門倉貴史門倉貴史かどくらたかし

エコノミスト/ BRICs経済研究所代表

門倉貴史

お問い合わせ 候補に入れる

1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員となり、社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)へも出向。2002年に第一生命経済研究所に移籍し、経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)についての論文を数多く発表。2005年に退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。現在は、国内、国外の経済に関する著書や雑誌への執筆や、講演活動を積極的に行っている。
『統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?』 (光文社)や、『貧困ビジネス』 (幻冬舎)などの著書でもみられる、斬新な経済への切り口と、かつ、説得力ある論理は、講演でも顕在。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
1971年、神奈川県生まれ。
1995年慶應義塾大学経済学部卒業後、浜銀総合研究所の研究員となる。社団法人日本経済研究センター、東南アジア研究所(シンガポール)への出向を経験し、2002年に第一生命経済研究所に移籍。経済調査部主任エコノミストとして、アジアやBRICs諸国についての論文を数多く発表する。
2005年に同研究所退社し、BRICs経済研究所代表へ就任。2007年度から同志社大学大学院非常勤講師も務めている。 
 
【資格など】
証券アナリスト検定協会会員
カラーコーディネーター
宅地建物取引主任者
英検準1級 

主な講演テーマ

必ず誰かに話したくなる経済学

「AKB48が成功した理由」、「13日の金曜日は本当に不吉なのか?」など身近な出来事をきっかけに、経済学の手法で読み解いていきます。

これからの世界経済の行方と日本の企業戦略

欧米経済、日本経済、新興国経済がどういった姿になっていくかを 展望した上で、そうした世界経済の変化を前提としたときに、 日本の企業がどういった国内戦略・海外戦略を構築していけばいいかを考えていきます。

アジア経済の現状と今後の見通し

中国、インド、ASEANといったアジアの新興国経済がどういった状況になって いるかを紹介し、日本の企業のアジア戦略についての展望をお伝えします。

アベノミクスの行方

金融緩和、財政出動、成長戦略等、アベノミクスが成功するのかどうか分析します。

※上記はテーマ例です。
・日本経済
・BRICs経済(新興国経済)
・アジア経済
・欧米経済
・労働経済(格差問題)
・地下経済
など、主催者様のご要望に応じてお話しします。 詳細へ講演依頼.comスタッフまでご相談ください。

主な実績

講演実績

2009年5月、台湾経済日報社主催シンポジウム基調講演「世界同時不況から最初に脱出するのは中国」(08年ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン出席)/2009年1~2月、早稲田大学エクステンションセンター講師「イスラム金融入門」/2008年12月、「かんぽフォーラム」パネルディスカッション「世界経済の行方」/2008年10月、「世界同時不況と新興国経済」講演講師(日本経済新聞社主催)など多数

テレビ

フジテレビ ホンマでっか!?TV
テレビ東京 チャージ730!

連載・執筆

週刊ダイヤモンド 週刊東洋経済 日経ビジネス

書籍

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

お客様の声

2020年・東京五輪後の日本経済(不動産)行方

当社セミナーの為にスライドを作成いただき、ご厚意を感じました。 100

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

1月16日(月)より、渋谷区千駄ヶ谷から港区白金にオフィスを移転いたしました。白金でも素晴らしい講演をお届けできるよう、これまで以上に励み、また新たな挑戦もしていきます。引き続き、よろしくお願いいたします。

現在の
登録講師数
6900
2017.01.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

6900人
該当致しました

TOPに 戻る