高木圭二郎高木圭二郎たかぎけいじろう

フリーアナウンサー/ スピーチ講座トークレスキュー代表

高木圭二郎

お問い合わせ 候補に入れる

元茨城放送アナウンサー兼ディレクター・報道記者。ラジオ局で18年半活動。高校野球サヨナラホームラン実況、報道ドキュメント脚本・演出(文化庁芸術祭賞受賞)震災報道、原子力関連取材も経験。
重圧下の話し方・伝え方、職場コミュニケーションなどを軸に講師活動を展開中。

出身・ゆかり

専門分野

アナウンサー/話し方・伝え方/コミュニケーション/モチベーション/マネジメント/重圧対策/スポーツ実況/ディレクター/報道/ラジオ

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1995年
法政大学社会学部社会学科 卒業
テレビ業界(仙台・東京)勤務(1995ー1996年) 
 
茨城放送 入社(ラジオ局)アナウンサー兼ディレクター職
主に報道・スポーツの分野で18年半のキャリアを重ねる。 
 
●アナウンサー実績 
報道・スポーツの分野を中心に活動。
高校野球茨城大会実況は10年以上担当。
2013年は決勝サヨナラホームランの瞬間を伝える。
2014年は衆議院選挙特別番組の総合キャスターを担当。
ラジオパーソナリティとして、情報番組、音楽番組、バラエティ番組のほか、各種司会も多数担当。 
 
●ディレクター実績
ラジオ報道ドキュメント2作品で脚本・演出を担当。
茨城県東海村の原子力事情を伝える作品では文化庁芸術祭賞と日本民間放送連盟賞のダブル受賞。
特攻兵器桜花をテーマにした終戦70年特番は第12回日本放送文化大賞ノミネートとなる。 
 
●報道記者実績
2011年から茨城県庁、茨城県警、水戸市、日立市の記者クラブに4年間所属。 
地方行政、事件、事故、裁判、選挙等の取材、東日本大震災・鬼怒川水害など災害報道や東海第二原発内の取材も経験する。 
 
■ 受賞歴(脚本・演出)
・「報道特別番組 原子力50年ある村長の決意」 
2013 年放送。茨城県東海村の原子力事情を伝える報道ドキュメント
文化庁芸術祭賞ラジオ部門優秀賞・日本民間放送連盟賞ラジオ報道部門優秀賞(ダブル受賞)

・「721(ナナフタヒト)-語りつぐ特攻兵器桜花-」
2015年放送 。特攻兵器桜花の元搭乗員の証言を伝える終戦70年特別番組。
第12回日本放送文化大賞ノミネート(ラジオ・グランプリ候補番組) 
2015年
茨城放送 退社 
2017年
スピーチ講座「トークレスキュー」運営開始。
水戸・東京の二拠点で、話し方・伝え方、スピーチ時の重圧対策、職場コミュニケーションなどをテーマに講師活動を展開中。
フリーアナウンサー、水戸市男女平等参画推進委員としても活動している。 
 
【資格等】 
日本ライフセービング協会認定/ベーシックサーフライフセーバー/フルマラソン11回完走/水戸市男女平等参画推進委員(2016年8月委嘱) 

主な講演テーマ

聞き手の心を動かす
元ラジオ局実況アナの説明力講座

ジャンル
ビジネス/研修/人材育成/コミュニケーション/リーダーシップ
聴講対象者
経営者/管理職/中堅社員/職場リーダー/広報担当者/営業担当者

高木圭二郎の講演テーマ画像1 ビジネスの現場で「説明力」が重視される時代です。業績や生産性に直結する説明力とともに、共感を生む説明力や、聞き手の心を動かす説明力までも求められる時代です。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者として18年半勤め、高校野球実況も10年以上担当しました。
映像の無いラジオ実況では音声だけで状況を説明し情熱をも伝える力が求められます。
いわば「絵を伝える」説明のスキルです。元ラジオ局実況アナならではのこのスキルを皆様と共有し、皆様のビジネスの現場で貢献したく考えています。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.ラジオ局のアナ・ディレクター・報道記者の兼務歴 
2.説明下手は損をする?ビジネスで必須の説明力 
3.仕事に役立つアナウンサーの話し方・伝え方 
・アナウンサーの基本ワザ
・説明に役立つボイストレーニング(体験)
4.分かりやすく伝える話の組み立て方
5.心を動かす説明とは 放送現場の実例集 
6.「説明力」の重要性 相乗効果の創出へ

