2019年11月25日

まずは共感が最優先。励ましやアドバイスはその後

「でもね」「だけどさ」などと返していませんか?--これらは、相手の気持ちを跳ね返す言葉

子どもが何か言ったとき、「でもね」「だけどさ」などと返していませんか?

これらは相手の気持ちを受け取ることなく、跳ね返す言葉です。
子どもに共感しようという気持ちが全く感じられません。

「○○すればいいじゃん」「なんで○○しないの?」「○○しなきゃダメでしょ」などの言葉は?--これらはアドバイス

では、「○○すればいいじゃん」「なんで○○しないの?」「○○しなきゃダメでしょ」などの言葉はどうでしょうか?

これらはアドバイスですね。
言っている方は良かれと思ってアドバイスしているのです。
でも、これらにも全く共感がありませんね。

共感がないところでアドバイスしても相手の心には届きません。
なぜなら、相手は、「そんな簡単なことじゃないんだよ。なんで私の話を聞いてくれないの?私がどんなに苦しいか、ちっともわかってくれない。もういいいよ」と感じてしまうからです。

「がんばれ」「あなたならできる」「応援してるよ」などの言葉は?--これらは励まし

では、「がんばれ」「あなたならできる」「応援してるよ」などの言葉はどうでしょうか?

これらは励ましですね。
これも、言っている方は良かれと思って励ましているのです。
でも、これらにも全く共感がありませんね。
先ほどと同じ理由で、共感がないところで励ましても相手の心には届きません。

大切なのは、まずは共感してあげること

大切なのは、まずは共感してあげることです。
「そうなんだ。大変だね」「頭にくるね」と共感してあげましょう。
すると、相手は自分の中に溜め込んだことをたっぷり話すことができます。
その全てに共感しながら聞いてあげてください。

溜め込んだものを全部吐き出すとすっきりして、心が安らかになります。
同時に、共感しながら聞いてくれた人に対する信頼感が非常に高まります。
「この人はわかってくれた。自分がどんなに大変か、わかってくれた」と感じるのです。

そうなってからなら、アドバイスや励ましも心に届きやすくなります。
相手の様子をよく見て、受け入れてくれる余地がありそうなら、アドバイスは励ましをしてあげてください。
でも、まだ無理そうだったら、それは控えて、ひたすら共感に徹するようにしてください。