講演会・講師の講演依頼.com 特集一覧 医師・薬剤師会向け講演会

 
 
医師・薬剤師会の皆様から、活動の一環として開催される講演会のお問い合わせを頂いております。
ご相談を頂いている講演会のテーマは、一般市民向けの命の大切さ・病気に関するテーマをはじめ、
健康に過ごすためのエクササイズや食育のテーマなどがあります。
また、医師・薬剤師様向けに、ホスピタリティやモチベーションアップの講演などもご用意しております。
「 講演依頼.com」では、医師・薬剤師会の講演会にお薦めの講師の方々をご紹介致します。


 
◆ 医師・薬剤師会向け TOPIX  
一般市民向け
  命の大切さ     メンタルヘルス     元気になる
  病気を理解する     健康エクササイズ     健康でいるために
  インフルエンザ      

医師・薬剤師向け
  病気・ケガの体験談     ホスピタリティ     モチベーション
 

■医師・薬剤師会向けにお薦めの講師ご紹介■

     ※各講師における講演お問合せは、それぞれの講師詳細プロフィールの中にある「候補に入れる」ボタンをクリック後、
      掲載される入力フォームに連絡先等をご記入、ご送信頂けますようお願い致します。
追って担当者が連絡致します。

命の大切さ
鳥越俊太郎
病を乗り越えて
鳥越俊太郎
ニュースの職人/
キャスター

●主な講演テーマ
「がんと向き合って」
毎日新聞社退社後、ニュースキャスター、コメンテーターとして多くの報道番組に出演。2005年にがんを患っていることがわかり、10月大腸がんの手術。2007年に肺への転移が見つかり、再手術を受けた。自身の体験から、家族の支えや健康への考え、また医療の地域格差の問題などを語る。

向井亜紀
実体験を語る
向井亜紀
タレント

●主な講演テーマ
「がんと向き合う
        ~自分の身体と時間を大切に」
タレントとして活躍中。プロレスラーの高田延彦と結婚し、2000年、妊娠するも子宮頸ガンによる子宮全摘出で、16週の小さな命を失くす。講演では、自らが体験してきた闘病生活の経験をもとに、健康の大切さと命の素晴らしさを伝えている。

清水國明


人生・生活観の変化
清水国明
タレント

●主な講演テーマ
「大病を患って」
1961年アイドルグループ「スリーファンキーズ」のメンバーとしてデビュー。「水戸黄門」の「うっかり八兵衛」役で一躍人気者になる。20年近く健康診断を受けずに過ごし、たまたま受けた健康診断で当然見つかったガン。大病を煩い、それを克服した後の人生観や生活の変化についても語る。
アグネス・チャン


厳しい世界の現実
アグネス・チャン
歌手・エッセイスト
教育学博士

●主な講演テーマ
「小さな命からの伝言」
1955年香港生まれ。72年「ひなげしの花」で日本デビューし、一躍アグネスブームを起こす。芸能活動のみでなく、ボランティア活動、文化活動にも積極的に参加する。日本ユニセフ協会大使として、毎年世界各地を視察しながら「小さな命からの伝言」を書き下ろした。世界で小さな命が日々失われているという事実を現場で感じた想いと共に語る。

藪本雅子


取材を通して
藪本雅子
元日本テレビアナウンサー
記者

●主な講演テーマ
「輝けみんなの大事な命!」
アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼少期から諸外国で生活。70年に日本へ単身で帰国し、上智大学を卒業。堪能な語学力を生かし、国際会議、コンサ-トの司会などで活躍。同じアジアに住む女性や子どもを支援する、ボランティア団体AWCの代表も務める。講演では、取材を通して出会った生きる喜びを与えてくれた子ども達について語る。

鈴木ひとみ


どん底からの復活
鈴木ひとみ
エッセイスト

●主な講演テーマ
「命をくれたキス」
-絶望のどん底から這い上がるまでの軌跡-
81年神戸で行われたミス・インターナショナル日本代表に選ばれ、モロッコで行われた「ミス・インターナショナル世界大会」に出場し、 ミス・エレガンスに選出される。順風満帆だった84年、交通事故に遭い頸椎を骨折。車椅子での生活を余儀なくされる。どのようにして立ち直ったのかありのままを伝える。
>>このページの上へ


