塚越友子塚越友子つかこしともこ

心理カウンセラー

塚越友子

お問い合わせ 候補に入れる

産業カウンセラー。スイス生まれ。東京女子大学大学院にて社会心理学を専攻。言葉が人に伝わる仕組みを学ぶ。電通・東京新聞・テレビ東京など報道や広報の経歴を重ね、現場で言語の伝達力を養う。相手の欲求を察知し接遇する話法を極め人気№1ホステスとなる。過労から内臓疾患を患い、薬の副作用によるうつを発病。昼間、長時間働き続けることが困難になり銀座ホステスの仕事を選ぶ。そこで、銀座の一流人たちの社会に向かう姿勢から、カウンセリングを使って、自分の本質を実社会にあう具体的な行動に落とし込むことによって立ち直り、No.1ホステスの座を獲得する。
現在は、大学院での専門性と銀座の経験をいかして、日常の問題が解決する現実的で具体的な行動を起こすよう促すカウンセリングで解決率は94.5%を誇る。主なカウンセリング手法は、科学的に効果が実証されている認知行動療法・家族療法・ソリューションフォーカストアプローチがある。現在、「ナカイの窓」「Rの法則」「プレジデント」「婦人公論」「anan」など多数のメディアで活躍中。また人間関係に関する著書多数。

出身・ゆかり

専門分野

コミュニケーション論/メンタルヘルス/接客術/会話術/理論社会学(シカゴ学派)/比較文化論/うつ/全般性不安障害/境界性人格障害

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1973年
スイス バーゼル生まれ。 
1992年
東京女子大学文理学部社会学科入学。 
1996年
東京女子大学文理学部社会学科卒業。  
1998年
東京女子大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了。 
2005年
電通、編集プロダクション、テレビ東京BSJ番宣部、シロノクリニックにて広報・PRの仕事に従事。2001年から2011年まで掛け持ちで銀座ホステスとして働き、一流人たちの社会に向かう姿勢を学ぶ。 
2008年
東京中央カウンセリング開院。心理カウンセラーのキャリアをスタートさせる。 

主な講演テーマ

自分を発見する旅

ジャンル
キャリアプラン
聴講対象者
就活生若手社員

「キャリアで失敗したくない、後悔しないキャリアを選びたい、だから自己分析・企業研究をしてPRをシート作成したいけれど、何がやりたいのか、何ができるのか、分からない」と行き詰まっている就活生。苦労して入社後も若手社員は社内の目標シート・評価シートが書けない、やりたい仕事ではないかもしれないと今のキャリアに悩んでいます。自分が望むものがなぜわからないのでしょうか?それは単純なことなのですが、固定概念・社会の枠組み、自分の思い込み、周囲からの期待というさまざまな枠組みに縛られたまま自分のキャリアを考えるため、難しくなってしまうのです。講演では、無数にある心理メソッドの中から「心の解放」を導くスキルから自分では発掘できない自己を発掘し新たな価値を生み出し、自分の心から望みかつ社会人として自立できるキャリアプランをたてます。

女性の生き方、男性の生き方~新しい時代の人生の選択~

ジャンル
キャリアプラン
聴講対象者
女性

阿部政権では「女性が輝く日本へ」と女性への社会での役割期待が増え、グローバル化により労働市場は海外にも解放された。労働環境一つとっても日本にとらわれず海外でも働ける現在、多様なライフプランをいきることができる時代がきたとも言える。その一方で、日本には根強く「儒教思想」に基づく、女性性・男性性への固定概念、生き方が老若男女を問わず縛り付けている。「結婚をしていないだけで、人にあらずという扱いを受けている人も多いという旧態依然とした日本人の価値観。これからの若者が男女問わず、それぞれ一人の人間として、それぞれの価値観で生きていっても、肩身の狭い思い、窮屈な思いをしなくてもいいように、旧価値観から突破する「心の解放」スキルと自分では発掘できない自己を発掘し新たな価値を生み出し、自由に生きていける解放行動心理学についてお話します。

理不尽な職場で、自分を守る

ジャンル
メンタルヘルス

職場の悩みは、仕事そのものよりは、ほぼ人間関係から発生するもの。理不尽な上司・無責任なトップ・意地悪なお局様・足を引っ張る同僚…。相手をかえることは、できないと言われていますが、裏に隠れている相手の心理を読めるようになると、相手はかわりませんが、相手からの風当たりが減ったり、同じ悲惨な環境でも理不尽に感じなくなったり、自分を守ることができるようになります。職場の対人関係は心づくしの言動ではなく、ほぼ9割心理テクニックで良好に保てます。理不尽な職場という海原を安全に航海していくための読心術というコンパスを手に入れていきましょう。

ストレスフルな職場で心をケアする技術

ジャンル
メンタルヘルス

職場でストレスを感じずに過ごすことはほぼ不可能。心のケアの世界では、ストレスで折れても立ち直れる力「レジリエンス」をのばしていく手法が最新のトレンドです。ここ最近の研究で、ストレスを発散したり、気をそらす方法メンタルを強くする、認知のゆがみを直すよりも、ストレスを受け止める力を持つ方が立ち直りが早いことが分かってきました。強い心ではなく、しなやかな心の作り方を好転した臨床例などを交えて実際に明日から使えるようにスキルの運用方法をお話します。

相談しがいのある人になるコミュニケーションスキル

ジャンル
メンタルヘルス・ケア

職場で部下を持つと求められるのが部下のメンタルケア能力です。ところが上司と部下では、「二重関係」という関係性がケアを困難にしています。カウンセリングに相談にこられたクライアントが語るのは、「相談したいが、上司に相談すると人事評価に響くのではないかと恐れ」「仕事だからと上司がメンタルケアをしてくるが、そもそもその上司が自分の悩みの種で相談しようがない」「会社の産業医に話すと出世に響く」の3つ。この特殊な二重関係を超えて、部下の心に寄り添える言葉がけ、話の聞き方、援助の態度を知っているだけではなく、実際に使えるようにすることがライン管理職に今求められていることです。相談しがいのある上司になるためのコミュニケーション術について実践ワークを交えてお伝えします。

