山本皓一山本皓一やまもとこういち

写真家(Photo Journalist)

山本皓一

お問い合わせ 候補に入れる

フォトルポルタージュを中心に世界120数カ国を取材し、アマゾン、パタゴニア、シベリアなど極地の取材を得意とする。また「ドイツ統一」、「ソ連崩壊」、「湾岸戦争」、「北方領土択捉潜入取材」、「南北朝鮮半島・軍事境界線」などの国際事件をカバーする。
近年は中国長江全域のフォトエッセイやチベット、ウズベキスタン、朝鮮半島、ロシア(旧ソ連)、パプアニューギニア、ミャンマーなどアジア各地域の取材が多い。
また、中国宜昌市撮影家協会の「悠久の長江・三峡作品展」を東京をはじめ日本各地、北京上海、宜昌などでの開催にあたって監修者として協力する。特に南北・朝鮮半島は20数年間にわたって定点観測の取材を続け、北朝鮮は8回、韓国は数え切れないほど足を運んでいる。
そのほか、日本の「国境の島」シリーズで北方領土・南鳥島・尖閣列島・竹島・沖ノ鳥島全島を上陸取材、作品を雑誌等で発表し続けている。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1943年
香川県高松市生まれ 
 
日本大学芸術学部写真学科卒
卒業後訪米、ニューヨーク、ロチェスター、ウイチタ、LAなどに滞在 
1971年
小学館(週刊ポスト・グラビア)の写真班員(~1984年) 
1985年
事務所「Presscom-Photo News」社を立ち上げ現在に至る 

主な講演テーマ

日本人が行けない日本領土

日本人はあまりにも「国境の現実」を知らない。
国家ぐるみで歴史を捏造する隣国。その事実を国民に知らせない日本政府。
日本人からも忘れられた「国境の島々」全島を16年に渡り撮り続けたフォト・ジャーナリストが領土問題の歴史、問題点を写真と共に解りやすく解説。

来た、見た、撮った!北朝鮮

“理想の楽園国家”を目指した筈の北朝鮮は、なぜ崩壊への道を辿るのか。
金正日・金日成父子の決定的な違いは? 拉致被害者と日本人妻の悲劇。
1980年以来2006年まで7回の訪朝を元に独自の視点で追い続けたフォト・ジャーナリストの見た北朝鮮の実体。

マイナス60℃のシベリアど真ん中

極寒のシベリアに3ヶ月。漂流民・大黒屋光太夫の足跡を追って、信じられない世界を、
驚きと感動で実体験したフォト・ジャーナリストの見聞録。

伝説となった目白の闇将軍・田中角栄の実像

写真集『田中角栄全記録』を著わしたフォト・ジャーナリストが至近距離から観察した、
元首相の「原日本人」的素顔、そして非凡な人心掌握術、コンピューター付きブルドーザーとしての行動力、政治決断などの実像に迫る。
そして福田派を継承する“安倍一族”との因縁と確執。写真映写と共に解説。

中国・近未来の国家戦略

赤い略奪列車・チベット青蔵鉄道開通の真の狙いとは!
そして三峡ダム・北京オリンピックなど国家事業の果てに待ち受ける驚愕の落とし穴。
両岸危機に端を発する“米中冷戦の時代”は来るのか? そしてその時日本は!

やじ馬カメラマン地球見聞録

アマゾン・パタゴニア・アフリカなど秘境をはじめ世界120カ国を駆けめぐった
フォト・ジャーナリストの面白体験記。
写真と解説で世界の不思議、ニンゲンの不思議を追う。

椎名誠と怪しい探検隊同行記

作家・椎名誠と同行したフォト・ジャーナリストが同じ現場を共有し、
作家と写真家との異なった視点で地球を歩く。
スライド映写を駆使し”世界の不思議”を追う。

主な実績

講演実績

<講演トークショー>
香川県/市立高松高校/大手前高校/四国新聞社/高松大学/東京工芸大学/NHK文化センター/宣伝会議/集英社/講談社/自民党夏期セミナー/椎名誠トークショー など

テレビ

テレビ朝日 パタゴニア2000キロの旅(※スタッフ参加) 田中角栄全記録取材秘話 グレートバリアリーフ2000キロ~ネーチャリングスペシャル 熱砂の中東をいく~ネーチャリングスペシャル 報道カメラマン・ナイト 中国・台湾両岸危機(※スタッフ参加) TV-スクランブル~北朝鮮特集
TBS シベリア大紀行(※スタッフ参加) ソ連原潜基地・カムチャッカ(レポーター) 朝鮮半島・幻のカラー写真 サンデープロジェクト~北朝鮮スパイ潜水艦の内部(レポーター) 報道特集~朝鮮半島・海の軍事境界線(レポーター) サンデープロジェクト~この国のゆくえ・角栄の時代
日本テレビ ニュース・プラス・ワン~山本皓一・朝鮮半島をいく(レポーター)
桜チャンネル 防人の道 報道ワイド 拉致問題
BS朝日ニューススター 日本のキーパーソン(猪瀬直樹氏と対談)
(村野鉄太朗プロ) 高山辰雄高野をいく(※スタッフ参加)

ドラマ

TBS 未完の愛の果てに(ノンフィクションドラマ※原作者として参加)

新聞

朝日新聞 読売新聞 東京新聞 韓国中央日報

雑誌

週刊ポスト SAPIO 週刊現代 週刊文春 週刊新潮 アサヒグラフ 月刊諸君! 月刊現代 NEWSWEEK Der Spiegel US News&World Report The Economist

受賞歴

  第35回講談社出版文化賞 『来た、見た、撮った!北朝鮮』(集英社インターナショナル)

その他

<主な個展>
1965年 人間国宝「桐竹紋十郎」展 大阪・朝日座 香川県立図書館
1967年 「アメリカ人」展 高松電器ビル
1973年 「世界の子供達」展 香川文化館
1978年 「ザンビア豊穣のサファリ」全国巡回展 銀座キャノン・フォトサロン
1981年 「チョソンサラム・知られざる北朝鮮」全国巡回展展 銀座コダック・ギャラリ
1988年 「二人展」海野旭世画伯 高松私立美術館
1993年 「激動の世界を撮る!」全国巡回展 銀座コダック・ギャラリ
1996年 「写真追跡・知られざる板門店」全国巡回展 銀座コダック・ギャラリ
1997年 「悠久の長江・民の河・神の峰」全国巡回展 NHKギャラリー、北京、上海
2004年 「来た、見た、撮った!北朝鮮」コダックフォトサロン
2006年 「日大芸術40年展」コダックフォトサロン

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8401
2019.09.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8401人
該当致しました

TOPに 戻る