高代延博高代延博たかしろのぶひろ

2009 WBC日本代表内野守備走塁コーチ / 元プロ野球選手

高代延博

お問い合わせ 候補に入れる

高校野球の強豪である智辯学園高校卒業後、法政大学へ進み、東京六大学リーグでは、首位打者となる。東芝を経て、ドラフト1位で日本ハムファイターズへ入団。1年目から、遊撃手のレギュラーとなり、攻守ともに活躍。1989年に広島東洋カープへ移籍し、同年引退。翌年から、コーチへと転身し、広島、ロッテ、日本ハム、中日と各チームの守備走塁を務める。2009年、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の内野守備走塁コーチへ就任。日本のWBC二連覇へ貢献した。特に、ノックの上手さは、国内外から注目されている。講演では、選手とコーチ双方から野球へ関わってきた経験を語る。また、WBCをはじめ、チームを勝利へ導くコーチングは、ビジネスへも応用できると好評である。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1954年
5月27日、奈良県生まれ智辯学園高校から法政大学へ進学。東京六大学リーグでは3年の時から出場。 3年秋に首位打者になる。リーグ通算50試合出場、190打数55安打、打率.289、1本塁打、17打点。ベストナイン3回 
1979年
東芝を経て、ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。1年目から遊撃手のレギュラーに定着し、ゴールデングラブ賞を受賞 
1980年
ベストナインへ選出 
1981年
リーグ優勝 
1985年
当時の球団記録である年間犠打数41を記録 
1988年
オフに戦力外通告を受ける 
1989年
広島東洋カープに移籍し、その年限りで現役引退 
1990年
広島二軍・一軍守備走塁コーチ( 1998年) 
1999年
中日一軍守備走塁コーチ( 2001年) 
2002年
日本ハム一軍ヘッド兼守備走塁コーチ 
2003年
ロッテ一軍ヘッド兼守備走塁コーチ 
2004年
中日一軍野手総合チーフコーチ( 2008年)2009、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の内野守備走塁コーチに就任。3塁ベースコーチを務めた。 

主な講演テーマ

<企業経営者・管理職向け>
「個を尊重し、組織をまとめるチームコーチング」

現役引退後、約20年間にわたりプロ野球4球団でコーチを歴任し、 第2回WBCワールドベースボールクラシックでは見事世界一に導いた実績から、 いかにチーム(組織)をまとめ、選手(部下)を指導し、育成してきたか 具体例を交えてお話します。個々の才能を大切にして、能力を伸ばす術は必聴です。 「日本一の三塁ベースコーチャー」と称される高代延博的コーチングとは!? 具体的なエピソード 【王貞治氏の言葉】 コーチ、選手の初顔合わせ会合の時、王貞治氏が『第一回大会は、運が良かった。連覇など考えずやりたいようにやれ!』と。トップから部下へノビノビと仕事が出来るよう、過去の実績から開放してあげることも必要。【原監督のポリシー】 原監督は、初期の段階よりライト:イチロー、セカンド:岩村、右打者として:内川、ショート:中島は決まっていた模様。また大会中、これらは結果が出てなくても使い続け、方針として揺らぐことはなかった。ビジネスのプランやヒューマンリソースにも言える、軸は絶対ぶらさない。フレキシブルに考えるのは、軸以外で作る。

<若手社員・一般の方向け>
「WBCV2達成 その舞台裏と真実 選手の素顔とは」

日本中に感動の嵐を呼んだ第2回WBCワールドベースボールクラシックで、 2連覇のプレッシャーを肌で感じながら、いかに優勝へとたどり着いたのか。 テレビでは伝わらなかったWBC秘話を、原監督などのエピソードを交えて、楽しくお話します。 一流選手の考え方や野球に取り組む姿勢は、まさに人生の教科書です。 具体的なエピソード 【代表選出の時】 第一次候補より代表本選出の為、5名の落選者を生むこととなる。 その選出発表の際、原監督は『一次候補から削ったのではない。選び抜いた』と表現。 栗原は選考落選後、篠塚コーチへ1時間の特打ちを志願。落選者への配慮を忘れない気配りや 神経の細やかさを示すエピソード。 【場の雰囲気】日本球界からえりすぐりのトップアスリートの集まり。全員足を引っ張れないプレッシャーがあった。職場や現場に失敗出来ないプレッシャーの雰囲気を与えることも時として重要。

主な実績

講演実績

【個人記録】
初安打:1979年4月12日、対南海ホークス戦(後楽園球場) 投手・佐々木宏一郎
初本塁打:1979年5月17日、対西武ライオンズ戦(西武球場) 投手・東尾修
初打点:1979年4月14日、対近鉄バファローズ戦(後楽園球場) 投手・井本隆

【表彰】
ベストナイン:1回(1980年)
ゴールデングラブ賞:1回(1979年)
オールスターゲーム出場:3回(1979年、1980年、1983年)

【講演実績】
企業、教育機関、青年会議所など多数

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

芸能人、アスリート、著名ビジネスマンなど有名人へのご依頼にも強い講演依頼.comは、「講演会から得られる成果」を最も大切にしております。そのため、私たちは講師の講演内容を把握・蓄積し、お客様が思い描く講演会にぴったりの講師をご提案しております。

現在の
登録講師数
8202
2019.06.19
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8202人
該当致しました

TOPに 戻る