2018年06月01日

空港も駅も変わる

工事をしていたのは知っていた。
東京から飛行機に乗って
大阪空港に降りてびっくり。

どこの空港に降りたのか分からないほど
綺麗になっている。

思わず、SNSにアップした。

「えーっ、こんなに綺麗になったんですか」
「僕も最初、どこに降りたか分からなかったです」など、いろんな反応。

ありがたいことに、仕事で日本中に行かせていただく。

最近、駅や空港で驚くことが増えた。ここ10年ほどの変化は特に凄まじい。

たとえば、福岡空港。まだ、工事中のところもあるけれど、行くたびに
変化している。富山空港では、空港内に「お寿司屋さんができればいいね」
と、言っているうちに数ヶ月で開店。
もちろん、それだけじゃない。とっても綺麗になった。

北陸新幹線の影響もあって、北陸の駅の変化にも驚く。富山駅、高岡駅など既存の駅が
綺麗になっただけでなく、新高岡駅という新しい駅もできた。金沢も驚くくらいに
綺麗になった。

わたしは仕事柄、あちこち定期的に行かせていただいているので、
「工事しているんだ」
「どう変わるのだろう・・」
と、心構えがある分、多少の変化には驚かない。

先日、5年ぶりに大阪に帰郷した知人がいる。
その驚きは、半端でない様子。
「どのエスカレーター乗ればいいのかも分からなかった」
「近かった場所が遠くなった」
と、驚いていた。確かに、簡単に渡れた道が渡れなくなっていたり、
エスカレーターで上に行けば、どう降りたらいいのか分からなくなっている。

地方の都市だけじゃない。
「いつのまに、渋谷の駅がこんなになったの」
と、久しぶりに東京に来た友人が驚いていた。そういえば、繋がっていなかった
路線が繋がった。大阪も同じ。いつのまにか奈良から兵庫の三ノ宮まで繋がって
いて、わたしは、とても驚いた。

駅や空港だけじゃない。先日は、「こんな出入り口ができたんだ」
と、高速道路の進化に驚いた。

インバウンド、東京オリンピックが影響しているのか、どんどん、空港も駅も
道も変化している。そして、ふと、思った。これから旅する人は、そんな駅や空港の
昔を知らないし、知ることもないのかもしれない。実際、大阪空港。
「昔は、ここから国際線も飛んでいたんだよ」
などと言っても、本当に昔しの話。30年と少し前、わたしが大学生だった頃は、
ここから国際線が本当に飛んでたんだよなあ。(笑)

   過去に浸っていても仕方ない。街の変化は、とてつもなく速い。
そして、ハードでもこのスピードで変化するのだから、ソフトは、もっと目まぐるしく変化
して行くのかもしれない。そんなこをふと考えた。変化する時代に生きていることを実感し、
「せっかくだから、変化を楽しむしかない!!」と、自分に言い聞かせている。

一説には、硬い頭(思考)より、
柔軟な頭(思考)の方が脳が喜んで長生きするらしい。(笑)