2018年10月25日

ロングターム(長期目標の考え方)

毎日業務に追われているが、先日友人と食事をしていたときにふと思ったことがあった。人とのコミュニケーションについてだ。

その相手が職場の人、友人、取引先、家族や親子…色々あるだろう。

多くのストレスや、悩みは人間関係だ。という人も少なくないだろう。

身近にあるちょっとしたコミュニティを紹介したい。

私の友人や兄弟や、従兄弟たちは、海外での生活が長かったり、留学をしていたり、帰国子女だったりとバラエティに富んだ友人たちが多く、人間関係をよく学ばせてもらっている。私は日本で生まれて、日本の教育を受けているので、彼らの目から鱗のような思考に出会い、ポジティブな思考を学ばせてもらっていることが一緒にいて楽しい。

彼らはポジティブ思考をすることにより自身を自身でコントロールして、常に今の自分を客観的に捉え、いい意味で自分中心。その中でバランスを取っていることを感じられた。

例えば、「誰々にこんなこと言われた」「私ってこんな風に思われているんだ」こんなことがあったとしたら、彼らは「いろんな人がいるし、いろんなこと感じる人がいるよね」

「その人にはそこしか見えてないんだよね」

こんな感じだ。

頑張っていない人はこの世の中にはいない。ただ、頑張っているというのは人から見て頑張っていると思われたときに自信を持てる。

目の前の人間関係だけに囚われているから、悩むのではないかと。

きっと人間関係は、意外と自信とも関係があるのかとも思う。

最近「自信が持てません。」とよく相談される。

一番は、自分の目標を持つこと。ちょっとしたことでいいと思う。

私は、いつも10年後の目標(ロングターム)を考えてから、五年後、一年後、一週間。逆算する。そうすると今の自分がどんな位置にいるのかを把握できる。

もし人間関係で悩んでいるのなら、軸を相手にしないで、自分を軸に考えてみるのもいいかもしれない。