メンタルヘルス
香山リカ
心の深呼吸
香山リカ
精神科医
●主な講演テーマ
「ストレスに負けずに元気に暮らす」
1960年7月1日北海道札幌市生まれ。 東京医科大学卒業後、神戸芸術工科大学助教授、帝塚山学院大学を経て、 現在は、立教大学現代心理学部映像身体学科教授を務める。 メンタルヘルスの問題などに関する執筆活動も積極的に行い、多数の著書を出版。講演では、具体的なエピソードを交えて分かりやすいと好評。
おおたわ史絵
癒されない私へ
おおたわ史絵
内科医/執筆家
●主な講演テーマ
「働くひとのメンタルヘルス」
東京女子医科大学卒業。 内科医として、様々な人との出会いや、臨床経験をもとに 96年9月“週間朝日”の「デキゴトロジー」でメディアでの活動を開始。 97年4月には“ラジオ日本”の「トーク・ラジオ日本」でパーソナリティーに抜擢され、 聴衆者はもとより、業界内でも注目される。ストレートで的確に分かり易く伝えてくれる表現者である。
梶原しげる
気持ちアップ!
梶原しげる
フリーアナウンサー、
東京成徳大学 経営学部講師
●主な講演テーマ
「ストレスをやっつける!」
文化放送のアナウンサーとして入社。約20年在職後フリーとなり、各種テレビ、ラジオで活躍。その一方で、大学院に進学し心理学修士号取得。認定カウンセラー、健康心理士、シニア産業カウンセラーの資格を持ち、精神科クリニックなどでカウンセリング業務を担当。講演では、あなたの周りのストレスの原因を探り出し、ストレス対処の方略を伝える。
河合薫
上司と部下のストレス
河合薫
健康社会学者
博士(Ph.D.保健学)
●主な講演テーマ
「上司と部下のストレス学」
千葉大学教育学部卒業後、全日本空輸(株)に入社。国際線客室乗務員として勤務。94年第1回気象予報士試験に合格。以後、気象予報士として独自の気象情報を提供。04年東京大学大学院医学系研究科修士課程(健康社会学)修了後、07年同大学院博士課程修了。保健学博士号を取得する。上司と部下のコミュニケーションについてアドバイスする。
watari
自らの体験を基に
watari
健康教育学者
●主な講演テーマ
「身近な人が“うつ”と闘っているという人へ」
東京大学教育学部健康教育学科卒。論文は『ダンスセラピー』。日経BP社・リクルートの記者を経て、演出家・振付師に転身。映画『Shall we ダンス?』では、ダンス関係のすべての演出・振付・出演者全員のダンス指導を担当。『ウリナリ!芸能人社交ダンス部初代コーチ(金髪先生)』として出演。母親の突然の死から自分自信もうつ秒になった経験を語る。
笹原美智子
ストレスと楽しく向き合う
笹原美智子
健康運動指導士、メンタルへルスカウンセラー
●主な講演テーマ
「メンタルフィットネス」
78~81年全日本女子柔道選手権大会、61kg以下級優勝。81年アジア選手権および太平洋選手権同級優勝。引退後はエアロビクスインストラクターとして健康づくりの道を歩み、中高年者への運動指導の他、講演・研修講師として活躍。ストレスに負けない心の作り方などのストレスの対処法についてゲームや心理テストなどを含めながら分かりやすく解説。
>>このページの上へ


