ご相談

女性社員の活かし方・女性部下の指導方法 人気記事まとめ

女性社員の活かし方・女性部下の指導方法 人気記事まとめ

本ページでは、女性社員の活用・女性部下の指導方法に関する講演依頼.comの人気記事をご紹介します。男性社員と女性社員との間に生じる誤解の解消法や、女性管理職を増やすために必要なこと、「女性の部下にどう接していいかわからない」と悩む管理職が抑えておきたいポイントなど、ヒントが満載です。ぜひご活用ください。

  • コラム 2019.10.18

    イマドキのキャリアアップと転職

    「今の若い人は、入社すると同時に転職サイトに登録する」入社早々に転職を考えることを嘆く企業の声を聞きますが、これは海外や外資系企業では普通のこと。若手は、長く働くイコール1社で、とは思っていないようです。自分のキャリアアップにつながる環境であれば、1社で働き続けますが、そうではない場合は、転職でキャリアアップを考えるようになっています。今時の働き方、キャリアアップは、どのように変化してきているのでしょうか。転職を身近に感じている人と…

    藤井佐和子コラム「イマドキのキャリアアップと転職」
  • コラム 2019.9.20

    女性新任管理職のサポート方法

    前回は、女性活躍推進を、研修を通して実施していくまでのポイントをお伝えしました。今回は、女性管理職が少ない中で、女性の新任管理職が活躍し続けられるようになるまでのサポート方法をお伝えしたいと思います。...

    藤井佐和子コラム「女性新任管理職のサポート方法」
  • コラム 2019.8.23

    女性管理職登用のための目標の立て方から研修まで

    女性活躍推進の一環として、多くの企業が女性管理職登用を目指しています。研修の立て付けを相談される際、男性管理職とどこで合流したらいいのか、または、女性は女性で、管理職になった後も引き続き、研修やサポートは必要なのか。でもそれは、ある意味男女差別になるのではないか?このような話が出てきます。私としては、女性管理職の割合が低い企業は、ある程度の男女バランスになるまで、女性管理職をサポートしていただけたらと思っています。具体的に...

    藤井佐和子コラム「女性管理職登用のための目標の立て方から研修まで」
  • コラム 2019.7.22

    女性管理職を増やすための時間で縛らない働き方

    近年、大手企業を中心に、女性の管理職を増やそうとしています。しかし、ネックとなるのが、ライフイベントとの両立だと女性側、企業側ともにおっしゃることがあります。果たして管理職は、両立が難しいのでしょうか。そしてまた、なぜ、両立が難しいと思われてしまっているのでしょうか。皆さんお分かりかと思いますが、一番の理由は「時間」です。「管理職にならないか、と言われたのですが、小さい子供もいるために、会社に遅くまで残れないので...

    藤井佐和子コラム「女性管理職を増やすための時間で縛らない働き方」
  • コラム 2019.6.20

    情報共有で得られる社員の心理的安全

    「もっと情報を下におろしてほしい」女性や若手社員からこのように言われた管理職の方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。かつて日本は、トップが先頭に立ち、風を切っていくトップダウン型でした。主に40代半ば、50代の管理職は、「上から下りてきた指示」に対して、自分の役割を意識して行動することに慣れていましたが、現在の20代の若手や女性は、なぜそのような決断を下したかの情報を必要とする傾向があります。それはなぜでしょうか。...

    藤井佐和子コラム「情報共有で得られる社員の心理的安全」
  • コラム 2019.4.20

    できることから始める女性活躍推進 お茶出しは女性の仕事?

    女性活躍推進に関するご相談を受ける際、どの程度進んでいるのか、どこを目指しているのかを必ず確認します。まず、どこを目指しているのかという点では、〇年度までに女性管理職比率を〇%というように数値的な目標を掲げられることが多いようです。その一方で、女性が活躍している「状態」がイメージしづらい会社も多いのではないでしょうか。同等の役職に男性だけでなく、女性が一定数いることを目指すということは大事ですが、そもそも現段階で...

    藤井佐和子コラム「できることから始める女性活躍推進 お茶出しは女性の仕事?」
  • コラム 2019.2.20

    アンコンシャス・バイアスが女性の活躍を妨げる

    平成26年、女性活躍推進法が成立しました。その後、皆様の組織は、女性活躍が進んでいると実感できますでしょうか。私がお伺いした感じでは、会社によって進捗具合は、まちまちですし、また人によって、感じ方もそれぞれという印象を受けました。具体的には、以下のような意見をいただきました。「うちは進んでいるよ。だって、女性も辞めなくなったし」(男性の意見)「女性の管理職比率を上げたいと思っていて、チャンスは与えているのに、誰もやりたがらない...

