2017年02月24日

ネガティブは悪いことではない。

最近、よくこんなことを相談される。「前向きになれません」「こんなネガティブな自分が嫌いです」「ポジティブになんてなれない」「自分を悲観的にみてしまう」
これらのワードたちは、ネガティブに聞こえるけど、そんなことないといつも思う。よく考えてみたら、思っている自分、感じている自分全て自分だとも思う。
アカデミックにいうと、自己受容なのか自己肯定なのかというところだ。
自己肯定は、この言葉の通り、今の自分を肯定すること。
少し難しいというのであれば、
「こんな自分も自分なんだ」と思ってみると、今の自分を受け入れるという、自己受容になる。

明日は明日の風が吹くという言葉があるように、明日はまた異なる自分に出会えるかもしれない。同じような日々の中で、そんなことあるわけないと思うかもしれないが、思う気持ちも全て言葉。思う気持ちの言葉を変えるだけで、すごく楽になる。やらなきゃいけないことが溢れている生活の中で、焦るのではなくプライオリティを付けてゆっくり解決していけば必ずゴールは見える。

心のバランスもスキルだ。

私は、子どもたちとも沢山触れ合う機会が多いので、よく伝えていることがある。「失敗してもいい。次は、失敗しないようにすればいいだけ。」チャレンジする、意欲的になるのは難しいかもしれないが、「ネガティブでもいい!」
リラックスして、思考の方向を変えてみると意外と楽しく進んでいけそうだ。

一日の終わりには「I`ve learned one thing today」今日も一個学べました。と心で唱えられるように。