ご相談

岡田晃

岡田晃岡田晃おかだあきら

大阪経済大学客員教授(大学院経済学研究科、経済学部)/ 経済評論家

岡田晃

お問い合わせ 候補に入れる

1947年、大阪市生まれ。1971年に慶應義塾大学を卒業後、日本経済新聞社へ入社。記者、編集委員を経て、テレビ東京へ異動し、「ワールドビジネスサテライト」のマーケットキャスター、同プロデューサー、テレビ東京アメリカ社長、テレビ東京解説委員長等を務める。
2006年4月より、経済評論家として独立し、大阪経済大学客員教授に就任。
また現在は、大阪経済大学が毎月開催する一般社会人を対象にした公開講座「北浜・実践経営塾」のコーディネーターとして、産業各分野の経営者やOBをゲスト講師に招き、経営や経験談、経営哲学等の生の情報を伝える活動も積極的に行っている。
講演では、経済の専門家として、世界経済や日本経済の現状や今後の見通しについて分かりやすく解説する。先の見えない世の中を、生活していくために必要な“明日を生きる経済の知恵”が身につく講演である。

出身・ゆかり

専門分野

【経済全般】/米国経済/日本経済/株式市場(日本、米国)/国際金融市場(為替、原油、金など各市場動向)/経済政策/企業経営論(M&A、企業戦略、企業統治)/経済教育論 など/【危機管理・広報・メディア】/企業の危機管理/企業広報論/メディア論 など

【オンライン講座】ピンチをチャンスに変える経営の3つのキーワード

オフィシャルブログ

  • 経済のここが面白い!
    日本経済・世界経済の取材のこぼれ話や、仕事で感じたことなど『今』の経済が詳しくわかるオフィシャルブログは必見です!

好評発売中!『やさしい「経済ニュース」の読み方』

やさしい「経済ニュース」の読み方

経済が楽しくてたまらなくなる!? 日本経済新聞やテレビ東京など “報道の最前線”で活躍してきた岡田氏による「経済解体新書」!あなたの発想を変える「情報」の読み方・活かし方が満載の一冊。

講演依頼.com×?~コラム、インタビュー、お役立ち~

関連特集

    • 経済の最新動向と今後の展望に迫る!

      経済の最新動向と今後の展望に迫る!
      日本・世界を取り巻く経済状況は常に変化。その動きを正しく理解することはビジネスにおいて必要不可欠です。講演依頼.comでは、注目のキーワードをもとに、疑問を解決・違和感を解決する選りすぐりの講師をご紹介します。
TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1947年
大阪市に生まれる  
1971年
慶応義塾大学経済学部卒業 /日本経済新聞入社 松山支局、産業部など 
1987年
編集委員  
1991年
テレビ東京出向「ワールドビジネスサテライト(WBS)」マーケットキャスター 
1994年
テレビ東京 経済部長/「WBS」プロデューサー/各種経済番組のプロデューサー、キャスター、コメンテーター 
1998年
同 NY駐在(~2003年)/NY支局長、テレビ東京アメリカ(米国現地法人)社長 
2003年
同 理事・解説委員長 
2006年
テレビ東京退職
同年  経済評論家として独立、大阪経済大学客員教授に就任(~現在) 

もっとみる

主な講演テーマ

<東京五輪関連>
・2020年東京五輪の経済効果とポスト五輪の日本経済
・2020年の経済展望――五輪後も景気拡大は続く
・ポスト五輪の日本経済――それでも景気拡大は続く
・ポスト五輪の経済展望――“150年のDNA”が日本経済を蘇らせる

<東京五輪関連>
・2020年東京五輪の経済効果とポスト五輪の日本経済
・2020年の経済展望――五輪後も景気拡大は続く
・ポスト五輪の日本経済――それでも景気拡大は続く
・ポスト五輪の経済展望――“150年のDNA”が日本経済を蘇らせる

