2016年09月05日

顔ヨガでポジティブになる!

「最近のあなたは悩み事がなくていいよね」

昔から私をよく知る友人に最近言われた一言です。そして彼女が付け加えた言葉が「数年前までは不幸のどん底にいるような疲れた表情ばかりしていた」でした。

以前の私はネガティブな性格で、友人と会ってもいつもグチや悩み事の相談ばかりをしていました。それが友人たち曰く、顔ヨガを始めて表情が明るくなってからは、あまり相談事をしなくなったようなのです!?

顔ヨガは、表情筋一つ一つを意識し鍛えることで、見た目の印象をアップし、表情をより豊かにしていきます。それによって笑顔が作りやすくなり、自然と笑っている表情が身に付いていきます。顔の動きとしては口角を上げたり、表情筋を外に開く動きをよくするのですが、それが私にとって意識を外に向け、ポジティブに思考を変えるキッカケになっている実感があります。
周りから見ても、表情はもちろん、思考や態度も自然に変わっていたのですね。

btoa_mamada

心理学者ダニエル・カーネマンによれば、鉛筆を口にくわえて笑顔のような状態でいるとポジティブな表現が多くなるといった「笑顔の効果」が証明されています。顔と思考はつながっています。私の顔と思考の変化も、納得がいきました。

受講者の皆さんからも「気持ちが上がってきた」「前向きな気持ちになれてきた」「顔を緩めたら思考のこだわりも取れてきた」「頭が冴えてきた」「視野が広がった」など、たくさん喜びの声を頂いています。

どんなに優秀な方でも多忙な毎日を過ごしていると疲労がたまり、口角が下がり、疲れ顔になる傾向があります。気持ちも弱くなりネガティブ思考になったり、正しい判断ができないほど心に余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。そんな辛い時期こそ顔ヨガをすると気持ちが楽になり、疲れを和らげてくれます。
最近、地方講演が多くなり、ほとんど寝ないで移動したり、2講演を続けて行うなどハードな仕事をしていても、私が疲れていないように見えるのもそのせいかもしれません!

皆さんも落ち込んだ時、悩んだ時こそ、頬を上げてニコッと笑ってみてください。それだけで、前向きな自信が沸き起こってくるかもしれませんよ!