ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム スポーツ

2019年09月26日

幸福度は、自身の生活での気持ちの持ちよう

結果はコントロールできない。

あるアスリートの言葉が心から離れない。もちろん、素晴らしい結果を出した選手だし、有名な選手でその人がいうことで価値があがるだろう。しかし、その言葉自体に力があるように思った。

結果を出して当たり前、出せないと成果がない。そんな風に思うかもしれない。しかし、色んな角度から振り返ると、ベストを尽くせた、頑張れた!と、心から思えたときほど、結果などどうでもいい。なるようになるし、やることはやったと思えばやり残したこともないのだ。どんな努力をしても、まだやれることがあると思う人ももちろんいるだろう。しかし、そのアスリートの「結果はコントロールできない」という言葉から考えると、結果を受け入れることも強さになるんだなと感じる。

自分のやったことに満足できない、幸せとは程遠い、そんな毎日を受け入れてハッピーを感じられる強さも、自分で手に入れられるのではないか。

幸福度。この言葉をよく聞く。色んな社会的な課題も多いだろう。だけど、自分でコントロールできること、やれることはベストを尽くす。やり切ったと思えることが積み重なったら、意外と成果は大きいかもしれない。私もそのアスリートの言葉を聞いて、助けられた。日常へのエッセンスをもらいにいろんな場所にでかけるのも楽しい。幸福度は、自身の生活での気持ちの持ちようで少し変わってきそうだ。

伊藤華英

伊藤華英

伊藤華英いとうはなえ

競泳オリンピアン(北京/ロンドン五輪 水泳女子日本代表)

べビースイミングから、水泳を始め、15歳で日本選手権に初出場。女子背泳ぎ選手として注目される。2008年日本選手権女子100m背泳ぎで日本記録を樹立。初めてオリンピック代表選手となる。その後、怪我によ…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。