高校野球学[関西編] 』(大和書房)を発売。”平成絶対王者”大阪桐蔭の西谷浩一監督を始め、智辯和歌山の高嶋監督や平安高校の原田監督など、関西の7人の名将を取り上げ、記念すべき夏の甲子園100回大会に花を添えた。

高校球児の誰しもが夢見る甲子園という夢を、チームの夢として変換し、それを叶えるには絶対的なコミュニケーションが必要であり、指導者が発する言葉にこそ、その核心が隠されていると悟った。

全国制覇は一長一短にはいかない。それは百も承知だろう。7人の名将たちが、栄光を掴むまでに発した言葉の数々が、本書には散りばめられている。高校野球ファンの方はもちろん、子や孫を持つ親世代以上の方々まで、「指導者のあるべき姿」を描き出すことに傾注した。高校野球史を振り返る上で、そして100回記念大会を楽しむ上で、欠かせない一冊になったと自負している。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1984年
福島県立磐城高校入学。1年時福島県大会準優勝、2年時甲子園出場、3年時開会式直後の1回戦で延長サヨナラ負けし、「天国と地獄」を味わう。 
1987年
立教大学法学部法学科入学。同時に体育会野球部所属 
1990年
東京六大学野球秋季リーグ戦優勝、明治神宮野球大会の大学の部準優勝 
1995年
広告代理店勤務を経て渡米し、スポーツジャーナリストとして活動開始。ニューヨーク市立大学大学院修士課程スポーツ経営学科修了。 
2001年
『メジャーを観て死ね』(実業之日本社)でスポーツ文壇の世界にデビュー。 
2003年
ジャーナリストとして唯一、松井秀喜のメジャー1年目のレギュラーシーズン163試合とポストシーズン18試合の合計181試合をすべて取材。 
2006年
J―WAVEにてNYのスタジオから、「Big League Today」のナビゲーターを務める 
2010年
日本プロ野球機構のパートナーシップとなった日本コカコーラ社とアドバイザリー契約を結び、「ジョージア魂賞」の広報戦略やPR活動に参画 
2012年
北海道新聞にて、ダルビッシュ選手の1年間を追う連載コラム「選究眼」を執筆 
2013年
株式会社マスターズスポーツマネジメントの代表取締役社長に就任。3月21日に、国民栄誉賞受賞となった松井選手の野球人生を描いた、『松井秀喜―献身力』(大和書房)を発売。4月には日本唯一のアマチュアプレーヤー向けフリーマガジン「サムライベースボール」の発行人兼編集長に就任。4千の高校野球部と4百の大学野球部にダイレクトに発送。 
2014年
4月14日に、ニューヨーク・ヤンキースと161億円の日本選手史上最高額で契約した田中将大と恩師の最強の師弟関係を描いた「無敗の男―田中将大」~強さをつくった師の流儀(大和書房)を発売。立教大学非常勤講師として、「スポーツビジネス論~メジャーリーグの1兆円ビジネス」というテーマで教壇に立ち次世代のビジネスリーダーの育成に努める。 
2016年
通算14冊目となる『メジャーの流儀~イチローのヒット1本が615万円もする理由』(大和書房)が発売となり、メジャー書籍の最多タイトル発売記録を更新。 
2017年
夕刊フジにて、『日本体育会紀行』のコラム連載。初回は、”平成絶対王者”大阪桐蔭の西谷浩一監督(報徳学園~関大)を 取材。日本全国を巡り、「伝統」を重んじながらも、恐れずに「新しき」取り入れる、我が日本が誇る様々な「体育会」を探訪した。
一般財団法人東京六大学野球連盟「東京六大学野球オフィシャルガイドブック」の発行・販売事業に着手。 
2018年
初のバラエティー番組となるフジテレビ系列「全力!脱力タイムズ」に出演。

自身の誕生日である7月7日に、『4千分の1の名将 新・高校野球学[関西編] 』(大和書房)を発売し、大阪桐蔭の西谷浩一監督等、関西の7人の名将を取り上げ、記念すべき夏の甲子園100回大会に花を添えた。 

