2017年03月01日

お客さまの「お買物の秘書」になろう

今月は顧客に対しての心構えの真髄。
それはズバリお客さまの「お買物の秘書」になろうです。

本題の前に“セールスの心構え”のおさらいをします。
先月は「気配りのボールを投げよう」でした。
お客さま一人ひとりに合わせた「プラスアルファーの心遣い」のボールを投げつづけましょう。
これは顧客づくりの根幹です。

では今回の本題です。
私たちは営業マンであり、店頭の販売員であり、
でも本質はお客さまのお買い物の「秘書役」であると考えます。
社長秘書であれば、社長の役に立つよう日々働くでしょう。
それと同じ気持ちでお客さまと接してみてはいかがでしょうか。

特に大切なことは、接客の中から「五感」でお客さまが出している
様々なシグナルなどに気付かねばなりません。
そして、言語の無い言葉があることも忘れてはなりません。

お客様の要望をしっかりお聞きし、
担当商品のプロフェッショナルとしての商品説明をハッキリ述べることが大切です。
時によっては他社製品への意見を求められる事もあります。
そのような際にも自分自身の意見をしっかり述べましょう。

担当商品に関する全ての相談相手を目指します。
私自身、この参考意見に対しお客さまが喜んでいただく事が多々御座いました。
これは大きな信頼をいただいた証拠なのではと思うようになり、
「これからはどうぞ私を『お買い物秘書』とお思い下さい。」と話しました。

「私の気持ちを良くわかってくれて有難う。」
その一言をいただけるのが最高の秘書役ではないでしょうか。

人間はさまざま商品にかこまれて生活が成り立っています。
ご自身の担当商品における結びつきで顧客との関係が成り立っているのだと思います。
お客様の「秘書役」として認知いただくことが皆様にとって更なる飛躍になるのではないでしょうか。

どうぞ、沢山のお客さまの「秘書役」を目指し、精進されて下さい。