ジャンル
東京五輪関連

2020年はいよいよ東京五輪が開催される。年前半は五輪の準備本格化や五輪特需で好調な景気が予想されるが、五輪終了後は景気の失速を心配する声が多い。なお波乱が続く国際情勢も懸念材料だ。しかしそれでも、五輪後も景気拡大は持続すると見ている。その根拠は3つ。第1は、訪日外国人増加や都市再開発は五輪後も継続すること。五輪の経済効果は地方の活性化、新たな外需の創出、世界中で日本への評価の高まりなど新たなステージに発展しており、これが日本の経済構造を変えつつある。「第二のジャポニズムの時代」「新段階のグローバル化」が始まっている。第2は、日本経済と日本企業の競争力が回復してきていること。実は、アベノミクスなどよって日本経済は着実に回復しており、日本企業もハイテク部品を中心に独自の技術力を磨いて世界市場で強みを発揮するようになっている。これらは日本企業しか作ることのできない部品であり、他に代替のきかない「オンリーワン技術」だ。多少の経済変動や国際情勢の波乱があっても乗り切ることができるだけの基盤を築いていると言える。第3は、「150年のDNA」の力だ。日本人は明治以来、約150年の間に何度も危機に直面しながらもそれを乗り越え、むしろ強くなってきた歴史を持っていることだ。幕末・明治維新では欧米列強による植民地化の危機を乗り越え短期間で近代化を果たし、太平洋戦争敗戦後は奇跡的な復興を遂げ高度経済成長を実現した。今もまたバブル崩壊以来の危機を乗り越えて強さを取り戻しつつある。岡田はこれを「150年のDNA」と名付けている。今はちょうど「150年のDNA」を再び発揮し始めているわけだ。これら3つがある限り、ポスト五輪を恐れる必要はない。講演では、五輪後も景気を持続させたロンドンや、五輪を契機に観光都市に生まれ変わったバルセロナなど海外の例も紹介するとともに、長年の取材経験をもとにした実例とデータを示して、ポスト五輪にとどまらず中長期的にみても令和の時代に日本経済は必ず復活するとの見通しを語る。講演を聞いた人たちに 元気になってもらうことをモットーとしている。

<経済全般>
・2020年の景気展望――波乱の国際情勢、それでも日本経済は復活する
・令和の新時代――2020年の世界経済と景気見通し
・令和の新時代――波乱の国際情勢、それでも日本経済は復活する!
・令和の新時代――“150年のDNA”が日本経済を蘇らせる
・令和の新時代――5年後の日本経済、10年後の日本経済
・ニュースから読み解く令和の日本経済

<経済全般>
・2020年の景気展望――波乱の国際情勢、それでも日本経済は復活する
・令和の新時代――2020年の世界経済と景気見通し
・令和の新時代――波乱の国際情勢、それでも日本経済は復活する!
・令和の新時代――“150年のDNA”が日本経済を蘇らせる
・令和の新時代――5年後の日本経済、10年後の日本経済
・ニュースから読み解く令和の日本経済

ジャンル
経済全般

<東京五輪関連>で述べたように、2020年の景気は五輪後も拡大が続き、令和の時代に日本経済は本格復活を遂げると見ている。なぜそう見るのか。前述の「五輪後も景気拡大が持続する3つの理由」はそのまま令和時代の見通しにつながる。日本経済は実は我々がイメージしている以上に景気が回復しており、日本企業は競争力を取り戻しつつある。講演では、ここ数年のそうした経済実態について具体的なデータと現場取材の成果をもとに、あまり知られていない経済実態について独自かつ前向きな視点でとらえ、でわかりやすく解説する。岡田は1971年以来、日本経済新聞の記者を経て、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」をはじめ各種経済番組のキャスター、プロデューサー、コメンテーターをつとめ、昭和から平成に至る日本経済と企業の動きを取材し報道し続けてきた。テレビ東京時代には米国に5年間駐在し米国経済と国際情勢の動きにも詳しい。

・トランプ大統領の衝撃!――どうなる世界と日本
・トランプ大統領と揺れる国際情勢――日本経済への影響と展望

・トランプ大統領の衝撃!――どうなる世界と日本
・トランプ大統領と揺れる国際情勢――日本経済への影響と展望

テレビ東京時代に米国駐在(5年間)を経験し、米国経済と政治に精通する。テレビ東京退職後も現在に至るまで米国にたびたび取材に出かけており、トランプ政権の実情にも詳しい。現地で得た最新情報をもとに今後の展望を示す。