主な講演テーマ

大谷翔平の夢を持ち、信念を貫く生き方~日本人メジャーリーガーの生き様と人生の決断

日本人メジャーリーガーが挑んだ世界最高峰のメジャーリーグ。彼らの挑戦の軌跡を言葉で綴りながら、夢や高い目標に挑戦し続けることの大切さ、失敗から再び歩み出す反骨心などを、リアルな彼らの言葉で語りかける。
●野茂デビューから20年―侍メジャーリーガーの系譜
イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ、田中将大、大谷翔平は、なぜ海を越えてメジャーを目指したのか?
●なぜ彼らはメジャーの高い壁を乗り越え、言語や文化の違う異国の地で成功を収められたのか?なぜヤンキースは田中将大に151億円の投資を決めたのか?
●巨人の4番からヤンキースの4番に飛躍した松井を襲った悪夢の骨折。そして、プロ20年目の引退の真実とは。「アイム・ソーリー」と謝罪した松井にヤンキースファンは驚いた。●日米で数々の金字塔を打ち立ててきたイチロー。誰よりも早く球場に姿を現しルーティーンワークを欠かさない徹底した自己管理術。イチローの知られざる超一流の流儀とは?

イチローのヒット1本が615万円もする理由

メジャーで3089安打を放ったイチロー。彼がメジャー18年間で稼き出した年俸から、そのヒット1本の価値は615万円になる。これまで日米の野球界の取材現場を渡り歩いてきた中で、メジャーの奥深さや巨額のマネーが飛び交うビジス背景を解き明かしていく内容です。
●メジャービジネス―ヤンキースは幾ら出せば買えるのか。
●メジャーの甲子園詣で。メジャーのスカウトが甲子園に現れる理由
●日本のプロ野球の6倍の売り上げを誇るメジャーのビジネスのからくり
●メジャーのお金事情~給料日はいつ?日本円でもらえるの?
●メジャーリーガーのVIP待遇~ホテルは五っ星、仰天契約の中身とは

メジャーリーグの1兆円ビジネスのからくり

大谷翔平の活躍で注目を集めるメジャーリーグ。売り上げは一部上場企業のなみの1兆円にも上る。なぜメジャーリーグは巨額の収益を上げられるのか。なぜ最高年俸30億円以上の選手の年俸を支払えるのか。日米のプロ野球組織や収益構造を比較しながら、巨大ビジネスの裏側を解説し、日本のスポーツビジネスの問題点を浮き彫りにします。
●日本の東証1部企業に匹敵する売り上げ1兆円を稼ぐ謎に迫る
●メジャーリーグがWBCを開催する真の目的とは?
●松坂大輔、ダルビッシュ、田中将大の巨額契約交渉の裏側や契約内容とは?
●日本のプロ野球は、メジャーのマイナーリーグになり下がるのか?
●日本プロ野球の構造的な問題と、侍ジャパンは起爆剤になれるか。

日米の監督比較論~メジャーリーグにみる人身掌握術

世界中のツワモノが集まるメジャーのフィールド。才能とプライドも一流である彼らをまとめるのが30人の指揮官、すなわち「メジャー監督」である。名将と呼ぶにふさわしい彼らはどのような手法を用いて選手たちを統率し、モチベーションを高め、能力を引き出し勝利へと牽引しているのだろうか?また、メジャーリーガーたちは監督のどこに信頼を寄せるのだろうか。長年に渡って取材してきた経験やエピソードから生の声を引用しながら、野茂、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ、松坂、田中を始めとする数々の日本人選手を成功に導いた超一流のリーダーシップ、マネジメント戦略を独占公開する。
●道を究めた男たちの言霊
●松井秀喜のどん底を救った名将ジョー・トーリ監督のひと言
●トミー・ラソーダ監督が野茂英雄にベンチで語った究極の一言とは
●プレッシャーにつぶされそうなイチローに語りかけた、ルー・ピネラ監督の言葉とは

101年目の高校野球~甲子園を熱くする名将の金言

2018年夏。全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園は、100回記念大会を迎える。「負ければ、終わり」。勝者と敗者が織りなす青春のドラマは100年の間、世代を超えて愛されて続けてきた。全国制覇は一長一短にはいかない。それは百も承知だろう。名将たちが、栄光を掴むまでに発した言葉の数々を紹介しながら、今の若者といかに心を通わせ、彼らの内側に飛び込む人心掌握術、コミュニケーション方法を紹介。野球ファンはもちろんのこと、子や孫を持つ親世代、学校やPTAの教育関係、会社経営者や部下を持つ上司の方々に、「指導者のあるべき姿」を語り尽くします。

