ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム ビジネス

2020年08月03日

営業パーソンの皆様への応援メッセージ(3)

今回のテーマ『今、何をするべきか!・パート3』

今回のテーマは
新型コロナウイルス蔓延時における営業パーソン
『今、何をするべきか!・パート3』について提案いたします。

現況把握

昨今の新型コロナウイルス感染症については、東京都では4日連続で感染者200人越えとのことでした。そして同様に都内近県も感染者が増加傾向にあり、なかなか終息の兆しは見えませんね。

そして、再び<緊急事態宣言>が発出もありえるのではと心配しております。

様々な業界の現役の営業パーソンの方々からも現況は聞いておりますが、本当に先が見えないので皆さん心配しています。

この事態を切り開いていく為に何をやらなければならないか!
ご一緒に考えてみましょう。

前回のおさらい

本題の前に前回のおさらいを致しましょう。
コロナウイルス感染症についての現況把握。そして蔓延時における営業パーソン『今、何をするべきか!』

今しか出来ない手間ひまのかかることをしよう!・・・・・パート2
<顧客情報の整理整頓・項目さまざま>の重要性!

  • 氏名(ご主人様・奥様)
  • 住所
  • 電話番号(ご自宅・携帯電話)
  • メールアドレス
  • 生年月日(ご主人様・奥様)
  • 出身校(ご主人様・奥様)
  • 出身地(ご主人様・奥様)
  • 職業(ご主人様・奥様)
  • ご趣味(ご主人様・奥様)
  • お好きな食べ物(ご主人様・奥様)

上記の情報の重要性を詳細に一つひとつ解説いたしました。

今回は
『今、何をするべきか!・パート3』について提案いたします。

今しか出来ない手間ひまのかかることをしよう!パート3

下記の情報の重要性について勉強いたしましょう。

・お子様の氏名・お子様の生年月日・お子様の出身校

*上記の情報の重要性
親子二代にわたるご縁をいただく為には大切な情報です。ややもすると後回しになりそうですが、お子様情報は会話の中や商談の味付けには大切な要素ではないでしょうか。生年月日、誕生日などの記念日に大きなお買い物をしてくださる事も多々ありますね。バースデーカードなどのご用意はいかがでしょうか?それから出身校も話題で盛り上がる項目です。

・お孫様の氏名・お孫様の生年月日・お孫様の出身校

*上記の情報の重要性
何気ない会話からの情報収集が自然体ですが、話題づくりから仕掛けていくことも大切ですね。ご夫妻にとってお孫様は可愛くてしょうがない存在です。小さなお孫様だと生年月日がわかると、「○○日が来ると○○さまはもう○歳ですね」などと申し上げると喜ばれる事、間違いないです。
入園、入学、卒業などなど折々にお祝の言葉は大切な絆づくりのベースになることでしょう。

・ご両親様氏名・ご両親様生年月日・ご実家住所・ご両親様の出身校

*上記の情報の重要性
ご両親様の情報も大切な情報です。特に節目の年は話題になりますね。
商談の際の入手情報を整理しておいて、お客様に喜んでいただけるように
行動いたしましょう。

還暦(60歳)古希(70歳)喜寿(77歳)傘寿(80歳)米寿(88歳)卒寿(90歳)白寿(99歳)百寿(100歳)

・記念日(結婚記念日・お身内の命日・会社創立記念日・開院記念日・ペットの誕生日また命日)ほか

*上記の情報の重要性
これらの情報は、コツコツと集積しないと得られない金の情報です。しっかり情報を整理整頓して最大限生かす準備をしておきましょう。そして、普段から様々な記念日をしっかり把握して、その都度アプローチをされてお客様に喜んでいただけるようにしていきましょう。特に命日の話題はお客様との潤滑油です。例「今日○○日はお父上様の月命日ですね。」など、お客様の秘書役として、また良き相談相手となることが何より重要ではないでしょうか。

まとめ

夜明けが来ない日は無いと申します。
長期にわたりコロナウイルスと共存して行かなければならないと思います。
今後の営業スタイルは、ご承知のとおりコロナウイルス以前とは大きく変化しております。そして直接の面会がかなわない中、ますます顧客情報の収集が難しくなるのではと想定しますので、些細な情報もきちっと整理整頓して気配りの情報発信に使いましょう。

セールス職の皆さまを常に応援いたしております。

伊吹晶夫

伊吹晶夫

伊吹晶夫いぶきあきお

三越伝説のトップ外商

百貨店「三越」伝説のトップセールス外商。 31歳の時に、社員1万3000人の中で初めて売り上げNo.1の座に就き、42歳以降は2位と圧倒的な差を付け、常にトップセールスを誇る。45歳には、最年少で紳…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。