どうなる英国のEU離脱――世界と日本への影響と展望 

どうなる英国のEU離脱――世界と日本への影響と展望 

英国のEU離脱問題は世界経済の不安定要因の一つ。岡田は数年前のギリシャ危機以来、欧州債務危機や英国のEU離脱などをめぐって毎年のように取材に出かけてきた。英国の実態など現地取材で得た生の情報や今後の展望を示す。

地方を元気に!――日本経済再生と地方創生の展望

地方を元気に!――日本経済再生と地方創生の展望

地方にもたびたび取材に出かけており、地方経済の実情に詳しい。常に日本経済全体と地方の動きを関連付けて分析している。

少子高齢化時代の日本経済と企業戦略

少子高齢化時代の日本経済と企業戦略

日本経済新聞の記者時代の1979年に、当時としてはいち早く「高齢化社会」をテーマにした年間連載企画を手がけ(おそらくメディア初)、以来、このテーマをフォローし続けている。

経済先読みの達人をめざせ――経済ニュースからビジネスチャンスを見つける

経済先読みの達人をめざせ――経済ニュースからビジネスチャンスを見つける

長年メディアで仕事をしてきた経験をもとに、経済ニュースをビジネスに上手に生かすための読み方・見方を伝授する。

<経営・ビジネス>
・「課題こそニーズだ」――令和の新時代を切り開く企業戦略
・成長企業はここが違う――連続最高益企業の秘密
・ピンチをチャンスに変える経営――七転び八起きの経営者人生に学ぶ
・新時代を切り開くダイバーシティ経営
・事業承継のポイントと課題――企業の永続的に発展させるには
・危機管理のポイントと対策
・不祥事を防ぐための10カ条&不祥事が起きた後の対応策10カ条
・正しい記者会見の開き方・10カ条――メディアとの上手な付き合い方

<経営・ビジネス>
・「課題こそニーズだ」――令和の新時代を切り開く企業戦略
・成長企業はここが違う――連続最高益企業の秘密
・ピンチをチャンスに変える経営――七転び八起きの経営者人生に学ぶ
・新時代を切り開くダイバーシティ経営
・事業承継のポイントと課題――企業の永続的に発展させるには
・危機管理のポイントと対策
・不祥事を防ぐための10カ条&不祥事が起きた後の対応策10カ条
・正しい記者会見の開き方・10カ条――メディアとの上手な付き合い方

ジャンル
経営/ビジネス

日経、テレビ東京時代を通じて長年、数多くの企業を取材し、インタビューした経営者の数は数えきれない。また現在、大阪経済大学が一般社会人を対象にした公開講座「北浜・実践経営塾」を毎月開催、産業各分野の経営者(またはOB)をゲスト講師に招いて、自社の経営や経験談、経営哲学などについて語っていただいており、その講師選定を含めコーディネーターをつとめている。そのような長年の経験や現在の活動をもとに、企業経営やビジネスの参考になる事例、あるいは経営のあり方について、さまざまな切り口でお伝えする。

<歴史から経済・経営を学ぶ>
・令和新時代の幕開け――歴史に学ぶ日本経済の展望
・明治150年から令和新時代へ――歴史に学ぶ日本経済再生と地方創生の展望
・明治150年から令和新時代へ――世界遺産「明治日本の産業革命遺産」から学ぶ“日本の底力”と経済再生の展望
・明治150年から令和新時代へ――「ピンチをチャンスに変えた先人たち」から学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望
・明治150年から令和新時代へ――西郷隆盛から学ぶ七転び八起き人生「ピンチをチャンスに変える」
・明治150年から令和新時代へ・五代友厚から学ぶ日本経済再生のヒント
・明治150年から令和新時代へ・五代友厚から学ぶ日本経済再生と大阪復活のヒント

