ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム モチベーション

2021年11月15日

実録インタビュー“リモート環境で働いて思うこと”(前編)

第8回「実録インタビュー“リモート環境で働いて思うこと”」(前編)

今回は、あるイベント企画系企業で営業職として働くAさん(32歳)にインタビューをしてみました。Aさんの会社は社員数約20名。コロナ禍以前は本社が都内にあり、当然毎日そこへ出社して業務を遂行していましたが、コロナをきっかけにリモートワークとなり、いまはオフィスも解約して、拠点は都内数か所のシェアオフィススペースを活用しています。実際にリモート環境でここ一年半あまり働いてきたAさんの、生の感想を聞いてみたいと思います。

実録インタビュー

川村透
川村透
コロナ禍になって、出社のペースはどのくらいになりましたか?
週に二日くらいです。
Aさん
Aさん
川村透
川村透
では主にご自宅で仕事はされている?
はい。自宅のリビングでしています。
Aさん
Aさん
川村透
川村透
リモート環境になって、やりにくさなど感じているところはありますか?
仕事の遂行においては、社内ITの技術やサービス、また情報の共有などを図ったので、あまりありません。自宅環境面においては、細かい点ですが座りやすいクッションやパソコンの台、ライトなどを用意しました。また家に家族もいるので、オンライン会議中などは外してもらったりなど、何とかやりくりしています。
Aさん
Aさん
川村透
川村透
逆にやりやすいところは?
私の場合、もともと片道1時間かけて出勤していたので、それがなくなったのは大きいです。また会社でコールセンターを導入してくれたので、時間的な効率は高まったと思います。
Aさん
Aさん

(※コールセンター:受付代行サービスのようなもの。かかってきた電話の要点をまとめ、担当に連絡してくれる)

川村透
川村透
リモートワークになって、会社の売上は伸びましたか?
売り上げに関してはコロナ禍ということもあり一概には言えないですが、リモートワークによって悪くなっていることはないです。
Aさん
Aさん
川村透
川村透
上司からすると、仕事の様子がみえないのは不安に感じると思うのですか、どのような形で進捗報告などをするのですか?
営業職なので日々の数字の進捗状況が1番の報告になりますが、Googleのスプレッドシート機能でExcelシートを社内共有してそれぞれの進捗状況を報告しています。打ち込みがリアルタイムで反映されるので便利です。あとはTeamsのチャットを利用したり、また毎朝5~10分だけでも朝会という形で部署単位のオンラインミーティングの場を設け、そこで日々出来事の報告をしています。
Aさん
Aさん
川村透
川村透
リモートでいると、自分が所属している組織、という意識が希薄になると思いますが、そのあたりはいかがでしょう?
所属意識の中でも、仲間意識という意味ではやはり毎日顔を合わせて働けていないので前よりは希薄に感じる部分はあるかもしれません。ただ組織への信頼度という意味では、リモートワークへの移行も簡単ではない中で、社員のことを考え柔軟に働き方をシフトしてくれた会社への感謝はとても感じていますし、それに応えたいという気持ちも大きくあります。
Aさん
Aさん

前編まとめ

私の個人的な興味は、Aさんの会社のように、これまで毎日同じ場に集まって仕事をしていた業務が、各社員が物理的に離れたリモート環境下において今まで通りできるかということでした。
意外だったのは、「業務の遂行においては大した影響はない」ということです。Aさんのような営業職では、元々仕事の性質が「自己完結型」であったということもありますが、少なくともモノづくりの現場や、その場にいないと仕事が進まない業態以外は、ズームなどのオンライン会議ソフト、またグーグルのファイル共有システムなどをうまく活用することにより、プレコロナ時代と同等あるいはそれ以上の効率で、仕事をすることができるようです。そしてここで大事なのは、何か新しいシステムを作るのではなく、いまあるものをうまく使いこなす、という発想です。いまは無料で利用できるものもたくさんありますので、セキュリティ面などをしっかり検討して利用するのがよいでしょう。

部下への信頼が、社員の自主性と会社への忠誠心を育てる

また、リモート環境になると、直接会社のメンバーや上司と触れ合う機会が極端に減ります。何をもって「この組織で働きたいか」という動機になるのか、という点が疑問でしたが、Aさんの最後の回答にそのヒントがありました。Aさんは「リモートワークへの移行も簡単ではない中で社員のことを考えて柔軟に働き方をシフトしてくれた会社への感謝」があり、それに対して応えたいという気持ちがあるとコメントしています。
ここからわかることは、働く人が働きやすい環境を整えてあげること、それが社員の忠誠心につながるということですね。上の人間の考え方が古いままだと、出社せよ、報告せよ、とある意味社員をできない子どものように扱い続けますが、社員を信頼し思い切って舵を切ることで、社員の自主性も育ってくるのです。

(後編に続く)

川村透

川村透

川村透かわむらとおる

川村透事務所 代表

「ものの見方を変える」という視点の転換を切り口に、モチベーションアップ、チームビルディング、リーダーシップ、コミュニケーション、問題解決など様々なテーマで講演、研修を行う。自身の体験と多くの研修・講演…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界21年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。