加藤哲夫加藤哲夫かとうてつお

TKO 代表/ 東レ経営研究所 特別研究員/ 元ソニーエンジニアリング社長

加藤哲夫

お問い合わせ 候補に入れる

1979年エンジニアとしてソニーに入社。ソニーアメリカバイスプレジデント等を経て、2006年ソニーエンジニアリング社長に就任。社長在任中に直面したリーマンショックではソニー本体の業績悪化の中、子会社社長として従来業務の収益化と新事業創造に積極的に挑戦し、危機を乗り切った。

特に新事業創造においては「技術ベースではなく市場の求めるものを生み出す」という戦略で、従来の電機業界だけでなく、エンタメ、教育、シニア(介護)、防災といった新たな業界に積極的に進出。当時としては画期的なデジタル教科書や、高度な無線技術を応用したコンサート用ペンライト等、IoT時代の先駆けとなる数々のヒット商品・収益源を生み出し、子会社社長として700名の社員と会社を守り抜いた。

講演では、ICT、IoTによって激変するビジネス環境において企業に求められる新事業創造とイノベーション、またそれを実現するためのマネジメント力を中心に、インダストリー4.0をチャンスに変える方法を伝える。

出身・ゆかり

専門分野

企業経営/新規事業/IoT/ものづくり技術/マネジメント/リーダーシップ/働き方改革・生産性向上/SDGs/インダストリー

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1979年
慶応義塾大学院 管理工学研究科 修士課程終了 
1979年
ソニー(株)入社  
システム開発及び 業務改革 プロジェクトマネジャ― を担当 
1998年
ソニーアメリカ バイスプレジデント就任、
ソニーチャイナ 薫事 (携帯電話カンパニー)兼務 
2003年
ソニーEMCS(株)マイクロデバイスセンター長就任 
2006年
ソニーエンジニアリング(株)代表取締役社長就任 
2015年
TKO代表
国立大学法人 琉球大学工学部 非常勤講師
(株)岡村製作所 プロジェクトアドバイザー 
2016年
東レ経営研究所 特別研究員 
2017年
国立大学法人 名古屋工業大学 非常勤講師
中央大学大学院 ビジネススクール 非常勤講師 

主な講演テーマ

IoTによるインダストリー4.0のインパクトとチャンス

ジャンル
IoT/インダストリー4.0/イノベーション/企業経営
聴講対象者
企業経営層

5G時代に突入し、ICT、IoTによる社会環境の変化は加速しています。これまで想像しえなかった異業種からの参入が各業界で起きており、経営者が気づく頃には自社事業を喪失してしまうようなことも。既存事業が危機にさらされる一方で、IoT、インダストリー4.0は大きな可能性を秘めています。本講演ではインダストリー4.0の本質と危機感を共有しつつ、それをチャンスに変えるための経営について、新事業開発、イノベーション、多様性(ダイバーシティー)、マネジメントに求められる役割といったポイントに触れながらお伝えします。

新事業創造と成功の秘訣

ジャンル
新規事業
聴講対象者
企業経営層/新事業開発担当者

企業と経営者にとって最も重要且つ困難な仕事は新事業開発です。新事業は7%しか成功しないとされる一方、成功すれば100倍のリターンがあるとも言われています。私の新事業開発のきっかけは、リーマンショックによるソニー(株)の業績悪化の中、子会社の社長として社員と会社を守るためには、従来業務の収益化のみならず、新事業開発による新たな収益源を生み出す必要に迫られたことにあります。この挑戦は単に収益源を生み出すだけでなく、結果的に社員の成長やモチベーションアップにも大きく寄与しました。こうした実体験を交え、新事業創造を成功させるためのポイントとプロセスを体系立ててお話しします。

マネジメントに求められる生産性向上と人材育成

ジャンル
働き方改革/生産性向上
聴講対象者
管理職

会社にとっても個人にとっても働き方改革=生産性向上です。そもそもマネジメントの2大ミッションは生産性向上と人材育成であると言っても過言ではありません。そして生産性向上のためには人材育成が一番。日本、アメリカ、中国でのマネジメント経験を交え、生産性向上と人材育成のポイント、そのためにマネジメントに必要な能力の向上についてお話しします。