元気になる
三遊亭円楽
笑いのプロ
三遊亭円楽
落語家
●主な講演テーマ
「笑いある人生」 「笑いは心の栄養剤」
青山学院大学在学中、師匠・円楽の目に留まり、前座修行をしながら大学を卒業。 入門時から将来を嘱望され、若手ながら笑点の大喜利レギュラーメンバーに抜擢。アメリカンM&N大学にて博士号を取得する、インテリ落語家。講演では、永年培ってきた笑いとストレス・健康法などをテーマに、 人間関係・心の健康増進について語る。
パンチ佐藤
人生はマラソンだ!
パンチ佐藤
元プロ野球選手
●主な講演テーマ
「人生、山あり、谷あり、笑いあり」
プロ野球のスター選手から芸能界へ活躍の場を移す。“スポーツ応援団、人生の応援団”としてフットワークよく、芸能・文化活動を元気良く展開。パンチ氏のトークを生かした講演は、肩のこらない普段着のおしゃべり、笑いと親しみのある毒舌!?、聴衆を引き込む熱血トーク、そしてなるほどと頷くチョットいい話などなどが、好評が魅力。
アニマル浜口
気合ダァ!気合ダァ!
アニマル浜口
元男子プロレスラー
●主な講演テーマ
「人生気合いダァ!!」
長女・浜口京子をアマチュアレスリングの世界チャンピオンに育て上げた名コーチ。その指導育成内容は、言葉はもちろんのこと率先垂範で自らも精一杯に体で表現する。現代人みなが失いかけている「魂の叫び」を呼び戻してくれる 涙あり、笑いありのトークショー。おなじみの「気合ダァー!!」で気合いをもらって元気になれること間違いなし。
村田兆治
精神力鍛錬法
村田兆治
野球評論家
●主な講演テーマ
「人生先発完投」
1967年、ドラフト1位で東京オリオンズ(現ロッテ)に入団。大きく振りかぶって真っ向から勝負する独特の「マサカリ投法」を生み出す。ケガから復活し40才まで投げ続けた投手は他に類を見ない。2008年、かねてから目標としていた全国離島少年野球大会を開催。大会提唱者および名誉会長を務める。肘の故障から復活した村田氏の話は前向きになれる。
大谷由里子
「元気」の方程式
大谷由里子
元吉本興業
伝説の女マネージャー
●主な講演テーマ
「大谷流 『ココロの元気』のつくり方」
吉本興業株式会社に入社後、故・横山やすしのマネージャーを務め、 宮川大助・花子などを売り出し、 “伝説のマネージャー”として騒がれた。現在は、全国での講演・研修や、執筆活動、テレビ・新聞・ラジオなどでも活躍中。 モットーは、「感じて・興味を持って・動く」人づくり!の大谷氏の講演は元気を与えてくれる。
林家木久扇
笑いで元気に
林家木久扇
落語家

●主な講演テーマ
「笑いと健康」 「僕の人生、落語だよ」
時代に呼応する新鮮な話芸をもち、66年より「笑点」のレギュラーメンバー。07年に、「木久蔵」の名前を息子に譲り、「笑点」で公募した「木久扇」へ改名。親子でダブル襲名興行を行なう。アート、ラーメン、絵画、歌、役者、エッセイなど、下町の粋を伝えるマルチな落語家として人気。聴いている人を元気にする力を持っている。
>>このページの上へ


病気を理解する
木下博勝
消化器外科、がん
木下博勝
医師
●主な講演テーマ
「癌撲滅セミナー」
国立大学医学部大学院を卒業。消化器外科を専門とし、大学付属病院、がん研修所などを経て、所沢胃腸病院の副院長になる。2004年7月には、女子プロレス界の女帝「ジャガー横田」と結婚。現在は、本業医師の傍ら、文化人としてテレビ等で活躍している。医師ならではの豊富な知識でガンの撲滅について語る。
立川らく朝
「医師」兼「落語家」
立川らく朝
落語家・医師

●主な講演テーマ
「ヘルシートーク」 「健康落語」
医師として、「表参道福澤クリニック」を開院。また、メディカルサポート研究所を代表し、企業でエイズ対策を指導する。44歳にして長年の夢であった落語界に入る。現在、立川志らく門下の二つ目として高座を務める。自ら創作の「落語で健康教育」をテーマとした、「健康落語」が好評。生活習慣病に関して、ギャグを盛り込んだセミナーなども行う。
松原英多
実は知らない健康常識
松原英多
医学博士
日本東洋医学会専門医


●主な講演テーマ
「『おもいッきりテレビ』の松原先生に学ぶ・知っているようで知らない健康の常識」
東邦大学医学部卒業後、アメリカ・カナダに4年間遊学、帰国後、母校にて大脳生理学を研究する傍ら、東洋医学・臨床心理学・催眠療法を学ぶ。「おもいっきりテレビ」のホームドクター松原先生としておなじみ。一般的な健康の話題はもちろん、介護、認知症、メンタルヘルス、脳力活性など、身体について、専門的かつ幅広く講演。
>>このページの上へ