●“平成絶対王者”大阪桐蔭の西谷監督が勝ち続けられる理由
●“甲子園最多勝監督”智辯和歌山の高嶋監督が語る「甲子園禁断症状」とは
●“甲子園最多出場校”平安の原田監督が語る母校愛
●“文武同道”彦根東が追い求める甲子園と難関大学の両立
●“元プロ野球出身監督” 市立尼崎の竹本監督の情熱を捧げて掴んだ甲子園

日米の大学スポーツ比較~いま、そこにある危機~日本版NCAAとは

日本大学の悪質タックル問題で、日本中の注目を集めてしまった大学スポーツ。スポーツの枠を超えて大学のガバナンスの問題にまで発展し、教育問題にまで発展。自らも立教大学体育会野球部出身の講師が、当時を振り返り、指導者のあるべき姿、また立教大学非常勤講師として学生と接する中で体育会の現状と問題点。また、アメリカのカレッジスポーツを例にとり、NCAAとはどんな組織なのか、までを解き明かします。
●日本の体育会とは
●日本大学悪質タックル問題とは
●日米カレッジスポーツ比較
●全米大学体育協会(NCAA)とは
●理想の指導者像

主な実績

講演実績

東京六大学野球ゼミナール/綜合警備保障株式会社/ダイキン工業株式会社/立教大学/大阪体育大学大学院スポーツ科学研究科/産業能率大学/富士アスレチックス専門学校/ジャパン ・サッカー・カレッジ/統計数理研究所の日本統計学会 スポーツ統計分科会/佼成学園中学校/熱海PTAなど他多数

研修実績

立教大学キャリアセミナー

テレビ

NHK 日曜スタジオパーク
NHKBS まるごとニューヨーク 「日本人メジャーリーガーの群像」企画・構成 メジャーリーグ特番
日本テレビ スッキリ!! 情報ライブ ミヤネ屋 シューイチ DON!
テレビ朝日 モーニングバード やじうまテレビ 報道ステーション グッド!モーニング スーパーニュース GET SPORTS 羽鳥慎一のモーニングショー
TBS ブロードキャスター 草野満代の朝なま報道局 朝ズバッ! Nスタ
テレビ東京 追跡LIVE! Sportsウォッチャー
フジテレビ めざましテレビ メジャーリーグ中継 とくダネ! ノンストップ! メジャーリーグ中継 全力!脱力タイムズ
BS11 報道原人
関西テレビ 開局50周年記念番組「開拓者 ~古田敦也が見たスポーツ界の革命児たち~

ラジオ

ベイエフエム POWER BAY MORNING
東京FM タイムライン クロノス 6Sense(シックス・センス)
TBSラジオ DIG 大沢悠里のゆうゆうワイド」 ビビる大木のWANTED! プレシャスサンデー ストリーム 荒川強啓 デイ・キャッチ! 荻上チキ・Session-22 爆笑問題の日曜サンデー
J―WAVE TOKYO MORNING RADIO Big League Today STEP ONE
ニッポン放送 高嶋ひでたけのあさラジ!
その他、JFN、ラジオ日本、東海ラジオ、青森放送、広島放送、ニコニコ動画など

WEB

小学館「ポストセブン」

連載・執筆

朝日新聞 AERA ステラ 週刊現代 日刊ゲンダイ ゲイナー 産経新聞 週刊ポスト 週刊文春 週刊現代 女性セブン るるぶ 東京新聞 東京スポーツ スラッガー 月刊メジャーリーグ 北海道新聞『選究眼』 ぴあ 毎日新聞 スポーツグラフィック・ナンバー/週刊ベースボール/ターザン/サンデー毎日/R25など多数 夕刊フジ 「日本体育会紀行」 東京スポーツ

その他

<企画・構成>
ちゃちゃ入れマンデー

<関連著書>
松井秀喜著『壁を打ち破る100%思考法』(PHP研究所/取材・構成) 
松井秀喜著『告白』(PHP研究所/取材・構成)

<その他>
MLB公認の日本語サイトの立ち上げプロジェクトに協力/日本コカ・コーラ株式会社の「ジョージア魂賞」の広報企画立案のプロジェクトに協力/テレビ朝日メジャーリーグ中継のデータ提供事業

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

昨年は7,600件を超える講演のご相談を頂戴いたしました。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。今後も講演の専門会社としてサービス向上に努めてまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

現在の
登録講師数
7838
2019.01.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7838人
該当致しました

TOPに 戻る