2013年02月01日

引っ越し

 昨年の12月に引っ越しをした。

 7年前の2月に、東京に引っ越してきた。
「どうせ、東京に住むなら話題の場所」
と、六本木ヒルズに住んでみた。
もちろん、家賃は安くない。

「話題性をネタにして元を取るぞ!」
と、いう気持ちと、やっぱり利便性だった。

我が社は、東京都中央区の「宝町」という駅から徒歩20秒くらい。
家から会社まで雨が降っても傘がいらないのが魅力だった。

 ヒルズの中で一度、少し広い部屋に引っ越した。
その時に窓から見えていたのは、防衛省の跡地に建設中だったミッドタウンだった。
「冷やかしで、見に行こうか」と、パートナーと、行ってみた。
リッツカールトンホテルが運営するレジデンスということで、
竣工前から話題になっていた。

 新しい部屋って気持ちがいい。そして陽当たりも良かった。
「すごく気のいい場所らしいよ」そんな話をしているうちに、引っ越したくなった。
駅直結。けれど、家賃は、ヒルズの1.5倍。当然、審査も厳しい。

「住めるなら、住めるうちに住んでみたい。
死ぬ時に『あそこに住んでみたかった』と後悔したくない」
勢いからダメもとで、事前の審査を申請。ところが、申請が通った。

「これも運命」と、引っ越しを決めた。

春になると、窓一面に桜の花が咲く。
そこで5年間暮らしたときだった。日常が当たり前すぎて何か物足りない。
「駅から徒歩1分くらいで、今までよりも話題になる所はないかなあ」と、物件を探した。

「あるわけないでしょ」と、多くの仲間からのツッコミ。
でもありました。「勝どき」駅徒歩1分のタワーマンション。
しかも、最上階の45階。窓からは東京タワーとスカイツリーが見える。
しかも家賃は、ミッドタウンの3分の2くらい。

 東京に来て3度目の引っ越し。引っ越しをすると、気持ちも改まる。
「ここなら、東京のホテルの高層階のバーに行く必要ないですね」
最近、仲間たちのたまり場になりつつある。(笑)