    藤井佐和子コラム「アンコンシャス・バイアスが女性の活躍を妨げる」
  • コラム 2018.7.20

    女性部下が働き続けやすい『よい会社』とは!?

    「よい会社」とはどんな会社か。企業研修では、度々そのような議論をさせていただくことがあります。また、キャリア相談に来られた女性に対しても、今の会社が「よい会社」なのかどうかを軸に、今の会社に居続けるべきか、転職すべきかを検討します。さて、「よい会社」とは、どのような会社でしょうか。最近では、社員が働き続けやすいように、制度を整えたり、残業時間を減らしたり、勤務間インターバル制度(勤務の終業時間と翌日開始の間を、一定時間...

    藤井佐和子コラム「女性部下が働き続けやすい『よい会社』とは!?」
  • セミナーレポート 2018.6.20

    無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)とLGBT対応

    今回は、特別に人気セミナーのレポートから貴重なノウハウをお届けします。昨今、企業のダイバーシティ推進分野で高い注目が集まっている「無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)」。前半はどうすれば無意識の偏見を乗り越え効果的にマネジメントできるかという視点で、ダイバーシティ&ワークライフ・コンサルタントのパク・スックチャさんが講演。続いて無意識の偏見とLGBT対応との関わりについて、ダイバーシティ経営におけるLGBT対応を専門とする...

    
勝間和代氏、パク・スックチャ氏、増原裕子氏セミナーレポート「無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)とLGBT対応」
    • 勝間和代

      勝間和代

      経済評論家

    • パクスックチャ

      パクスックチャ

      ダイバーシティ(多様性)&ワークライフ・コンサルタント

    • 増原裕子

      増原裕子

      LGBTコンサルタント

  • コラム 2018.3.20

    飲み会を断る若手、女性部下との接し方

    管理職研修では、「ダイバーシティマネジメント」という女性部下を含めた異なる特徴を持つ部下をどのように管理、育成していくのかをテーマにご指導させていただいています。対象となる管理職の多くは、40−50代の男性です。私も同年代なのでわかりますが、彼らが部下だった頃の管理、教育とは大きく異なっていますから、要注意です。大きく異なる点は、(1)彼らが若手だった頃は、女性は長く働き続ける時代ではなかった。女性は、男性のサポート...

    飲み会を断る若手、女性部下との接し方
  • コラム 2018.1.20

    女性管理職が得意とするムダを省く働き方

    安倍晋三首相が成立に意欲をみせる「働き方改革関連法案」。今年は日本の少子高齢化問題に対し、政府は積極的に推進していく様子です。私は企業研修やコンサルティングで、様々な企業が「人」の問題で頭を悩ませているのを実感しています。新卒も中途採用も思うような質と量が期待できない中、今いる社員を本当に活用できているのかということに紐づいて、女性リーダー育成の手伝いをしています。数年前から、女性課長職育成に取り組んでいる会社は、一期生の...

    女性管理職が得意とするムダを省く働き方
  • インタビュー 2017.11.01

    働き方改革の本質は、社内に好循環をもたらすことなんです

    今は、狭い意味の働き方改革だけが、広まっている印象があります。残業をやめればいい、休み方を改革すればいい、テレワークの制度を入れればいい…。そうした、とても表面的な考え方になっているんですね。働き方を変えることは、これから会社が生き残れるかどうかを左右する、重要な経営課題なんです。まずは、経営者が経営課題であり戦略として認識しなければいけません。端的に言えば、昭和の働き方やビジネスモデルが、もう時代に適応できなくなって...

    スペシャルインタビュー Vol.70 白河桃子「働き方改革の本質は、社内に好循環をもたらすことなんです」
    • 白河桃子

      白河桃子

      東京大学 大学院情報学環客員研究員

  • コラム 2017.6.20

    女性の愚痴の原因と対策2

    「会社の人間関係にどうしても馴染めません。お昼は女性陣みんなで声を掛け合い、外で食べるのですが、できれば一人でいきたいです。でもそれを言うと変に思われるので、我慢して行っています。なぜなら女性だけでは男性や上司たちの悪口、会社の愚痴しか話題に上ってこないからです。ごはんもおいしく感じないし、何より低レベル過ぎて辛いです。今任されている仕事は嫌いではないし、もっと今の会社でチャレンジしたいこともある。でも、そんなやる気を...

