ご相談

講演依頼.com 新聞

コラム 教育

2016年08月25日

リフレーミングで子どもの良い面を見つけよう

 子どもをほめられる人になるためには、プラス思考で人や物事のよい面を積極的に見る習慣をつけることが必要です。そのために、役立つのがリフレーミングという方法です。これは、自分が物事を見ているフレーム、つまり枠組みを一度はずして、新しいフレームで見なおしてみるということです。

 例えば、子どもでよくふざける子がいます。大人のフレームでみるとこれはけしからんことであり、叱られる対象になりがちです。でも、フレームを変えてみてみると「ふざける」というのは 明るい、元気がある、面白がるのがうまい、盛り上げ上手、ということでもあります。またマイペースでのんびりしている子も叱られやすいですが、「マイペース」というのは、着実でゆったりしている、他人に左右されず自分のペースで生きられるということです。「授業で発表しない」というのは、物事に慎重で、軽々に行動しないということです。「さぼる」というのは、息抜きが上手で、自主的にペース配分できるということです。「告げ口が多い」というのは、正義感がある、道徳心が強い、まじめということです。

 このように、リフレーミングに心がけていると、人や物事のプラス面が見つけられるようになります。それによって、子どもの良い面に気づけるようになれば、自然にほめることもできるようになります。

親野智可等

親野智可等

親野智可等おやのちから

教育評論家

1958年生まれ。公立小学校で23年間教鞭を取り、1~6年すべての担任を経験。経験をいかして発行しているメルマガ「親力で決まる子供の将来」は読者4万5千人を超え、教育系メールマガジンとして最大規模を誇…

  • facebook

講演・セミナーの
ご相談は無料です。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた
講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。
趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や
講師のイメージなど、
お決まりの範囲で構いませんので、
お気軽にご連絡ください。