健康エクササイズ
室伏由佳
五輪選手のノウハウ

室伏由佳


円盤投・ハンマー投 日本記録保持者/アテネ五輪代表

●主な講演テーマ
「もう腰痛に悩まない! ~カラダを鍛えて内側からキレイに~」
怪我と病気を抱えながらも選手として挑戦を続けた経験から、「可能性への挑戦」などをテーマに講演活動を実施。選手時代、ひどい腰痛に悩まれた室伏氏が自身の体験談をもとに、気を付けたいこと、上手に付き合う方法などを伝える。ピラティスの指導士でもある氏が、内側からキレイになるための方法も伝授。簡単なワークを取り入れることも可能。

勝本昌希
体を動かしながら
勝本昌希
スポーツトレーナー・
アドバイザー・健康運動指導士(厚生労働省認定)

●主な講演テーマ
「健康と運動」「美容と健康」をメインテーマに、トーク(話)&プラクティス(実践)スタイル。
スポーツ選手や芸能人のスポーツトレーナーとして活躍。 美しく健やかなボディ(身体)を保つノウハウを伝えている。自宅や空き時間に、無理なく楽しく簡単にできるストレッチやヨガの方法を、実際に聴講者と一緒に体をほぐしながら行う。楽しく動きのある講演で人気。

松井薫
Wii Fitでも人気
松井薫
プロスポーツトレーナー/任天堂「Wii Fit」監修
●主な講演テーマ
「自宅で手軽に健康管理!」
小学校6年生の時に、椎間板ヘルニアになり、自己流で腰に負担をかけない方法を試みながら、プロを目指す。しかし、大学時代に肩を壊し、選手の道を断念。ボディデザインを手がける中で、体の「ゆがみ」、「バランス」に着目。その活動が、任天堂の方の目にとまり、「Wii Fit」の監修を務める。 家族で出来る健康管理術を伝授。
>>このページの上へ


健康でいるために(食育・生きるということについてなど)
浜内千波
体に効くご飯
浜内千波
料理学校校長
料理研究家
●主な講演テーマ
「健康で笑顔のある毎日は、食生活から」 
「豊かな家庭料理を伝えたい」という思いから、ファミリークッキングスクールを開校。「ラジかるッ」では、レイザーラモンHGと料理の共演でおなじみ。 著書『がんばらない!ダイエット料理の基本とコツ700』は、 20万部を超えるベストセラーとなり、野菜をたくさん使ったレシピなどに定評がある。 講演では、料理の世界を通じて、食べることの大切さを伝える。
森野熊八
熊八流食育
森野熊八
料理人
●主な講演テーマ
「大人の食育」 「子どもの食育」
料理の作り方を歌詞にして、唄いながら作るというパフォーマンスの「クッキングショー」で話題になり、全国各地のイベント等に多数出演。熊八の明るく楽しい語り口で独自の料理世界を展開し、既存の栄養学にとらわれない『熊八流食育』の提案をするなど、
テレビ、ラジオ、雑誌等で活躍中。大人と子どもとに食育の大切さを伝える。
緋宮栞那
食から見直す
緋宮栞那
管理栄養士・日本食文化研究家
●主な講演テーマ
「老若男女のセルフエイジング
~こうして食べれば、メタボリックが解消!」

きれい塾JAPAN塾長、食養料理研究家、栄養・心理カウンセラー、管理栄養士。「きれい塾キッチンスタジオ」池袋校・目黒校にて料理教室を開催し医療機関、各クリニックなどにて 食養カウンセラーとして活動する。主に生活習慣病・摂取障害を専門に心と体を栄養指導する。

三浦雄一郎
エベレスト登頂への挑戦
三浦雄一郎
プロスキーヤー
クラーク記念国際高等学校校長

●主な講演テーマ
「生きがい~75歳、エベレスト登頂への挑戦」
2003年5月、次男の豪太とともに世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂、当時の世界最高年齢(70歳)登頂記録と初の日本人親子同時登頂記録を樹立。
そして様々なハードルを越え、遂に2008年5月26日、75歳と7ヶ月にして人類史上初、70歳を超えて2度目のエベレスト登頂。挑戦の原動力や飽くなき挑戦を語る。

毒蝮三太夫
元気に長生き!
毒蝮三太夫
タレント
●主な講演テーマ
「妻と乗り越えた闘病生活」
毒舌が中高年に人気の毒蝮氏。2004年10月に36年目になるラジオの生放送番組、人よんで「ジジイ、ババアの友」、その毒舌ぶりは講演でも好評。そんな毒蝮氏が医師に死ぬか生きるかの瀬戸際だと告げられるほど危険な状況の中で経験した一ヶ月以上に渡る闘病生活と入院生活を通して学んだ家族の大切さや 病気との向き合い方について語る。
黒沢年雄
人生プラス思考で
黒沢年雄
俳優
●主な講演テーマ
「いきいき生きる
~プラス思考で介護予防~」