    藤井佐和子コラム「女性の愚痴の原因と対策2」
  • コラム 2014.5.20

    女性の多い職場をまとめる3つのポイント

    内勤女性が多い部署を束ねる管理職の悩みをたびたびお伺いしますが、どの組織でも悩みが共通しているのを実感します。例えばこんな感じです。「影響力の強い女性が一人いて、しかもその人が良い影響ではなく、悪い影響に。周囲も顔色を伺いながら仕事をしている。」「誰々さんと一緒に仕事したくない、と相談されても・・・。」「課長は贔屓している、と言われてしまった」「嫌いな人とは、徹底的に会話もしないし、目も合わせない。おかげで仕事が滞る。」...

    藤井佐和子コラム「女性の多い職場をまとめる3つのポイント」
  • インタビュー 2014.2.01

    女性活用のためには、まだまだやらなければいけないことがあります

    職場での女性活用をめぐる環境は今、どのような状況になっているのでしょうか?確実に良くなっていると思います。組織の女性社員比率も上がっています。出産や育児でいったん会社を離れてしまうことを示す、いわゆる「M字型カーブ」(※1)もMの角度がちょっとずつ、なだらかになってきています。産休や育休の制度は、中小企業を含めて整ってきていますし、実際、女性が復帰してきているという会社の声もたくさん入ってきます。ただ、その一方で...

    スペシャルインタビュー Vol.62 田島弓子「女性活用のためには、まだまだやらなければいけないことがあります」

「女性社員の活かし方・女性部下の指導方法」に関するおすすめ講師「女性社員の活かし方・女性部下の指導方法」に関するおすすめ講師

  • 現株式会社Bマインド 代表取締役/ 元㈱資生堂執行役員常務

    講演テーマ

    女性活性化のポイント

    高校卒業後、資生堂に美容部員として入社。子育て・嫁姑問題・介護と仕事を両立するなかでの様々な失敗や苦労の経験から学んだことや資生堂の中で学んだおもてなしの極意など、幅広い分野で講演活動をされております。女性視点からみた男性管理職の意識改革の必要性と、女性22,000人のマネジメント経験から学んだ女性活性化のポイントを事例を交えながらも本音でお話しします。

  • 株式会社ワークライフバランス代表取締役社長

    講演テーマ

    あなたが輝く働きかた

    ワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供。クライアント企業では、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績が向上し、社員満足度の向上や、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上といった成果が出ており、長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会委員などを歴任。

  • フリーアナウンサー/ 慶応義塾大学研究員

    講演テーマ

    仕事主婦学業、欲張りキャリアのすすめ

    日本テレビアナウンサーとして、「マジカル頭脳パワー」、「24時間テレビ」等、数多くの番組を担当。退社後は、政界、財界、スポーツ選手、芸能人100人に取材をするなど、インタビュアーとしても活躍。現在は、司会、講演会、朗読、エッセイ等のほか、子を持つ親の立場でのプロデュース、3.11東日本大震災のボランティアなど、幅広く活動。仕事、主婦、学業の欲張りキャリについて体験談を基に話す。

  • 株式会社感性リサーチ代表取締役

    講演テーマ

    脳が創りだす男女のミゾ、人生の波

    脳科学の見地から「脳の気分」を読み解く感性アナリスト。「市場の気分」を読み解く感性マーケティングの実践者であり、「男女脳の気分」を読み解く男女脳論の専門家でもある。
    脳の研究からくりだされる男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを描いた随筆や恋愛論、脳機能から見た子育て指南本、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、テレビやラジオ、雑誌など各種メディアにも多数出演。

  • ブラマンテ株式会社代表取締役

    講演テーマ

    アンバランス働き術

    女性幹部を増やすためには、女性社員が今の仕事で力をつけ高い意欲を身につけることも必要です。女性の努力だけではなく、組織内の古い価値観や男性中心の業務慣習、上司のマインド等、改善すべきことが沢山あります。経験と仕事力に自信を持ち、チャンスをつかむマインド形成の必要を話します。

  • 一般社団法人 営業部女子課の会 代表理事

    講演テーマ

    結果を出す女性の仕事術

    ライフワークとして始めた営業女子のための応援コミュニティ『営業部女子課』を主宰し、「営業女子100万人で輝く社会を!」をミッションに、営業女子活躍を目的としたスキル&キャリア開発勉強会やイベントの開催、行政や企業とのコラボレーションプロジェクトを行う。彼女たちはどのように「女性の強み」を活かして仕事で成果を出しているのか、その働き方の共通点を話します。

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる