小山明子小山明子こやまあきこ

女優

小山明子

お問い合わせ 候補に入れる

松竹映画「ママ横をむいてて」で女優デビュー後、数々の作品に出演。1996年に夫である大島監督が脳出血で倒れ、女優業から介護という立場に。「私がそばにいないと大島の機嫌が悪い。結婚当初よりもっと一緒にいられる時間が増えましたし、元気で楽しく生きられれば幸せです。」そう語る眼差しは、温かく、優しい。介護の厳しさと喜びを知りながら、ひた向きに夫と向き合ってきた小山さんのお話は、聞くもの皆に勇気と感動を与えてくれます。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1935年
1月27日生まれ。 
1952年
神奈川県立鶴見高等学校卒業。 
1954年
大谷学園在学中、学園のファッションショーに出演した際「家庭よみうり」のカバーガールとなり、松竹にスカウトされ松竹に入社。デビュー作「ママ横をむいてて」に出演。 
1960年
大島渚と結婚。 
1961年
松竹を退社し、独立プロ 創造社の設立に参加。 
1963年
長男出産。 
1969年
次男出産。 
1973年
創造社解散後、植物園に所属。 
1999年
植物園解散。 
2001年
小山明子事務所設立。 

主な講演テーマ

妻として・女優として ~夫・大島渚と過ごした日々~

夫(映画監督・大島渚氏)が脳出血で倒れてから、「もう一度映画を撮りたい」という願いを叶えるため、二人三脚で乗り越えたリハビリの日々。後遺症で右の手足、言葉に麻痺が残ったが、「仕事に絶対に復帰するんだ、精一杯生きよう」そんな願いが届いて、映画「御法度」で再起。しかし、再び十二指腸潰瘍穿孔(かいようせんこう)に襲われる。最愛の夫の介護のため、長期間の拘束が伴う舞台や映画の仕事を控え、妻として介護に携わり共に生きた時間。夫と共に過ごした介護生活で学び、見えたことなど、体験談をお話致します。

介護うつを乗り越えて ~生きるとは幸せを積み重ねること

主な実績

テレビ

テレビ朝日 ドキュメンタリSP 大島渚“最後の闘い”~奇跡の夫婦愛4000日~

ドラマ

うなぎ繁盛記 道頓堀 氷点 女であること 源氏物語 母の曲 三婆 その時がきた あかんたれ 犬神家の一族 白足袋の女 じょっぱり コメットさん 骨肉の森 結婚したい女 燃えた花嫁 天璋院篤姫 嫁姑 男文字の手紙 NHK 真田太平記/懲りない女房たち/珠玉の女/再婚旅行/いただきます/母娘愛あればこそ/悪女伝説殺人事件/京一輪/織田信長/女の中の祭り2/クラスメート/二人の母

映画

新婚白書 天使の時間 晴れた日に あこがれ 花ふたたび 花は嘆かず 花くれない 真昼の情事 彼女だけが知っている 飼育 使者と結婚 白昼の通り魔 儀式 犬神の悪霊 絞死刑 夏の妹 プルメリアの伝説

舞台

道頓堀 郡上の嵐 無法一代 さのさ節 狐狸狐狸物語 梅咲きぬ 序の舞 孤愁の岸 あかんたれ 京おんな 舞化粧 芝桜 春雪の唄 おさんさま 深川さくら茶屋 花月亭の女たち すみだ川恋唄 吉野太夫の恋 西太后 いきな女たち/雁金屋草紙/風流深川唄/鶴来屋おゆう/竹の御所鞠子/湯島の白梅/火垂るの墓

受賞歴

1966年   日本放送作家協会 女性演技者賞
1970年   毎日映画コンクール 助演女優賞
1971年   京都市民映画祭 助演女優賞

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

お客様の声

妻として・女優として~夫・大島渚と過ごした日々~

90

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「5年連続90%以上」獲得!お客様より高評価を頂きました。2018年は学校様、企業様、自治体様など様々な団体様より、6,500件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
7811
2018.12.16
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7811人
該当致しました

TOPに 戻る