ご相談

門田隆将

門田隆将門田隆将かどたりゅうしょう

ジャーナリスト/ノンフィクション作家

門田隆将

お問い合わせ 候補に入れる

1958年高知県安芸市生まれ。本名・門脇 護(かどわき まもる)。安芸第一小学校、土佐中学、土佐高校、中央大学法学部政治学科卒業後、新潮社に入社。週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。
週刊新潮時代は、特集班デスクとして18年間にわたって政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど、さまざまな分野で800本近い特集記事を執筆した。
独立後、“毅然と生きた日本人”をテーマに、ノンフィクション作家として次々と話題作を発表。代表作に、司法の病理を抉った『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社)、光市母子殺害事件の9年間を描いた『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』(新潮社)、NHKドラマとして話題をさらったプロ野球伝説の打撃コーチの生涯を描いた『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社)、陸軍中将・根本博の壮絶な生涯を描いた『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社)、吉田昌郎・福島第一原発所長の単独インタビューをもとにした『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の500日』(PHP)…等がある。

出身・ゆかり

専門分野

事件/司法/戦争/スポーツ/原発問題…等

ご本人からのメッセージ

歴史から事件、スポーツ、原発事故に至るまで、「毅然と生きた日本人」を テーマに幅広い分野でノンフィクションを書いています。自信を失った現代の日本人に、毅然と生きる日本人の本来の姿を思い出してもらい、自信と誇りを取り戻して欲しいと思っています。

人間、誰しも人生に一度や二度は、“マニュアルなき事態”に遭遇し、 途方に暮れることがあります。その時、その人間が持つ本来の力が問われます。上司の言うことだけを聞き、平々凡々と日々の生活を送るだけが人生ではありません。

太平洋戦争の極限の戦場で毅然と生きた指揮官や兵たち、 あるいは思いがけない事件や事故に遭遇した人々……さまざまな事態に直面した日本人の具体例から、リーダーとはどうあるべきか、また現場の人間はどうあるべきか、を問うていきます。皆さんの「向かうべき道筋」を見い出すヒントになるメッセージとなれば、と思っています。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1958年
高知県出身。中央大学法学部卒業後、新潮社入社。週刊新潮編集部に配属され、記者、デスク、次長、副部長などを経て、2008年ノンフィクション作家として独立。
デスク時代から本を執筆。事件、司法、歴史、スポーツなど幅広いジャンルで、これまで24冊の著作がある。
プロ野球伝説の打撃コーチの生涯を描いた『甲子園への遺言』(講談社)は、第16回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞し、NHKで「フルスイング」としてドラマ化(主演・高橋克実)された。光市母子殺害事件の遺族の闘いを描いた『なぜ君は絶望と闘えたのか』(新潮社)はWOWOWで同名のドラマ(主演・江口洋介)となり、文化庁「芸術祭」テレビ部門の大賞を受賞した。『尾根のかなたに』(小学館)もWOWOWでドラマ化され、文化庁「芸術祭」テレビ部門の優秀賞を受賞した。『この命、義に捧ぐ─台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』で第19回山本七平賞を受賞。
『康子十九歳 戦渦の日記』(文藝春秋)、『太平洋戦争 最後の証言』(小学館)シリーズなど、歴史物の著作も多い。90名以上の実名証言をもとにした『死の淵を見た男─吉田昌郎と福島第一原発の500日』(PHP)がベストセラーになった。 
2013年
10月 日本初の公安捜査官「実名」ノンフィクション『狼の牙を折れ─史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部─』(小学館)を出版し、日本テレビ「世界仰天ニュース」のドキュメンタリードラマとして取り上げられ話題となった。 
2014年
3月 『死の淵を見た男』に続く“福島第2弾”として、「命」とは何か、「新聞」とは何かを問うノンフィクション『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』を出版。 

もっとみる

主な講演テーマ

原発事故は日本人に何を問うたのか
極限の現場に立つ日本人の底力とは~太平洋戦争と福島原発事故から何を学ぶか~
裁判員制度が問いかけるもの
何が“袴田死刑囚”を解き放ったのか~司法制度改革から見る袴田事件~

原発事故は日本人に何を問うたのか
極限の現場に立つ日本人の底力とは~太平洋戦争と福島原発事故から何を学ぶか~
裁判員制度が問いかけるもの
何が“袴田死刑囚”を解き放ったのか~司法制度改革から見る袴田事件~

ジャンル
社会問題

歴史に学ぶ~日本人の生きざまとは~
太平洋戦争 最後の証言~真実の戦場とは~
大正世代が現代日本に遺したもの
台湾を救った陸軍中将・根本博の生き方
マニュアルなき事態に指揮官はどうあるべきか~陸軍中将根本博の場合~

歴史に学ぶ~日本人の生きざまとは~
太平洋戦争 最後の証言~真実の戦場とは~
大正世代が現代日本に遺したもの
台湾を救った陸軍中将・根本博の生き方
マニュアルなき事態に指揮官はどうあるべきか~陸軍中将根本博の場合~

ジャンル
歴史

プロ野球知られざる『諜報戦』の実態
伝説の打撃コーチ・高畠導宏の人の育て方
名選手を育てた『フルスイング』人生~伝説の打撃コーチが遺したもの~

プロ野球知られざる『諜報戦』の実態
伝説の打撃コーチ・高畠導宏の人の育て方
名選手を育てた『フルスイング』人生~伝説の打撃コーチが遺したもの~

ジャンル
スポーツ

極限の現場に立つ日本人の底力とは
毅然と生きよ、日本人
岐路に立つ日本のジャーナリズム
新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏

極限の現場に立つ日本人の底力とは
毅然と生きよ、日本人
岐路に立つ日本のジャーナリズム
新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏

ジャンル
その他

主な実績

受賞歴

2006年   第16回ミズノスポーツライター賞 優秀賞『甲子園への遺言』
2010年   第19回山本七平賞 優秀賞『この命、義に捧ぐ 陸軍中将根本博の奇跡』

その他

【ドラマ化】
・「甲子園への遺言」(NHK土曜ドラマ)
・「なぜ君は絶望と闘えたのか」(WOWOW)
・「尾根のかなたに」(WOWOW)
・「狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部」が
 2013年3月、日本テレビ「世界仰天ニュース」で再現ドラマ化され反響を呼んだ。

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8565
2019.11.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8565人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる