2010年03月01日

金メダリストは異次元世界の住人?

 毎回こちらのコラムを読んで下さっている方!?は、うっすらとお気づきになっているかもしれません。"オリンピック"の前後の時期には必ずと言っていいほど、私のコラムの内容は「スポーツ」に。血が騒いでしまうというのか、黙っていられなくなるというのか、自然現象と考えて頂けると大変有難いのですが。

 しかし、人間が自分の限界に挑んでいく姿や、肉体のみならず、精神の極限状態をいかにコントロールして勝負に勝っていくか、そういったところに学ぶべきものが多くあることを皆様も否定はなさらないのではないかと思います。

 バンクーバーオリンピックが終わりました。国の代表として国民の期待を一身に背負い、押しつぶされそうになるようなそんなプレッシャーの中、選手の皆さんは本当にベストを尽くされたと思います。

 特に注目されたのは、オリンピック終盤の女子フィギュアスケートではないでしょうか。世紀の対決と呼ぶにふさわしい、最高の輝きを放つ同い年のキム・ヨナ選手と浅田真央選手の演技に、日韓両国民が固唾を吞んで見守っていたと思います。

結果、ショート・フリーのプログラム共パーフェクトな滑りを見せたキム選手に軍配は上がりました。その演技は圧巻でした。一点の澱みもなく、終始流れるように、ジャンプを跳べば高く、オリンピックの舞台というよりまるでエキシビションで演じているような伸びやかさがありました。指先の細部にまで神経が行き届き、緩急のあるステップと表現力...挙げればきりがありません。

一方の浅田真央選手。ラフマニノフの「鐘」という荘厳な曲の世界観を見事に演じきっていたと私は思います。このプログラムを披露した当初は、可憐さが魅力の浅田選手にとって、重厚な曲は似合わないのでは?と言われていたこともありましたが、バンクーバーでの演技は観る者に迫ってくるような凄まじい気迫で、新たな表現力の扉が開かれたのではないかと思うものでした。背中からぞぞーっと鳥肌が立つあの感覚を人に感じさせるのは本当に難しいことだと思います。

今シーズンは、得意だったはずのトリプルアクセルに悩まされ、メダルの色よりも前にオリンピック行きの切符にさえ黄色信号が灯っていましたが、その局面を強い心で持って乗り越え、あの舞台へ。そしてトリプルアクセルを女子フィギュア史上初めてショート・フリープログラム併せて3回決める快挙を成し遂げました。

しかし、それを成功させた後に思いもよらないミスが...悔しかったでしょう。涙の銀メダルです。オリンピックには魔物が棲む。これは洗礼を受けた形になるのでしょうか。でも、思います。これからの浅田真央選手が本当に楽しみだと。この経験は必ず次へつながり、さらに完成度の高いジャンプ技術を獲得することにつながり、表現力の幅を作り、そうなると彼女は一体どこまで高い階段を駆け上っていくのでしょう!すごいことです。

 オリンピックでは、この試合の他にも様々なドラマが生まれました。オリンピック毎に1段ずつ上がっていく上村愛子選手。選手生命を断たれるほどの大怪我から復活し、五輪での日本史上初の銅メダルを獲得した高橋大輔選手。性格、調整方法、まるで違う二人のチームメイトが銀と銅のメダルを獲得したスピードスケート男子500メートルの長島圭一郎選手と加藤条治選手。今ご紹介した日本の選手以外に、世界中の選手の素晴らしいプレーと魂を見せて頂きました。

 しかしながら、オリンピックでの一位ってどういう領域に入ったら手にすることができるのでしょうか?私自身もオリンピックでは金メダルが一度も取れずに終わりました。知ってみたかったです。

一体どんな精神状態で臨み、どんな筋肉の感覚だったのか。それを知りたいと思って、追いこんで追いこんで、何度も追いこんで練習して、「これでいけるんじゃないか!?」と勝利の光が見えた気がしても、何かが足りなかったから金メダルには到達しなかった。

その「何か」とは何なのか定義付けることはできませんが、ただ、今回のように外から見ていて感じたのは、どの競技の優勝者も、人間の持つ能力をはるかに超えている異次元の世界の住人に見えました。だから私達が今できる想像よりももっと上の次元のイマジネーションが必要だということなんですね。そして、そんなイメージができたとしたら、それが具現化できる技術の習得とさらなる努力が必要になってくるのだと思います。きっと、それは、体は辛くても心が楽しい取り組みなのだと思います。

 これはスポーツだけに当てはまることではなく、どんなお仕事でも、人の想像域を超えたことができた人がしっかり結果を出していけると置き替えて考えられるのではないでしょうか。

私は、それが困難な道のりに見えても、想像を絶する努力をしないといけないとしても、出来た人だけが味わえる未知の領域というものを知ってみたいです。オリンピックのお陰で今、とってもモチベーションが上がっています。皆さん、異次元の世界に行ってみましょう。