関係をつくるコミュニケーション・好印象を残すコミュニケーション

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
一般

私たちのコミュニケーションには、相手と表面上良好な関係を築くコミュニケーションと相手と深く親しくなるコミュニケーションの2つがあります。近年のトレンドは、深く親しくなることをおそれる「ふれあい恐怖」という新しい形の社交不安を抱える人が多くなっています。特に特徴的なのは、昔のような強烈な対人恐怖ではなく、深く親しくなる方法が分からないからという軽いものであるという点です。価値観があう、なんとなく馬があう、自然でいられるなど深く親しい付き合いを表現する言葉を見てわかるように、テクニックではどうにもならないかのような印象があります。しかし、深く親しくなるのにも心理学を通せばだれでもできるようになれるテクニックがあります。講演では好印象という表面上から深く親しくなるまでの段階ごとのテクニックを使えるようにお伝えします。

雑談なんてこわくない!雑談上手になって話ベタから卒業

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
一般

仕事上の会話ならできるけれど、記憶に残らないちょっとした会話「雑談」となると、何を話してよいのやら。雑談ができなくて、親しい友人もできない、会社でも孤立する。臨床の現場でも、これまで対人関係の相談といえば恋愛や上司との折り合いの悪さというものが主流だったのですが、近年は「お友達」をつくりたいというご相談が増えています。なにげない会話を楽しめる相手が欲しいけれど、雑談ができない。雑談に対しての対価で稼いできた銀座ホステスの体験的エピソードとともに「雑談」を研究した心理学から「雑談の理論」を用いて、だれでも簡単に雑談ができるように“日常で使えるテクニック”を実践ワークを交えてお伝えします。講演のあとすぐ、結果がでる“使える”テクニックです。

“友達”が欲しい!友達をつくる『フレンズスキル』

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
一般

アメリカでは女友達をつくるためのマッチングサイトが人気になるほどですが、日本でも日々の臨床現場では「友達が欲しい」「友達の作り方がわからない」という相談件数は急上昇しています。特に女性は、結婚・出産・夫の転勤などを機にキャリアや人脈が分断され、つどつどに友人を作り直さなければならないという性役割上のハンディキャップを背負っています。いつどんなところでも、他者と親しくなるための「フレンズスキル」について、ワークを交えながらお伝えしていきます。

患者も私も前向きになれる対人援助

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
医療・看護・介護

難しい患者・難しい家族とのつきあい方に悩む、援助をしていると思い通りに動いてくれない患者へ怒りがわいてくる、患者の苦しみに寄り添うことで自分自身が「感情疲労」をおこしてしまう。ケアの現場では、患者にとっての最高のケアと自分自身はバランスをとることが難しい。ケアの世界独特の感情疲労とのつきあい方、感情疲労を起こさない患者への共感と寄り添い方を心理学とカウンセラーやホステスという感情疲労を起こす仕事を17年続けてきた経験をおりまぜてお伝えします。

闘病を支える家族のコミュニケーション

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
介護支援者

私自身、急性C型肝炎・急性膵炎との闘病生活、その後6年のうつ闘病生活の中で、家族の援助・関わりで、闘病生活中のメンタルを保てたり、保てなかったりしました。どんな関わりが本人を支え、支えないのか。体験と対人援助の心理学を交えてお話します。

恋愛なんて簡単!恋愛こそスキルがすべて

ジャンル
コミュニケーション
聴講対象者
婚活・恋愛

エーリッヒ・フロムは「愛するということ」の中で、恋に落ちた状態と愛を持続している状態を区別して、落ちる事は運命の奇跡のように偶然で恋に落ちさえすれば恋愛はうまくいくと思い込んでいるが、人生に技術が必要なように、愛は技術であると知ることが大切だと述べている。現代の恋愛事情はフロムが警告したことよりもさらに進化し、恋に落ちる事すら回避する傾向にある。恋愛市場で自分の価値にみあった手に入る最良の品(相手)を見つけたと思ったら恋に落ちるという、市場経済の論理が働いて恋人が商品化している。となるとますます、自分にとって都合のよい魅力的な相手を手に入れる技術が必要だ。しかし恋は偶然に落ちるもの、愛は恋に落ちれば続くものとという思い込みも持っているのでなかなか恋愛が始まらないし続かない。そんな現代人におくる徹底的な恋愛のテクニックを出会いから結婚までそれぞれの段階別に必要なものを使えるようにお伝えします。

主な実績

講演実績

日本家族計画協会/厚木地区社会福祉協議会/豊田市街作り協議会/日本ブライダル協会/日野自動車/R東日本/トヨタ部品群馬共販

テレビ

NHK Eテレ Rの法則
日本テレビ ナカイの窓
TBS 私の何がイケないの?
フジテレビ ホンマでっか?!TV

ドラマ

J-WAVE ラジペディア TOKYOMORNING
ZIP-FM BIG TIME

雑誌

プレジデント THE21 BIGtomorrow SPA! anan CanCam non-no MORE with その他多数

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

芸能人、アスリート、著名ビジネスマンなど有名人へのご依頼にも強い講演依頼.comは、「講演会から得られる成果」を最も大切にしております。そのため、私たちは講師の講演内容を把握・蓄積し、お客様が思い描く講演会にぴったりの講師をご提案しております。

現在の
登録講師数
8038
2019.04.19
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8038人
該当致しました

TOPに 戻る