<歴史から経済・経営を学ぶ>
・令和新時代の幕開け――歴史に学ぶ日本経済の展望
・明治150年から令和新時代へ――歴史に学ぶ日本経済再生と地方創生の展望
・明治150年から令和新時代へ――世界遺産「明治日本の産業革命遺産」から学ぶ“日本の底力”と経済再生の展望
・明治150年から令和新時代へ――「ピンチをチャンスに変えた先人たち」から学ぶ危機突破力と日本経済再生の展望
・明治150年から令和新時代へ――西郷隆盛から学ぶ七転び八起き人生「ピンチをチャンスに変える」
・明治150年から令和新時代へ・五代友厚から学ぶ日本経済再生のヒント
・明治150年から令和新時代へ・五代友厚から学ぶ日本経済再生と大阪復活のヒント

ジャンル
歴史/経済

令和の時代に入り、日本経済は長年の低迷から脱して経済再生に向けた新しい時代が始まる。ちょうど、幕末から明治維新となって新しい時代が始まった当時との状況と重なる部分が多く、当時の歴史は、日本経済と企業経営にとって多くのヒントと指針を与えている。当時活躍した人たちの様子を知ることは、経営の参考にもなり、元気づけられる。
長年、経済を取材してきた経験の中から「歴史」の重要性を強く感じるようになり、歴史と現在の日本経済を関連付けた切り口で取り上げる機会も増えている。

・真田幸村から学ぶ――現代の戦国時代を生き抜く中小企業の経営戦略
・戦国武将に学ぶ事業承継成功の秘訣――武田信玄、上杉謙信、徳川家康
・徳川家康に学ぶ事業承継の最強モデル
・超高齢化時代をどう生きるか――60歳で天下を統一した徳川家康に学ぶ
・危機管理の最強モデル・徳川家康に学ぶ
・先人から学ぶ“危機突破力”――織田信長、徳川家康、上杉鷹山
・危機の時代の生き残り戦略――戦国大名から学ぶ“経営術”
・歴史から学ぶ経済改革――日本経済再生のヒントがここにある
・江戸時代から学ぶ経済再生策――徳川吉宗、上杉鷹山、保科正之
・戦国最強の軍師・黒田官兵衛から学ぶ経営術

・真田幸村から学ぶ――現代の戦国時代を生き抜く中小企業の経営戦略
・戦国武将に学ぶ事業承継成功の秘訣――武田信玄、上杉謙信、徳川家康
・徳川家康に学ぶ事業承継の最強モデル
・超高齢化時代をどう生きるか――60歳で天下を統一した徳川家康に学ぶ
・危機管理の最強モデル・徳川家康に学ぶ
・先人から学ぶ“危機突破力”――織田信長、徳川家康、上杉鷹山
・危機の時代の生き残り戦略――戦国大名から学ぶ“経営術”
・歴史から学ぶ経済改革――日本経済再生のヒントがここにある
・江戸時代から学ぶ経済再生策――徳川吉宗、上杉鷹山、保科正之
・戦国最強の軍師・黒田官兵衛から学ぶ経営術

ジャンル
歴史

戦国武将や江戸時代の名君と言われる人達からも学ぶことが多い。講演などで地方に出かけることが多いため、その地方の歴史や人物などの資料を集めたり、ゆかりの地を訪ねて調べる機会も多い。歴史を「過去」のこととしてとらえるのではなく、現在の日本経済や経営・ビジネスと重ね合わせて論じるのがモットー。

主な実績

テレビ

テレビ東京系列 ワールドビジネスサテライト(WBS) モーニングサテライト クロージングベル
BSジャパン こちら経済編集長
東京MXテレビ 東京マーケットワイド

ラジオ

ラジオNIKKEI マーケット・トレンド

連載・執筆

会社四季報オンライン 「マクロデータはこう読むと面白い」 マイナビニュース・ウェブサイト 「経済ニュースの“ここがツボ”」 マイナビニュース・ウェブサイト 「これがギリシャ危機のすべて」

その他

■その他の活動、所属団体など
景気循環学会
経済教育学会
日本記者クラブ
日本コーポレート・ガバナンス・ネットワーク
「産業遺産国民会議」発起人
「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」運営委員
埼玉大学経済学部非常勤講師(2007~2010年)

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

お客様の声

真田幸村から学ぶ――激動の時代を生き抜く企業戦略

非常にわかりやすく説明してもらえた。 90

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。3月~6月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8960
2020.06.06
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8960人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる