ご相談

秋元義彦

秋元義彦秋元義彦あきもとよしひこ

株式会社パン・アキモト代表取締役

秋元義彦

お問い合わせ 候補に入れる

1947年創業パン・アキモトの2代目社長。
長年に渡り栃木県那須塩原で地元に愛されるパン屋さんを営む一方、阪神淡路大震災の被災者の声をきっかけに「パンの缶詰」を開発。その後の新潟中越地震の復興支援で、”おいしくてやわらかい防災備蓄パン”として高い評価を受け、東日本大震災では約10万個を被災地に送り届けた。さらにスマトラ沖大地震をきっかけに、世界の飢餓対策支援として、賞味期限切れ前のパン缶を飢餓地域へ届ける「救缶鳥プロジェクト」を開始。備蓄が国際貢献につながっていく仕組みを実現させた。
また「パンの缶詰」はその安全性からNASAの宇宙食にも採用され、2009年にはディスカバリー号にも搭載された。
講演では、社会貢献事業に込める想いや、パン・アキモトの経営の秘訣について語る。

出身・ゆかり

専門分野

社会貢献型ビジネス(ソーシャルビジネス)/中小企業経営/国際貢献/CSV経営

秋元義彦からの動画メッセージ

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1953年
5月9日栃木県黒磯町(現・那須塩原市)生まれ。 
1976年
3月法政大学経営学部卒業。大学時代はアメリカ人宣教師が運営するクリスチャン学生寮で4年間生活し、その際に飢餓に苦しむ発展途上国を見て回る。
4月杉並区のパン屋・マルシャン(入所) 
1978年
5月実家である有限会社秋元ベーカリー(現:株式会社パン・アキモト)入社 
1996年
8月株式会社パン・アキモト代表取締役就任(社名変更) 
 
【役職】
那須塩原市観光協会 副会長
栃木県北パン組合 代表
一般社団法人栃木県食品衛生協会大田原支部 副支部長
一般社団法人東京ニュービジネス協議会 理事/ニッポンつながる委員会委員長
一般社団法人日本国際飢餓対策機構 ハンガー・ゼロ 特別大使
NPO法人We Can災害支援機構 事務局長
東京新聞宇都宮支部所属嘱託記者 

もっとみる

主な講演テーマ

小さなパン屋の大きな挑戦~「パンの缶詰」誕生秘話と経営の秘訣~
地域に愛され、世界に羽ばたく企業を目指して

小さなパン屋の大きな挑戦~「パンの缶詰」誕生秘話と経営の秘訣~
地域に愛され、世界に羽ばたく企業を目指して

ジャンル
中小企業経営/社会貢献型ビジネス(ソーシャルビジネス)
聴講対象者
経営者

パン・アキモトの経営の原点には「お客様の満足がなければ商売は続かない」という想いがあります。阪神淡路大震災の被災者の声をきっかけに誕生し、今や防災備蓄食としてお馴染みとなった「パンの缶詰」。防災対策、被災地支援の現場は勿論、「救缶鳥プロジェクト」を通して、世界の飢餓地域にも届けられています。またそのニーズは防災用品としてだけでなく、ギフト、ノベルティー、アウトドアの市場にまで広がっています。
社会貢献をしながら商売としてしっかり利益を生み出す仕組みを構築しているパン・アキモト。その経営の秘訣についてお伝えします。

救缶鳥プロジェクト~アキモトのパンで世界中を笑顔に~

救缶鳥プロジェクト~アキモトのパンで世界中を笑顔に~

ジャンル
国際協力
聴講対象者
一般市民

非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に参加できる「救缶鳥プロジェクト」。パン・アキモトは世界の飢餓対策支援活動に取り組んでいます。開店当時から「安心・安全でおいしいパン」をお客様に提供するという原則を守ってきました。それは義援物資として届けられるパンの缶詰「救缶鳥」においても変わりません。アキモトのパンで、世界中に元気と笑顔を広めたい。そんな救缶鳥プロジェクトのストーリーと、パン・アキモトの国際協力への想いをお伝えします。

主な実績

講演実績

上智大学/滋賀短期大学/神戸学院大学同窓会/九州キリスト災害支援センター本部事務局/玉村町立図書館/代官山蔦屋書店/黒磯那須青年会議所/岐阜青年会議所/村松商工会女性部・新潟県商工会連合会/保険サービスシステムHD株式会社/大田原法人会青年部/東北ニュービジネス協議会ふくしま支部/神奈川ニュービジネス協議会/京都CSR推進協議会/静岡新聞社・静岡放送21世紀倶楽部/日本食品機械工業会/茨城県中小企業団体中央会/山口県中小企業団体中央会/ヒューマンキャピタル研究所/TISA栃木県情報サービス産業協会/日創研/中小企業基盤整備機構 TIP*S

テレビ

TBS 夢の扉 坂上&指原のつぶれない店
テレビ東京 カンブリア宮殿
TOKYOMX とちぎテレビ 17時に夢中!
BS11 未来ビジョン 元気出せ!ニッポン!

新聞

朝日新聞 東京新聞 下野新聞 日本海事新聞 琉球新報 神戸新聞 読売KODOMO新聞 SankeiBiz

雑誌

B&C アメニティ HOT PEPPER 鐵の響き こどものための防災教室 ちゃぐりん おしごと年鑑2018 道経塾 クロワッサン 命をつなぐ防災グッズカタログ 小学生コース 3年生 エブリ情報局

WEB

Precious.jp スマートショッピング

その他

【受賞歴・その他】
●1974年
1月栃木県学校給食会会長賞 受賞/栃木県教育委員会会長賞 受賞
●1998年
7月「パンの缶詰」中国で特許取得
●2000年
4月「パンの缶詰」日本・米国・台湾で特許取得
11月第50回栃木県発明展覧会関東通産局長賞 受賞
●2001年
10月社団法人発明協会中小企業庁長官奨励賞 受賞
●2005年
12月日本経済新聞社社長賞(優良食品店部門)受賞
●2006年
3月ちいき経済賞「クリエイティブ活力賞」受賞
●2007年
2月米軍販売許可「フードインスペクション」許認可取得
●2008年
2月安藤百福賞(発明発見奨励賞)受賞
●2009年
6月「パンの缶詰」農林水産省「加工食品40選」選出
8月パン類で初の「Eマーク」認証
●2010年
2月「とちぎ産業活力大賞」優秀賞 受賞
4月「救缶鳥」商標登録
●2011年
2月「中小企業庁長官賞」受賞、8月経済産業大臣「東日本大震災被災地域の復旧・復興に向け貢献された企業」表彰
●2012年
1月栃木県「産業経済貢献賞」受賞
2月第9回企業フィランソロピー大賞特別賞「パンが運ぶ共生賞」受賞
4月 陸上自衛隊「感謝状」
●2014年
3月「日本で一番大切にしたい会社」大賞 審査委員会特別賞
●2015年
3月「がんばる中小企業・小規模事業者300社」選定
12月那須塩原「男女共同参画推進事業者賞」受賞
●2016年
9月ニッポン新事業創出大賞グローバル部門 特別賞
10月一般社団法人日本記念日協会9月9日を「救缶鳥記念日」認定
11月日本新事業創出大賞アントレプレナー部門 特別賞
●2017年
12月環境省主催「第5回グッドライフアワード」環境大臣賞最優秀賞 受賞
●2018年
11月『小さなパン屋が社会を変える 世界にはばたくパンの缶詰』 (ウェッジ出版・菅 聖子 著)においてビジネスと社会貢献を両立させる「パン・アキモト」の取り組みついて記載された本が出版

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8441
2019.10.15
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8441人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる