ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム 教育

2020年06月25日

自分が子どもだった頃のことを思い出せば、理不尽な振る舞いはできない

親も先生も、自分が子どもだった頃のことを忘れ果てている人が多いようです。あなたはいかがでしょうか?子どもと関わっている人は、一度、自分が子どものころのことを思い出してみるとよいと思います。

当たり前のことですが、あなたも以前は子どもでした。そして、毎日しょうもないことをたくさんしていましたし、同じ失敗を性懲りもなく何度も繰り返していたはずです。

嘘もついたしズルもしたはずです。怠けたりサボったりもしたはずです。できないことや苦手なことがたくさんあったはずです。

でも、大人になった今ではその頃のことは完全に忘れて、子どもに対してとても偉そうに振る舞っています。さも、生まれたときから何でもしっかりできていたかのように。

あなたが子どもだった頃、親や先生の理不尽な言葉で度々傷ついたこともあったのではないでしょうか?「そんな言い方しなくてもいいのに。なんで、こんなひどいことを言うんだろう。もっと言い方に気をつけて欲しい」。このように思ったこともあるはずです。

でも、いつの間にかすっかり忘れてしましました。そして、今では子どもに同じような言葉をつかって、子どもを悲しませています。

ぜひ、一度自分が子どもだった頃のことを思い出してみてください。そうすれば、理不尽な振る舞いはできないはずです。

そして、あなたが子どもだった頃にあなたを喜ばせてくれた大人のことも思い出してみましょう。そういう人を真似して子どもを喜ばせてあげてください。

大人は子どもに比べて圧倒的に強い立場にいますし、いろいろな面で高い能力を持っています。それらを子どもを悲しませることに使わないで、楽しませ喜ばせることに使ってください。子どもにもっとたくさんの笑顔をもたらして、幸せにしてあげてください。

親野智可等

親野智可等

親野智可等おやのちから

教育評論家

1958年生まれ。公立小学校で23年間教鞭を取り、1~6年すべての担任を経験。経験をいかして発行しているメルマガ「親力で決まる子供の将来」は読者4万5千人を超え、教育系メールマガジンとして最大規模を誇…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。