2017年03月24日

コミュニケーションを取ることは、大事なのか。

私は、沢山の人に会い話を聞くこと、話をすることがとても多い。

その中でも、話を伺う方たちは私以上に沢山の人と話をしている。
そこでいつも感じることがある。その方たちは、多くの人たちと付き合っているが、ビジネス、プライベート、どちらのフィールドにおいても素晴らしい関係を築いている。

「どうやったらそんなにうまく人間関係を構築出来るの?」

私はいつも疑問に思う。
よく、「コミュニケーション力が必要」とよく聞くし,必要なものなのだと多くの人が心の奥底に根付いているだろう。

「コミュケーション力は何が答えなのか」常に疑問にあった。

そんなことを考えている矢先、ある方からお話を伺う中で、この疑問にコミットしているものがあった。その方は、「コミュニケーション力」にも長けていて、周囲をリラックスさせ、人の興味を引き寄せる力がある方だ。いつも、話を聞く際に、姿勢が正しくなり何か学べるものはないかと思わせてくれる人でもある。

「リスペクトの最上級はフラットだ」

話の中で、こんなことを話してくれた。
どんなポジションの人と話すときもこのようなこれを目指していると話されていた。

素晴らしい方と話をする時に構えてしまう自分もいたが、リスペクトはフラットでいること。つまり、相手への固定観念を捨て、今から何を話すのだろうと高揚した気持ちでいることが大事であるということだ。

意外と、コミュニケーション力とは自分が相手に対する姿勢で少し変化するのかもしれない。