ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム 政治・経済

2014年06月24日

富岡製糸場の世界遺産登録~産業遺産の今日的意義

モノづくりの原点伝える富岡製糸場

 富岡製糸場の世界遺産への登録が決まった。近代日本の産業遺産が世界遺産に登録されるのは初めてだ。富岡製糸場は1872年(明治5年)に操業を開始し、近代産業の先駆けとなったことで知られるが、その価値は単に歴史的な「遺産」ということにとどまらず、日本のモノづくりの原点を今日に伝えるものだという点にある。日本のモノづくり復活が叫ばれている今、富岡製糸場の世界遺産登録が決まったことはたいへん喜ばしい。
 と同時に、この貴重な史跡をきちんと保存し維持管理してきた繊維メーカー、片倉工業の功績は大きい。同社は1939年に富岡製糸場の民間最後のオーナーとなって創業してきたが、1987年に操業を停止した。しかしその後、富岡市に寄贈するまでの18年間、管理事務所を置いて社員も配置し、建物と機械類の維持管理や修繕、敷地内の芝生の手入れを続けてきたという。維持費が年間1億円もかかったそうだが、それでも歴史的文化的価値を重視して「売らない、貸さない、壊さない」を合言葉にして保存してきたという。ここに日本企業の高い志が表れていると感じる。これもまた一つの産業遺産と言えるのではないだろうか。富岡製糸場を見学する際には、そうした点にも注目してほしいと思う。

来年は「明治の産業革命遺産」の世界遺産めざす

 日本政府は富岡製糸場に続いて、来年は「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の世界遺産への登録を目指している。これについては以前に本コラムで書いたことがあるが(Vol.36=2013年11月5日付け)、軍艦島の名で知られる長崎市の端島炭坑、長崎造船所、八幡製鉄所など、九州・山口を中心とする8県の28施設で構成される史跡群だ。富岡製糸場の繊維産業に対して、こちらは幕末から明治にかけての重工業の施設群だ。
 実は驚くべきことに、このうちの一部の施設は今でも稼働している。三菱重工業長崎造船所にあるジャイアント・カンチレバークレーンは1909年に建設されたものだが、タービンなど最大200㌧の大型機械を船舶に搭載したり陸揚げするため、100年以上にわたって稼動し続けている。それだけ機械を大事に使い、しっかりメンテナンススしてきたわけで、ここにも日本経済の底力が表れている。

倉敷に残る「繊維から先端産業へ」の軌跡

このように、近代化の足跡を示す産業遺産は全国各地にも多い。経済産業省は上記の富岡製糸場や九州地区の施設などを含む60件余りを「近代化産業遺産群」にしている。
 その一つに倉敷市の「倉敷アイビースクエア」がある。ここはクラボウ(倉敷紡績)の創業の地である。倉敷紡績がここに紡績工場を設立したのは、富岡製糸場操業開始から16年後の1888年(明治21年)で、1973年まで操業していた。操業停止後に複合観光施設として再生され、現在ではホテルを中心に記念館、展示館、散策コースなどがある。
 アイビースクエアには、創業当時からのレンガ造りの工場建屋や外壁がそのまま残されていて、ホテルなどの一部として使われている。アイビーという名前の通り、ツタの葉と枝が建物の壁面全体を覆い、歴史を感じさせる施設だ。倉敷は古い蔵屋敷や街並みが残っていることで有名だが、アイビースクエアはそうした周辺の景観や雰囲気とも調和しており、多くの観光客が訪れている。
 倉敷紡績はここを中心に繊維メーカーとして発展を遂げ、日本の近代化に大きな役割を果たした。また同社から枝分かれして大正年間に設立された倉敷絹織(現・クラレ)は化学繊維事業で培った技術をもとに、今では液晶ディスプレー用偏光板の主材料となる光学フィルムでは世界市場で80%のシェアを占める存在になっている。アイビースクエアには、このような明治の近代化から今日の最先端産業に至る歴史が詰まっている。
 これらの近代化産業遺産は決して「過去の遺産」でもなく、昔の日本を懐かしむ場所でもない。産業遺産を見ていると、日本経済と日本企業がたどってきた道をしっかり認識することができ、底力を感じる。それは、未来につながるものなのである。安倍政権は日本経済再生を目指して成長戦略を策定したが、こういう時こそ、先人の残してくれた産業遺産に目を向け、それを受け継いでいくことが日本経済の今後の成長につながるのだと思う。

岡田晃

岡田晃

岡田晃おかだあきら

経済評論家

1947年、大阪市生まれ。1971年に慶應義塾大学を卒業後、日本経済新聞社へ入社。記者、編集委員を経て、テレビ東京へ異動し、「ワールドビジネスサテライト」のマーケットキャスター、同プロデューサー、テレ…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。