2016年04月20日

美容だけでなく、印象・コミュニケーション能力がアップする顔ヨガを始めましょう!

小顔・若顔・しあわせ顔になる「顔ヨガ」は、美容の側面から、お金も道具もいらない一生モノのスキルとして大人気です。しかし、効果はそれだけには留まりません。
みなさんは「フェイシャルフィードバック効果」をご存じでしょうか? 心理学の理論で『表情と感情は相互に影響し合う』といったものです。感情があるから表情が生まれるように思いがちですが、それだけでなく、表情を作ることによって、脳はその「動き」に影響されて、表情に合った感情が醸し出されます。

つまり、口角を上げるだけで、脳が「今楽しい気分なんだ」と錯覚をして、心までウキウキしたり、落ち込みが解消されるのです。
あなたが今、落ち込んでいたり、自信がなかったり、不安を抱えている状態だとしたら、感情に引きずられて表情もこわばり、眉間にシワ・への字口になってしまいます。でも、逆もまた真です。どんな時でも、意識して「笑顔」や「自信あふれる表情」を作ることで、脳も感情も表情に影響され、現在の悩みを打開してプラスの働きをするよう動き出すのです。

感情や脳の感覚に支配されて、無意識のうちに自信のないこわばった表情になってしまうのではなく、意識的に表情を作ることで、あなたの印象やコミュニケーション能力を良い方向に導くことができます。

私自身も極度のあがり症でネガティブ思考でした。一度落ち込むと一週間も引きずったり、人前に出ると顔がこわばって話もできず辛い思いを何度も経験しました。性格だから仕方ないと思っていたのですが、何とそれは、ただの「顔の運動不足」だったのです!?実際に私は、未だにあがり症・ネガティブ思考は変わっていません。ただ、顔ヨガを始めて、表情がコントロールできるようになっただけなのです!
以前であればテレビ出演や講演で大勢のお客様を前にしたら、笑顔ではいられませんでした。そうして「失敗した!」と自分を責めて、ずっと落ち込む、また失敗するといった負の連鎖を続けていたでしょう。いつも不安に思い、落ち込み、と繰り返していたら、周りにも「暗い人」「愚痴ばかりでめんどくさい」などと思われてしまいます。

でも今は、テレビ出演や講演の前に顔ヨガを行い、表情筋を柔軟にすることで、笑顔でご挨拶ができ、周りのみなさんも同じように笑顔を返してくださり、その結果、いつもどんな時でも「楽しい!」と思って仕事ができるようになりました。落ち込みそう、不安な気持ちが沸いてきたと思ったら、即、舌を出して息を「はぁーっ!」と吐き出すポーズを5回ほど行います。そうすると頭も気持ちもスッキリして切り替えができ、笑顔で元気に難題とも向き合い、がんばるぞー!とプラス思考になります。

まるで魔法のようだな~、と顔ヨガ講師になって6年経つ今でも不思議に思います。やることはただ単に「顔を動かす」という簡単なことなのに、こんなにも私自身を変えてくれ、人生が全く思わぬ幸運であふれました。お金も時間も費やす必要はありません。顔を動かすだけのことで、これほど人生を好転させるメソッドを私は是非、みなさまにお教えしたいのです。簡単に良い結果が得られる「顔ヨガ」。騙されたと思って、今日から始めてみてください。ソンはさせません!

顔を動かすだけで得られる効果!

表情筋も身体と同じ筋肉です。鍛えれば必ず変わります。

  • 1.顔が引き締まり、だらしない顔から自信顔へ変化します
  • 2.思った通りの表情を作ることで、コミュニケーション能力がアップします
  • 3.笑顔が素敵になり、印象がアップします
  • 4.無意識の表情グセを改善できるので、顔のシワやマイナスイメージの表情がプラスに
  • 5.表情を作ることで感情がコントロールされるので、心に余裕が生まれます
  • 6.仕事や家事、人間関係に対しての自信がつくため、モチベーションも上がります
  • 7.気分の切り替えがスムーズにできるようになります
  • 8.人間関係も仕事も家庭でも活かせるので「人生が好転します!」

以前、講演を行った大手都市銀行の支店長さんが「僕は部下とのコミュニケーションのため毎朝必ず挨拶をしているのに、部下の反応が悪かった。でもそれは、僕の表情がダメだったことに気がつきました!先生ありがとうございます」と感激されたことがあります。支店長は挨拶をする、ということを意識していただけで「どんな表情で挨拶をしているか」までは気がつかなかったのですね。笑顔は笑顔を引き出す。簡単なことのようで、意外に気がつかないものなのです。

みなさんも、まずは今日から、家族や仕事関係の方、友人・知人などの周りの方たちに接する際、目を軽く緩めて、ほほと口角をキュッと持ち上げた笑顔で話してみてください。

そこから、人生がミラクルのように好転するかもしれません!