2015年02月20日

女性ならではのリーダースタイル

管理職向け研修や講演では、部下育成指導に役立てていただけるよう、男女の脳差から関わり方のヒント、やりがいの違い、キャリアの積み方、優先順位などを説明します。比較的、男性が得意とし、その強みを活かしてパフォーマンスを発揮する特徴的な素養は「優先順位づけ」「全体俯瞰した上での判断力」「論理性」など。一方、女性が得意とし、その強みを活かしてパフォーマンスを発揮するものは、「共感・受容力」「公平な態度」などです。

そんな話を講演ですると、度々質問を受けるのは、「そうすると、やはり女性には管理職は向かないですよね。」というものです。そうおっしゃる理由としては、「経営的判断とか、みんなを説得して引っ張る力がない」から。確かに、男性の強みとして挙げました素養には、強いリーダーをイメージさせるキーワードが並んでいますが、一方で女性側の強みには、引っ張る強さはうかがえません。

しかし、この「共感・受容力」と「公平な態度」を活かしてリーダーとなっている女性は、実際に多数存在しています。また、男性でもこの二つの素養を活かして活躍されている方もいるのではないでしょうか。

「共感・受容力」と「公平な態度」について、もう少し詳しく紹介します。

「共感・受容力」
・周囲の気持ちを受け止める
・周囲の気持ちに働きかける
・相手の今の状態に共感する
・人の気持ちを読める

これらを発揮するとどんな効果があるのか、というと、

----------------------------

人の気持ちに寄り添う姿勢を発揮し、正しい影響力を持っている人であれば、相手によい影響も与えながら巻き込むことが可能。また、「気持ちを受け止めてもらえた」と感じた周囲の人は、心を許し、協力的になったり、情報を開示してくれる。また、周囲の動機づけも可能。

----------------------------

「公平な態度」
・全体の平等、公平を意識した判断、行動
・誰に対しても対等にやりとりする
・贔屓したり、上下関係で動かない
・社会やお客様にとって正しいことをしようとする

これらを発揮すると・・・

----------------------------

誰に対しても正しい人であることが、信頼につながる。また、誰にとっても正しいことを常に発信し続けることで、軸がぶれない、安心できる人、と思われる。損得で仕事をしないため、協力者、味方が増える。

----------------------------

このような人は、十分リーダーとしての素質を持っています。男性的にぐいぐいと引っ張るリーダーではなく、いつの間にか周囲が協力してくれ、成果を出すスタイルです。

さて、私は研修で、EQというツールを用いることがあります。EQは、IQの頭のよさ、知能指数・偏差値の高さではなく、感情能力のこと。自分の感情を使い、周囲の感情にも働きかけ、よい影響を与え、動機づけをし、成果につなげていくことができる人を「EQスキルが高い」と言います。

実際アメリカでは、フォーチュン誌が行っている年間ベスト500社のうち、約80%が何らかの形でEQを指標にしたり、このトレーニングを採用したりしているそうです。

最初の質問に戻りますが、「優先順位づけ」「全体俯瞰した上での判断力」「論理性」という男性的スキルを活かしてリーダーシップをとる人もいますが、女性がやりやすい形は、共感力、EQ力を使って周囲をうまく巻き込む、動機づけるリーダースタイルかもしれません。もちろん、共感力だけではリーダーとしては不完全だと思うことがあります。その場合、足りないのは、経験、経営的視点のケースが多いです。というのも、女性は今まで、男性よりも経験を積むチャンスが少なかったり、役割として、サポート役に回ることが多かったため、視野が狭いケースもあります。

これらをきちんと学びながら、女性ならではのやり方でリーダーとして活躍することは、いくらでもできるのではないでしょうか。