SDGsからの事業創造と生産性向上によるこれからの企業経営

ジャンル
SDGs/働き方改革/生産性向上/新事業開発/企業経営
聴講対象者
企業経営層/新事業開発担当者

企業にとって新たな懸念の1つは、企業の成長を抑制する様々な課題が露呈してきたことにあります。こうした課題を解決するために国連サミットではSDGsが採択されました。これからの企業の成長には、生産性向上と顧客創造など社会的イノベーションが求められます。
またSDGsの8番目の目標は「働きがいも 経済成長も」ですが、日本でも昨今「働き方改革」が注目されています。働き方改革=生産性向上であり、それを実現するための最も重要なポイントは人材育成にあります。
生産性向上、SDGsからの事業創造、その際のキーワードとなるオープン・イノベーションの観点からこれからの企業経営についてお話しします。

研修内容

社長が実践した強い組織をつくるマネジメント技術

ジャンル
リーダーシップ/マネジメント/生産性向上/人材育成
聴講対象者
現役マネジメント/次世代マネジメント

マネジメントは勘や経験のみならず技術でもあります。まずはマネジメントの基本を体系立てて理解する必要があります。私が社長に任命された際、自身のマネジメント力を再確認する上で、マネジメントに関する本を100冊以上読み直した結果、実は多くの本が同じことを伝えていることが分かりました。そこでこれらを体系立て理解しやすい形にまとめ自ら実践してきました。基本を理解していれば、より良いマネジメントが実践でき、部下が元気に力を発揮できるようになります。自身の社長経験も交えつつ、世の中の流れを反映させた内容のマネジメント研修です。

<講座内容(一例)>
 ※研修時間は各テーマ講義90~120分+ディスカッション120分の計3.5〜4時間を想定
第1回 リーダーシップとマネジメントの違い、マネジメントに必要な能力の向上
 (チームメンバーが働く意義/人は共感で動く)
第2回 「生産性向上と人材育成」がマネジメントの2大ミッション
 (2大ミッションを達成すれば、誰からもマネジメントとして認められる)
第3回 マネジメントはVICTORY 明確なVisionと経営の3要素
 (組織が成果を出し続けるための要件を知る)
第4回 問題解決できる上司になるためのコツ
 (問題解決能力で上からも下からもあなたの評価が決まる)
第5回 4大経営資源「人、カネ、モノ、情報」の本質を知る
 (経営資源を有効に使える人は、その中身を良く知っている)
第6回 組織はマネジメントの鏡、あなたの人格が組織風土になる
 (部下は複数の目で、いつもあなたを見ている/組織風土改革)
第7回 判断に困った時の経営理念、新規事業への挑戦
 (上司を味方につける/部下の元気を引き出す決断の仕方とは)
第8回 働き方改革の本質と実質生産性向上のヒント
 (生産性向上による働き方改革実践が最も近道/マネジメントの10ヵ条)

主な実績

講演実績

(株)リクルートマネジメントソリューション/東京中小企業家同友会/(株)東レ経営研究所 次世代経営者育成塾/(株)岡村製作所/(株)ノジマBGW/国際P2M学会 秋季大会基調講演/東レ(株)グループ経営スクール/国立大学法人 名古屋工業大学/沖縄女子短期大学/ 東レ(株)関係会社営業役員会/東京慈恵会医科大学病院/その他

研修実績

ソニー(株)関連会社 (株)BIP (株)ノジマBGW (株)オカムラ

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

芸能人、アスリート、著名ビジネスマンなど有名人へのご依頼にも強い講演依頼.comは、「講演会から得られる成果」を最も大切にしております。そのため、私たちは講師の講演内容を把握・蓄積し、お客様が思い描く講演会にぴったりの講師をご提案しております。

現在の
登録講師数
7904
2019.02.22
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7904人
該当致しました

TOPに 戻る