日大横浜高校卒業後、キャバレーのバンドマン、工場作業員、 訪問販売セールスマン、ウェイター、陸送トラックなど、 様々な経験をしながら俳優を目指す。 1964年、東宝映画第4期ニューフェイスに合格。自身の病気の体験談も交えながら、今でも元気で溌剌と人生を謳歌する秘訣を伝える。
>>このページの上へ


インフルエンザ
中原英臣
人類とウィルス
中原英臣
医学博士
●主な講演テーマ
「文明の進化とウィルスの進化の競争の時代」
ワシントン大学で遺伝子操作を 研究、山梨医大助教授を経て、現職。ダーウィン進化論を分子生物学の遺伝子理論、実験で理論教化する。また、研究とは別に医療制度のさまざまな問題点を幅広く指摘、医療ジャーナリズム的仕事も意欲的に行う。最近では、「スーパーモーニング」に出演し、新型インフルエンザについて解説中。
藤田紘一郎
清潔は病気の元
藤田紘一郎
東京医科歯科大学
名誉教授

●主な講演テーマ
「免疫力をつける生活」
日米医学協力会議のメンバーとして、マラリア、フィラリアなどの免疫研究の傍ら、「寄生虫体内のアレルゲンの発見」「ATLウイルスの伝染経路の解明」
など多くの業績をあげる。講演では、日本人の「超清潔志向」と免疫力の関係について語る。新型インフルエンザついても知識が豊富。インフルエンザの予防方法などについて伝える。

>>このページの上へ


病気・怪我の体験談
ますい志保
倒れても明日に繋げる
ますい志保
作家/銀座ふたご屋ママ

●主な講演テーマ
「癌からはじまる人生」
夜学から編入試験を受け、明治大学文学部を主席で卒業する。 卒業後は、プロのホステスとなり、1993年に双子の妹・さくらとともに、銀座に会員制クラブ「ふたご屋」をオープン。一方で、2003年子宮体ガンを患う。闘病生活の末、克服し、復帰。倒れても明日に繋がる負け方をすれば勝ち続けることと同じというますい氏が前向きな生き方を伝える。

大山のぶ代
投治療を経験して
大山のぶ代
女優・声優

●主な講演テーマ
「今しかできない事がある」
女優・声優として活躍し、「ドラえもん」の声でおなじみ。2008年に、心筋梗塞と脳梗塞を併発して緊急入院。投薬治療を行い、無事に退院。自宅療養とリハビリにより、一部後遺症はあるものの、日常生活が遅れるぐらいに回復し、活動を再開している。十役知町を乗り越え、病気を克服した経験から、今を大切に生きることについて語る。

間下このみ
難病を乗り越えて
間下このみ
写真家/女優

●主な講演テーマ
「病とともに生きる」
「このみちゃん」の愛称とともに国民的子役スターとなる。アメリカへ単身留学し、帰国後は写真作家としても活動。若くしての突然の病名宣告を受け、現在も2つの難病との闘病の中、仕事と子育て、家庭を両立させている。病をどう受け止め、どのようにしてより良い人生を過ごしているのかについて語る姿に前向きになれる。

京谷和幸
事故から奮起
京谷和幸
パラリンピック 車椅子
バスケットボール元日本代表
●主な講演テーマ
「出会いの素晴らしさ」
小学校2年からサッカーを始め、高校でパルセロナ五輪代表候補となる。91年にジェフ市原とプロ契約したが、交通事故により脊髄損傷、車椅子生活になる。94年に車椅子バスケ選手としてスタートを切り、08年北京パラリンピックでは、日本選手団の主将も務めた。事故さえも大切な出会いと語り、自分を一回り成長させてくれた「出会い」ついて語る。
太田哲也
ゼロからの出発
太田哲也
自動車評論家/レーシング・ドライバー

