2018年10月01日

どんな言葉を使うか

言葉は、「言霊」。どんな言葉を普段から使っているかで人生が変わる。
わたしは、普段からこの言葉をとても意識している。

「食べたもので体がつくられる
 聞いた言葉で心がつくられる
 話した言葉で未来がつくられる」

 だから、できるだけマイナスの言葉を聞かない。
良い言葉を話すように心がけている。

日頃から、よく声を掛けられる。
「大谷さん、横山やすしさんのマネージャー、大変だったでしょう」

その時には、決まってこう返事をする。
「日本一の漫才師の近くにいることができて、とても勉強になりました」

 ありがたいことに、毎日、いろんな仕事をさせてもらっている。
そして、そんなわたしは、こんな言葉を掛けられる。

「大谷さん、忙しいね」

こんな時は、

「やれることがたくさんあってありがたいです」

と、言うことにしている。

 整理整頓が下手なわたしは、いつも重い荷物を持っている。

すると、「いったい中に何が入っているんですか」

と、尋ねられる。

その時は、「夢と希望です」
と、答える。

すると、みんなそこで笑顔になってくれる。

 できるだけ昔話はしない。人の悪口は言わない。そう決めている。
けれど、会話は弾ませたい。だから、できるだけ興味深い、楽しい話題を
集めるようにしている。たとえば、人気のドラマの話や、人気のお店の話。

経営者メンバーと話をする時には、ヒット商品や採用がうまく行っている
会社の裏話などをすると喜ばれる。

「そんな方法があったのか・・」
「その手があったのか!」

と、気づきを促す話は、とても喜んでもらえる。

できるだけ、夢と希望がある話を
夢と希望のある言葉で語る。

そして、
「こんなことできるんじゃないですか」
「ぜったい、うまく行きますよ」
などの言葉を添える。

ありがたいことに多くの仲間は、
「大谷さんといると元気になるね」
「大谷さんといると楽しいね」

と、言ってくれる。

何よりも自分の言葉をいちばん聞いているのは
わたし自身。自分の言葉で自分が元気になれる。

 西田文郎さんの書かれた「かもの法則」というベストセラーになった
本がある。「いいかも」「できるかも」という可能性のある「かも」を
使っていると、「かもの魔法」が起きて、いいことが起こるらしい。

そして、「だめかも」「むりかも」と悪い「かも」を使っていると、「かもの呪い」
で悪いことが起きるらしい。だから、新しいことをやる時には、
「きっと楽しいかも」「勉強になるかも」と、ワクワクするようにしている。