ビジネスの質問・会話に強くなる
元ラジオ局実況アナのインタビュー術

ジャンル
ビジネス/研修/コミュニケーション/人材/営業/社内活性化/新入社員
聴講対象者
管理職/中堅社員/職場リーダー/若手新入社員/採用担当者/営業担当者

高木圭二郎の講演テーマ画像2 会議、名刺交換、商談、採用など、あらゆる場面で「質問力」や「会話力」が求められます。しかし業務上の質問や会話は自然に覚えるものとされ専門的に教えるプロは少ない状況です。
この講演・研修ではビジネスの質問力・会話力向上の一環として、放送現場のインタビュースキルを体験型ワークとともにお教えします。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者として18年半勤務しました。この間、政治家、著名人、スポーツ選手、アーチストの方々などに無数のインタビューを重ねています。
インタビューのスキルは人材育成の面だけでなく、人脈構築、社内活性化などにも役立ちます。放送現場の技法を皆様と共有し業務の一助になりたいと考えています。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.茨城のラジオ局で一人何役+無数のインタビュー体験
2.質問のスキル不足は業績に直結?
3.仕事に役立つインタビュー技法 
 ・ヒーローインタビューの基本形(ワーク)
4.信頼獲得の集団の場の質問力
 ・記者会見インタビューの技法(ワーク)
5.心を動かす質問術・会話術
 ・名刺交換をチャンスに変える質問例(スピーチワーク)
6.信頼を築く大事な場面の質問術
 ・報道ドキュメントのインタビュー事例から

【安全大会向け】声の力で安全向上 
元ラジオ局実況アナのボイス&トーク講座

ジャンル
ビジネス/安全/チームワーク/社内活性化/コミュニケーション
聴講対象者
安全大会関係者/幹部社員/中堅社員/職場リーダー/若手新入社員/協力各社の皆様

高木圭二郎の講演テーマ画像3 元ラジオ局実況アナが「声と話力」で皆様の安全大会をより活気づける講演企画です。
講師は茨城のラジオ局で高校野球実況を10年以上担当しました。ラジオのスポーツ実況は声だけで試合の流れと熱気を伝える仕事です。講師は決勝サヨナラホームランの劇的な瞬間を伝えた経験もあります。
講演では皆様が体験できるストレッチやボイストレーニング、ミニ実況体験など、身体を動かし声を出す体験型ワークを行います。
また実況のデモンストレーションや取材・中継時の体験談などを交え、働く皆様の情熱や青春時代を想起させる工夫を重ねます。
「活気ある声」が出ている現場は、集中度があがりトラブル減少の傾向があります。
実況アナの声と話力(=ボイス&トーク)で、無事故と安全向上に貢献したく思っています

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.茨城のラジオ局でアナ・ディレクター・報道記者の兼務歴
2.活気ある声はメリット多数=声が安全度を高める理由
3.職場で使えるボイストレーニング(体験型ワーク)
 ・元気な声を出すストレッチ・呼吸法・発声練習
4.実況アナのテクニック紹介
 ・絵を伝える話法、生放送のトラブル対処法とは?
5.強豪チームに学ぶ組織力の高め方
6.トラブルを未然に防ぐ「声」の力

