2017年01月25日

魅力を感じる人に出会うと。

毎日生きていると色々ある。沢山の人に出会い話をするのが私自身の日常だ。

様々なスポーツを観戦したり、取材をしたり、毎日両手では足りない人と会うことも少なくない。しかし、その中で「この人応援したい!」「ステキな人だな」と思う人は何故魅力的に映るのだろうといつも感じていた。

例えば、仕事をしながら子育てをする女性。現代では珍しくない。他には、この人と仕事をしたい!と思う男性など、人としてすばらしいなと感じた人がいた。そんな人たちは、最初出会った時から時間が経ってもネガティブな印象を受けない。

何故この人たちだけなのだろう。一生懸命生きている人は沢山いるのに。そんな疑問が常に頭にあったのだ。そんな時、2つだけ気がついたことがある。

1つ目は、「心に軸がある」つまり、全ての判断基準が自分の心にあるから、人とそこまで比べないし、嫉妬しない。

例えば、それぞれの生きているフィールドのようなものが当たり前にある。でもついつい疲れると、人と比べたくなる。「なんであの人あんなに、楽しそうなんだろう。私なんて、こんなに頑張っているのに評価されない」なんて考えたくなるものだ。でも「心に軸がある」人は、人を認めて質問を沢山してくる。「どのように、そのことをやっているの?」など。自分との比較における嫉妬を感じる前に、自分はその人から何かを学ぼうとしている人が多い。

2つ目の気付きは、「時間も無駄にしない」。今この時間は自分で選んでいる。ということが大前提にあるのだ。

沢山の情報が沢山あり、そこから自分でチョイスする世の中だ。だからこそ、価値観の尺度は自分のこころにあることを仮定したうえで、自分で選んだ道は精一杯前向きに意欲的に過ごしたいものだ。