浅田浩志浅田浩志あさだひろし

Ri3C代表 / マネジメント・コミュニケーションズ・コンサルタント/ 米国金融・証券アナリスト(CFA)/ NHK教育テレビ 3か月トピック英会話講師

浅田浩志

お問い合わせ 候補に入れる

在米20年、米国企業第一線でマネージメントを経験してきたビジネスのベテランが、英語をコミュニケーションのツールとして使い、異文化で生き残るための手ほどきをします。巷の英会話学校や各種資格・検定対策の講座等とは異なった学習アプローチは、マネージメント研修の一環として、海外派遣・赴任者や国内で英語を使ってビジネスをする人たちに好評です。マネージメント・コミュニケーションズ・コンサルタント、Ri3C代表。異文化間コミュニケーションに焦点を当てた、企業・組織内教育、トレーニング、実践的英語教育指導、コンサルティングに従事。

出身・ゆかり

専門分野

英語による異文化間のビジネス/マネージメント・コミュニケーション/日米のマネージメント/リーダーシップ比較論/日米のマネージメン/リーダーシップ比較論

テレビ出演情報

3か月トピック英会話「体感!ニューヨーカーの会話術」 

講師として出演中!  (NHK教育テレビ、毎週火曜日23時10分~)

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
千葉大学工学部建築学科卒 
 
米国Georgetown University 経営大学院修士課程修了(MBA) 
 
米国金融・証券アナリスト(CFA)。CFA Institute 会員。ASTD(全米研修・人材育成開発協会)会員 
1994年
に米国Dow Jones Markets 本社ナショナル・アカウント・マネージャー 
2000年
米国AIG 本社 北米地区日系企業担当ディレクター 
 
現在 Ri3C (Research Institute for Cross-Cultural Communication, LLC) 代表。 

主な講演テーマ

人を動かす英語力の習得法

ジャンル
日本英語からの脱却

英語を使ってルーティーン業務を処理することができても、人をリードし、説得し、動かすことのできる英語力を持つ日本人は決して多くないのが現実です。人を動かす英語力をつけるには、まず試験対策や受験勉強では通用する「文法的に正しければよい」という考え方から脱却することが重要です。具体的には、ネイティブが頻繁に使う「自然な」英語表現、こなれた言い回しを身に着けることが必要です。また同時に、相手とのバックグラウンドや発想の違いから来るギャップを素早く感じ取り、必要に応じて情報を捕捉したり、違う言葉で言い換えたりできる感性、創造力、論理的思考力を養うことも重要です。当講演では、日本語・英語の例文の分析・比較やケースを使った考察を通して「日本英語」の限界を明らかにし、ネイティブがうなずく「人を動かす英語」を目指すことの重要性とその学習法のヒントを与えます。

海外から学ぶビジネス・マネージメントの6つのスキル

ジャンル
マネージメント・コミュニケーション

日米のビジネス・モデルを基に、日本人が英語圏で、あるいは日本国内で英語を使ったビジネス、マネージメントをする上で身に着けておくべき必須コミュニケーション・スキルを6つの領域(プレゼンテーション、会議、インタビュー、交渉、コーチング、E-mail等のメッセージ)に分けて解説します。また個々の領域に関して、文化、教育、労働市場、会社組織、雇用習慣、上司・部下の関係の違い等の切り口から考察し、人を動かすための意思伝達のポイントを理解します。人それぞれコミュニケーションのスタイルは違いますが、日本的なやり方を押し付けるとうまくいかないことは多々あります。海外赴任、派遣留学予定者、国際業務、非日系企業、人事戦略担当の方々がマネージメント上押さえておくべき基本的なスキルを確認するのに最適な講演です。

アメリカのできるビジネスマンはここが違う

人を動かすマネージメント術

研修プログラム(2日間 4日間)

聴講対象者
海外赴任、派遣留学、駐在者など

講演の目的が受講者の問題意識を高めるものである一方、研修プログラムは受講者参加型で即戦力につながるトレーニングの場を提供します。※新入社員の研修の一環として、海外派遣の適性判断のツールとしてもご利用いただけます。※TOEIC等の点数に合わせたグループ分けをし、レベルに合わせた研修も可能です。

人を動かす英語力の習得法

ジャンル
日本英語からの脱却

同名の講演の研修版。Ri3Cの開発した表現データベースから選んだ頻出表現を使った集中講座。グループのレベルに合わせて2日間で150から200程度の頻出表現の例文を紹介するのが目標。グループ・ディスカッション、プレゼンテーション(可能な限りビデオ撮影を実施)等を通じた演習。発音や研修後の学習方法などに関しても指導する。時間配分:頻出表現の演習・習得約70%*1、米国をはじめとする特に英語圏でのコミュニケーション上不可欠なトピック約30%。1研修あたり30人程度まで。

英語圏でビジネス、マネージメントをするための6つの必須スキル

ジャンル
マネージメント・コミュニケーション

同名の講演の研修版。米国をはじめとする英語圏でマネージメントにかかわる人、リーダーとして人を動かす必要のある人が理解しておくべき必須事項を様々なケースを使ってカバーする。また、マネージャーやリーダーとして使いこなせるべき英語表現の演習をする。グループのレベルに合わせて2日間で100から150程度の頻出表現の例文を紹介するのが目標。グループ・ディスカッション、プレゼンテーション(可能な限りビデオ撮影を実施)等を通じた演習。発音や研修後の学習方法などに関しても指導する。時間配分:マネージメント・コミュニケーション上の知識・テクニック約70%、頻出英語表現演習約30%*11研修あたり30人程度まで。*1研修で使う頻出英語表現はRi3C が開発した英語表現データベースが基になっており、『インパクトのある英語』(研究社)、月刊『英語教育』(大修館書店)、月刊『CNN English Express』(朝日出版社)、月刊『アエラ・イングリッシュ』(朝日新聞社)等でも紹介されています。

主な実績

講演実績

電通本社(サテライト中継にて大阪支社も)/東京海上日動本社/みずほコーポレート銀行本社/ニューヨーク日本クラブ、ニューヨーク紀伊国屋書店

テレビ

NHK教育テレビ 体感!ニューヨーカーの会話術

雑誌

CNN English Expres AERA English 英語教育

連載・執筆

英語教育 「場面別 ネイティヴの決めゼリフ/メディアに見る最新英語の流れ:インターネット時代のTime, Newsweekの読み方/テーマ別ネイティヴの表現/データから読む米国の新生児命名の傾向/使ってみよう ネイティヴの表現」

その他

<WEB>
NHK語学番組サポート・サイト「ゴガクル」にて動画コンテンツ
『浅田浩志の「ニューヨーク」直送!ネイティブの英語表現』配信

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「5年連続90%以上」獲得!お客様より高評価を頂きました。2018年は学校様、企業様、自治体様など様々な団体様より、6,500件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
7808
2018.12.10
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7808人
該当致しました

TOPに 戻る