逆境を生かす
元ラジオ局実況アナのモチベーション管理術

ジャンル
ビジネス/モチベーション/行動力/社内活性化/情熱
聴講対象者
管理職/人事総務担当者/中堅社員/職場リーダー/若手新入社員/契約スタッフ 他

高木圭二郎の講演テーマ画像4 モチベーションの維持は組織力や生産性、さらには離職率にも直結します。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者として18年半のキャリアを重ねました。現場では少人数で多岐にわたる業務をこなすためモチベーション維持が必須の状況でした。
この講演・研修では長時間勤務も生じやすい放送現場でのモチベーション管理法や、取材を通じて知った強豪チームや重責を担う方々の意識の持ち方なども紹介します。
情報共有を通じ皆様の職場のモチベーション向上の一助になりたく思っています。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.多忙な現場のモチベーション問題とは
2.逆境はどこまで耐えられる?
 ・モチベーション悪化が招く負の連鎖
3.ニュースアナ・実況アナ視点のモチベーション管理術
 ・定時ニュース、実況練習が効いた理由 
 ・ボディワークとボイストレーニングの即効性(体験型ワーク)
4.取材で知ったトップチームのモチベーション実例集 
5.報道ドキュメント制作・災害報道での使命感
 ・チーム力を最大化する具体的手法と実例集
6.逆境を生かすモチベーション活用法
 ・相乗効果とトラブルの未然防止へ

重圧からこころを守る
元ラジオ局実況アナのメンタル管理術

ジャンル
ビジネス/メンタルヘルス/ワークライフバランス/安全/コミュニケーション
聴講対象者
管理職/人事総務担当者/中堅社員/職場リーダー/若手新入社員 他

高木圭二郎の講演テーマ画像5 職場のメンタルヘルス問題は大きな社会問題となっています。
職場環境の維持もより高いレベルで求められる時代になりつつあります。
この講演・研修ではアナウンサーのメンタルマネジメントの事例などを交え、働く皆様のレジリエンス(回復力)強化につながるヒントをご提示します。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者として18年半勤務し、報道やスポーツ中継の現場で、長年にわたりさまざまな重圧を経験しました。
1万人規模の球場での高校野球実況やインタビュー、一分一秒を争うニュースの仕事も幾度となく経験しています。
メンタルヘルス問題と向き合う皆様と放送現場の情報を共有し、働く皆様のこころを守るお手伝いができれば幸いです。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.ラジオ局での重圧体験=1万人規模の球場の重圧
2.職場のメンタルヘルス未対応は危機に直結?
3.重圧下でも力を出すアナウンサーのテクニック
 ・緊張をほぐす準備法とボディワーク(体験)
4.脳科学に学ぶ放送現場のメンタル管理法
 ・アナウンサーは緊張する?脳科学の研究事例紹介
5.放送現場のメンタルサポート実例集
 災害報道、報道ドキュメントの事例紹介
6.メンタルヘルス問題は未然防止の視点から

元ラジオ局アナ兼報道記者が教える
組織を守るメディア対応術

ジャンル
ビジネス/研修/マネジメント/コンプライアンス/コミュニケーション
聴講対象者
経営者/管理職/広報担当者/人事総務担当者/中堅社員 ほか

高木圭二郎の講演テーマ画像6 記者会見などでのメディア対応力が必須の時代になりつつあります。各種報道発表の際のメディア対応や、事故や不祥事でのインタビューの良し悪しで組織の風評はネットを通じて一気に拡散する時代となりました。
この講演では取材者視点での実例紹介を交え適切なメディア対応のスキルを伝授します。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者として18年半の経験を重ねました。報道記者としても記者クラブに4年間在籍し、各種報道発表や事件・事故・不祥事などの記者会見も連日経験してきました。
「記者は何を聞き、何が記事になるのか、組織を守るにはどう対応すべきか」などの基本概念や具体例を多数紹介します。
いざというときに皆様の組織を守るメディア対応力の一助になりたく考えています