●主な講演テーマ
「挫折からの再生」
「日本一のフェラーリ遣い」の異名を取った、元プロフェッショナルレーシングドライバー。98年、全日本GT選手権で多重事故に巻き込まれ、瀕死の重傷を負う。 23回の手術とリハビリを繰り返し、事故から2年半後にサーキットに復帰。コンプレックス、将来への不安、引きこもり、社会復帰、家族・・・様々な問題と向き合った経験を伝える。
濱宮郷詞
無限の可能性
濱宮郷詞
車椅子の熱風講師

●主な講演テーマ
「負けてたまるか」
母子家庭で育ち、中学では、サッカー、棒高跳びで県優勝。高校2年で優勝、2年、3連続で県記録樹立。 陸上競技棒高跳び日本高校記録にもう少しのところで怪我。そして、寝たきり状態に。様々な苦難を乗り越え、どんな苦難も真正面で受け止め、乗り越えた時はとても気持ち良いものですよという言葉は非常に重みがある。
>>このページの上へ


ホスピタリティ
田崎真也
サービスの極意
田崎真也
1995年度
世界最優秀ソムリエ
●主な講演テーマ
「お客様の視点にたったプロのサービスとは」
1997年より「ワインは、憶えてから楽しむものではなく、楽しんでから憶えるものをコンセプトに田崎真也ワインサロンを主宰。また、ソムリエ育成のために若手向けセミナーを主催。講演では、ワインの愉しみ方やソムリエの仕事について語るほか、ワインを通して学んだお客様の視点にたったプロのサービスについて、その極意を語る。
大野洋子
看護師向け研修も
大野洋子
office インプレッション
代表
●主な講演テーマ
「選ばれる病院となるために」
日本航空(株)国際線客室乗務員、及び国際旅客部旅客サービス課勤務。?現在は、航空会社での接客経験、アメリカで学んだコミュニケーションのノウハウ、企業における豊富な人材育成経験を基に、コミュニケーションアドバイザーとして、講演・研修活動を多くの企業で行っている。医療施設対象患者様満足度向上を目指した医療機関向けのテーマもある。
大棟耕介
ホスピタル・クラウン
大棟耕介
有限会社プレジャー企画
代表取締役社長
クラウンK(道化師)


●主な講演テーマ
「世界の病院を訪ねて(ホスピタル・クラウンの活動から)」
クラウン(道化師)の会社、(有)プレジャー企画の会長、 現役クラウン。現在は、 遊園地やサーカスなどでショーを開くかたわら、 ホスピタルクラウンとして病院に通い子供達に笑いを届けている。 病院に必要とされているホスピタリティー、患者へのアプローチす法、 また、活動の重要性と難しさを伝える。
>>このページの上へ


モチベーションアップ
桑田真澄


自らを磨く
桑田真澄
元プロ野球選手
野球解説者

●主な講演テーマ
「試練は人を磨く」
高校時代から、甲子園に出場し、卒業後は読売ジャイアンツへドラフト1位で入団。順風満帆な野球人生を送っているようにみえる桑田氏だが、一方では、右ひじ靭帯断裂の損傷など故障にも悩まされてきた。また、38歳でのメジャー挑戦など、果敢に夢の実現に挑戦してきた。野球人生で、数々の試練を乗り越え、自らを磨いてきた経験を語る。
古賀稔彦
夢を後押し
古賀稔彦
柔道家
●主な講演テーマ
「人生の教科書」
指導者として金メダリスト谷口歩実を育て、子供の人間育成を目的とした町道場「古賀塾」を運営する古賀氏。目標を持ち、夢を実現する過程で立ちはだかる壁を乗り越えてこそ、成長した自分に出会える、と経験をもとに語る講演は、その熱いメッセージから勇気とパワーがもらえ、モチベーションアップ間違いなし。
木村政雄
夢を見続ける
木村政雄
フリープロデューサー

●主な講演テーマ
「不安をワクワクに変える知恵」
2002年に吉本興業株式会社退職後、フリープロデューサーとして講演・執筆活動、 コメンテーターなど多方面にて活躍中。 また、50歳からの人生を応援する月刊フリーマガジン 『5L(ファイブエル)』を創刊。編集長も務める。 講演では木村流の人生哲学、ビジネス道を熱弁。 講演後に「自分はどう生きるか」を前向きに、 かつ面白く考えられるようになる。


 
                    

この他多数の講師をご登録いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 ( >>講師検索で探す  >>講師提案サービス、相談サービスを利用する

   

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL