2015年01月20日

芽を摘む管理職と芽に水を与える管理職

女性向けの研修を実施する際は必ず、受講者が日頃「これは問題だ」と気付いていることや課題などを挙げてもらいます。問題や課題はグループワークで会話しながら挙げていただくのですが、最後に上司や周囲に提案したかどうかを確認すると、出来ていないことがほとんどです。

その中には、「以前言ったことはあるが結局聞いてもらえなくて・・・。」という声も。

しかし、彼女たちの気づいている課題は、もちろん自分本位の内容も混じっていますが、多くが会社にとって大事なことばかりです。

ここから考えられるのは、

「言いたいことが、上司や周囲を動かすほどうまく伝えられていない」

ことです。つまり、わかるけど面倒だ、あまり実施するメリットが感じられない、そもそも何が言いたいのかわからないなど、言い方のまずさです。

しかし一方で感じるのは、管理職が変わろう、変えようとしないことです。

先日、ある企業研修の後、受講生である女性と男性管理職との懇親会が催されたのですが、こんなことがありました。

管理職「研修はどうだった?気付きとか色々あったんじゃないか?」
受講生「はい、色々勉強になりました。」
管理職「それはよかった!前向きに仕事ができるな。具体的には何がよかった?」
受講生「はい、会社がこれから発展するためにも、もっと○○の課題に取り組んだ方がいいと思ったんです。そのためには・・・」
管理職「確かに、それはわかるよ、でもそれはすぐには難しいんだよ。」

結局、延々と管理職の説教が始まったのです。しかもその説教は、「そんなこと甘いよ、できないよ」といった方向性の話です。するとその場にいた女性陣は、「もうこれ以上言っても上司は聞いてくれないだろう、またいつもの繰り返しだ」と思ったのか、黙ってしまいました。

後で女性にお伺いしたら、「はい、いつもそうなんです。私は前向きに提案したいのに、いつも上司がいっぱい喋って、最後は『頑張れ』で終わるんです。これじゃあ変わるわけがない。」とのこと。

とても残念に感じるのですが、まずは部下の話は最後まで聞いてほしいなと思います。途中から、考えが甘い、無理に決まっていると決めつけが入るのが本当に残念です。そして、自分にはない発想の人の意見をゼロベースで受け入れ、まずはやらせてみたり、「だったらやってみなさい」と権限を与えつつ、サポートしたりしてほしいのです。

もちろん、そのような行動が出来ている管理職にも、たくさんお会いしてきました。彼らは「なるほど、若い人や女性ならではの、自分には気付けない発想だな」と、イキイキ、のびのびできるように支援していました。

そんな管理職の下では、女性のみならず、若い人たちも次々に意見を言い、活発です。発想も柔軟になります。本当に管理職次第で「芽を摘む」か「芽に水を与える」か、違いが明らかになります。

管理職の仕事は、環境づくり、場づくりです。自身とは異なる発想、特に若手や女性の意見、力をフル活用できるように、「聞く力」、「任せる力」が益々必要となっているように感じます。