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.茨城のラジオ局でのアナウンサー・ディレクター・報道記者経験
2.メディア対応のミスが組織全体の致命傷に?
3.必ず聞かれるインタビューの基本パターン
4.誠意が伝わるアナウンサーの話し方・伝え方
5.報道記者の取材事情とは
6.インタビュー現場の実例集
 ・囲み取材・ぶら下がり会見とは?
7.組織を守るメディア対応力について

チーム力を最大化する 
ラジオ局アナ兼ディレクターのファシリテーション術

ジャンル
ビジネス/研修/組織力/問題解決/コミュニケーション/ファシリテーション
聴講対象者
管理職/幹部職員/中堅社員/職場リーダー/人事総務担当者ほか

高木圭二郎の講演テーマ画像7 ファシリテーションのスキルが重視される時代です。特に少人数のチームでは情報共有・意見促進・合意形成のファシリテーション過程がモチベーションや組織力、生産性に直結します。
講師は18年半のラジオ局勤務でアナウンサー、ディレクター、報道記者を兼務しました。
ディレクターとして報道ドキュメント番組2作品で脚本・演出の制作実績と受賞歴があります。ディレクターの業務はファシリテーションの要素が多々含まれます。スタッフの力を最大化することが目的だからです。
この講演・研修では主にディレクター・報道記者視点で放送現場のコミュニケーション実例やファシリテーション技法を紹介します。講師ならではの番組制作時のファシリテーションスキルを皆様と共有し、職場環境作りの一助になりたい考えています。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.ラジオ局アナ・記者・ディレクターの兼務歴
2.番組制作とファシリテーションの関係性
3.放送現場のファシリテーション要素
4.プロの取材術・インタビュー術
 ・ファシリテーションに生きる情報収集術
 ・非言語情報の重要性
5.ディレクター・報道記者の情報集約術
 ・時間内でニュースを集約する手法とは?
 ・スポーツ中継、災害報道の実例から
6.チーム力を最大化するために
 ・ファシリテーションと情報共有の重要性
 ・報道ドキュメント制作実例から

職場のブラック化を防ぐ
元ラジオ局実況アナの情報共有術

ジャンル
ビジネス/研修/安全/組織力/社内活性化/メンタルヘルス/コミュニケーション
聴講対象者
労組担当者/人事総務担当者/管理職/中堅社員/職場リーダー/若手新入社員

高木圭二郎の講演テーマ画像8 職場環境維持が以前より高いレベルで求められています。働き方改革の流れで長時間労働、モラハラ・パワハラなど職場のブラック化問題は看過できない社会問題となっています。
講師は茨城のラジオ局でアナウンサー・ディレクター・報道記者の兼務を経験しました。
少人数体制ゆえ緊急取材や災害報道など長時間勤務が慢性化する現場でしたが、スタッフ間の情報共有やコミュニケーションの工夫などで大幅なタスク削減や経費削減、生産性アップの実例も多々ありました。
この講演・研修では講師の放送現場の実例紹介を交え、職場環境をより良くするヒントをご提示します。皆様との情報共有で職場トラブルの未然防止につなげたいと考えています。

■ 講演・研修例 90~120分(ワーク等で調整可能)

1.放送局は「一人何役」=放送現場の実情とは
2.職場ブラック化のリスクとは?
3.過重労働を止められない事情とは
4.取材現場の労働事情の変遷
・危険な災害報道は過去のもの?
5.アナウンサー視点の会話術
・ミニ・ボイストレーニング(体験)
6.ディレクター視点の情報共有術
・適材適所を引き出すディレクターの会話術
・大事なメッセージを伝える1対1視点(ワーク可)
7.コストで考える職場環境問題
・トラブルの未然防止が組織を守る理由

