2006年04月01日

やり残さない!

43歳を過ぎて、人生の折り返しを実感している。なぜかって?

20歳の時には、40歳なんて想像もつかなかった。だけど、40歳で、50歳、60歳は、何となく想像がつく。わたしは、フルマラソンをやったことはないけれど、やっている友人は、声を揃えて言う。

「折り返す前と、折り返した後では、全く気分が違うよ」 まさにその気分。

となると、今までの人生でやり残したことが、めちゃめちゃ気になる。そして、まだ、そのうちのいくつかは、やれるはず。後はやるかやらないかである。「いつかは...」じゃなくて、「やれることからやる!」に気持ちを切り替えることにした。

自分としっかり向かい合うと、やり残していることがいっぱい出てくる。

「南の島に行ってみたかった」「プリティウーマンの舞台になったホテルに泊まってみたかった」などという煩悩と欲望の塊もあれば、「ターミナルケアに関わる仕事をしたい」「誰もが、元気になれるセミナールームを作りたい」「新しい研修ソフトにチャレンジしたい」 などなど、結構崇高なビジョンまである。

そんなことを考え出した頃から、わたしの口癖が、「やり残したことをやる!」になった。すると不思議。わたしの周囲のメンバーまでが、それに感化されてきた。会うと、「わたしのやり残していることは...」なんて話になる。

そうすると、「それ、一緒にやろうよ」と広がることもある。だから、今、わたしの周囲のメンバーの会話は、自分で言うのも自慢ぽくって嫌だけど、すっごく前向き。そして、「時間が無いよ!」が、合言葉になった。

残念ながら、こんなことにわたしが気づいたのは、40歳を過ぎてから。でも、この感覚を30代、20代で感じられたら、もっといろんなことにチャレンジできてたかも。やはり、体力の衰えには逆らえない。それでも、これを気づいたのが、50代、60代でなくて良かった。と、思っている。

かといって、人生に「遅すぎる」なんて言葉は無い。やっぱり気づいた時が吉日。わたしの大好きなベンチャーの社長が言った。

「やっぱり、人生で、一番のリスクは、やり残したことをいっぱい持って死んじゃうことですよね」ほんま、その通り。で、本日もやり残したことをやるために東奔西走してます。