研修内容

アナウンサー視点のプレゼン研修

ジャンル
研修/ビジネス/プレゼンテーション/コミュニケーション
聴講対象者
中堅社員/若手新入社員/広報担当者/営業担当者/採用担当者ほか

高木圭二郎の研修テーマ画像1 元ラジオ局実況アナによる1日完結型のプレゼン研修です。
プレゼン力の向上は情報集約力、情報発信力、交渉力、モチベーションアップに直結します。このプログラムではメディアの技法やアナウンサーの話法をプレゼン研修に転用しています。実践的な体験型ワークと実践を通じ、受講者様のスキルアップと組織の活性化を図ります。

■ 進行プラン 1日研修=7ー8時間(アレンジ可能) 

午前:レクチャー&体験型ワーク
・良いプレゼンとは?
・ターゲット設定の重要性
・話の組み立て方・構成法
・情報整理のテクニック
・3分プレゼン(グループ内)

午後:プレゼン実践中心
・3分プレゼン(全体発表・複数回)
・話法、緊張対策、非言語情報について

事前課題:ワークシート記載

■ 人数目安:10ー20人程度 
(人数増減時はワーク等で調整可)

新入社員のための話し方・伝え方講座

ジャンル
新入社員研修
聴講対象者
新入社員、若手社員

高木圭二郎の研修テーマ画像2 アナウンサーによる新入社員向けのコミュニケーション講座です。
放送の現場の話し方や言葉の組み立て方などをショートスピーチなどの体験型ワークを通じて丁寧にお教えします。新社会人育成の要素を重視した研修企画です。

研修カリキュラム例(半日3-4時間)
・職場で求められる話し方・伝え方
・ミニ・ボイストレーニング
・スピーチワーク 自己紹介
・業務で役立つアナウンス技法
・メディア現場の説明法(逆三角形・時系列法)
・ビジネス現場の説明法(PREP法・SDS法)
・非言語情報・緊張対策
・スピーチワーク・実現したい事
研修内容はアレンジ可能です

その他

・危機管理研修

・マスコミ対応力向上研修

・話し方・伝え方講座

・情報共有力向上講座

等、研修のオーダーなども可能です。

主な実績

講演実績

(2017年から講師活動始動)
・自主開催セミナー 水戸・東京 約20回以上
・第10回商工会議所によばれる講師オーディション本選出場
 (=順位決定無し・ファイナリスト)

研修実績

アナウンサー視点のプレゼン研修 / 自動車部品工業株式会社様(2018) 新入社員のための話し方伝え方講座 / 銚子商工信用組合様(2018)

ラジオ

茨城放送

新聞

茨城新聞

監督作品(ラジオ報道ドキュメント)

報道特別番組 原子力50年ある村長の決意 721(ナナフタヒト)-語りつぐ特攻兵器桜花-

脚本作品(ラジオ報道ドキュメント)

報道特別番組 原子力50年ある村長の決意 721(ナナフタヒト)-語りつぐ特攻兵器桜花-

受賞歴

2013年   日本民間放送連盟賞ラジオ報道部門優秀賞 報道特別番組 原子力50年ある村長の決意 2013 年放送。茨城県東海村の原子力事情を伝える報道ドキュメント 。(脚本・演出)
2013年   文化庁芸術祭賞ラジオ部門優秀賞 報道特別番組 原子力50年ある村長の決意 2013 年放送。茨城県東海村の原子力事情を伝える報道ドキュメント 。(脚本・演出)
2016年   第12回日本放送文化大賞ノミネート 721(ナナフタヒト)-語りつぐ特攻兵器桜花- 2015年放送 。特攻兵器桜花の元搭乗員の証言を伝える終戦70年特別番組。(脚本・演出)

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

講演依頼.comは必ず許諾を得てから、サイトに講師を掲載しております。講演会・セミナーの講師紹介は、講師との確かな繋がりを持つ講演依頼.comにお任せください。
18年間で築き上げた講師との関係性も強みです。ご相談無料!

現在の
登録講師数
7600
2018.08.21
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7600人
該当致しました

TOPに 戻る