特集 歴史に学ぶ

 

孫子の兵法、織田信長、徳川家康、宮本武蔵、新撰組…
歴史上の人物たちに組織論、リーダーシップ、人身掌握術などを学びませんか。
現代のビジネスシーンにも共通するトピックが満載です。

 
【関連特集】 >>特集一覧ページを見る
・特集―日本の良さを再発見…「日本文化を考える」
・特集―新任管理職から中堅・上級管理職向け…「管理職セミナー」
 

■歴史に学ぶ 歴史関連特集の講師紹介 ■

 

  ※各講師における講演お問合せは、それぞれの講師詳細プロフィールの中にある「候補に入れる」ボタンをクリック後、
    掲載される入力フォームに連絡先等をご記入、ご送信頂けますようお願い致します。追って担当者が連絡致します。

◆日本史に学ぶ
童門冬二
歴史は知恵の宝庫
童門冬二
作家
●主な講演テーマ
「歴史に見る激動期の経営者」
「生かそう、日本の心」

かつて東京都に勤め、都立大学事務長、広報室課長、企画関係部長、知事秘書、広報室長、企画調整局長、政策室長という重職を歴任し、79年の退職後から作家活動に専念。歴史の中から現代に通ずる実学を執筆し、新境地を拓く。講演は、 現代における人、教育、組織、経済、社会、文化のあり方を
-日本人の心の美しさ- を土台とし、歴史という人間ドラマを題材に、実学として胸に染み渡る話をする。

板垣英憲
歴史に学ぶビジネス
板垣英憲
政治経済評論家

●主な講演テーマ
「歴史に学ぶリーダーシップ」
元・毎日新聞記者、政治経済評論家としての長いキャリアをベースに、政財官界の裏の裏まで知り尽くした視点から鋭く分析する。歴史に関する知識が豊富で、秀吉、家康、武蔵、新撰組など、 歴史上の人物たちを取り上げて、その政治手腕や組織論、人身掌握術、人材育成論など講演会で人気のテーマを、現代のビジネスシーンに落とし込む講演は毎回好評を博している。 また毎年、NHKの大河ドラマで題材になる人物を取り上げる講演会も人気が高く、旬なトピックにも事欠かない。

皆木和義
現代に活かすヒント
皆木和義
経営コンサルタント、作家、(株)ハードオフコーポレーション顧問(東証一部)元社長
●主な講演テーマ
「孫子の兵法とビジネス戦略」 
「戦国武将の人間学」

1953年岡山県生まれ。早稲田大学法学部卒業。 大学在学中から、「西の松下幸之助、東の今里廣記」、「財界の官房長官」といわれた名経営者の 故今里廣記・元日本精工会長に師事し、経営を学ぶ。卒業後も、今里氏の側近として公私共に薫陶を受ける。実践派の経営コンサルタントとして、また、経営プロフェッショナルとして、企業と一体となって幅広く活動中。歴史と現代の様々な具体的ケースを交えながら、実践的に活学、実学する講演を行う。
金谷俊一郎
日本史偉人伝
金谷俊一朗
歴史ナビゲーター
●主な講演テーマ
「偉人から学ぶ、平成の生き方」
過去数十年分の全国入試問題を緻密に分析したデータをもとにした、 大学受験指導に定評がある。 その日本史の深い知識を生かし、 「世界一受けたい授業」(日本テレビ)などのメディアでも活躍中。 講演では、専門とする歴史上の偉人のエピソードを紹介し、人生について語る。古き時代の出来事や歴史上の偉人を、現代の我々に、楽しくナビゲートする。

井沢元彦
生きる指針を学ぶ
井沢元彦
大正大学文学部客員教授

●主な講演テーマ
「戦国武将の経営学」
日本史から宗教・マスコミ論に至るまで多分野に精通する、マルチ作家。 TBS在職中に発表した推理小説『猿丸幻視行』で江戸川乱歩賞受賞。 退職後は執筆活動に専念し、 歴史ミステリーや評論で独自の境地を拓いている。 講演では各々の事象に対し、深い知識と高い見識に基づき、 歴史の真相を題材に理路整然、論理的に紐解き解明していく。

山崎光夫
長く強く生きる
山崎光夫
作家
●主な講演テーマ
「経営に生かす戦国武将の養生術」
「安楽処方箋」で小説現代新人賞受賞。 「藪の中の家ーー芥川自死の謎を解く」で新田次郎文学賞受賞。信長、秀吉、家康、毛利元就など、戦国武将たちがこぞって頼りにした漢方医がいます。 それが、曲直瀬道三。この道三の残した幻の養生書「養生俳諧」をひもときつつ、現代社会に生き残るための心と体の整えを伝える。
井之部康之
和の心
井之部康之
作家
●主な講演テーマ
「いまこそ侘の心をー利休精神の神髄」
1940年、福井県大野市に生まれる。東北大学文学部美学美術史学科卒業。図書編集者の後、テレビの構成作家となり、ドキュメンタリー番組、スポーツ番組、ワイドショー番組などの台本を多数執筆。93年には「雪炎・星と語る男たち」でギャラクシー選賞を受賞。近年は小説・ノンフィクションの執筆に専念している。主な作品は、千家三部作「千家再興」、「千家奔流」、「千家分流」(読売新聞社)。千利休にはじまり千家茶道の成立と歴史、およびその意義を概観し、この時代だからこそ必要な「侘の心」の大切さについて語る。

田中健之
日本人としての誇り
田中健之
歴史作家

●主な講演テーマ
「幕末・明治の偉人から学ぶ人の生き方」
1963年11月5日、福岡市生まれ。玄洋社初代社長・平岡浩太郎の曾孫にあたり、 頭山満、内田良平とも血縁筋。十代の頃よりアジア主義に興味を抱き、自ら中国、ロシア、韓国などに渡り、今日にいたるまでそれらの地域の有力者と親交を続けている。またアジア独立運動史上における日本との関わり合いを専門研究としている。他、日中関係、日露関係、日韓関係などをはじめとする現在の国際関係などの分野についての専門の領域であるため、各マスコミや専門誌にコメントや執筆を行っている。

辻維周
「大徳川展」
辻維周
東京コミュニケーションアート専門学校講師


●主な講演テーマ
「大徳川展に見る博物館事情」
1981年、二松学舎大学大学院博士前期課程修了。大学院修了後博物館学芸員資格を取り、海洋学を独学で学ぶ。いくつかの大学講師を歴任した後、現在は、専門学校を中心として教鞭をとる。2007年10月より12月まで、上野の東京国立博物館で行われていました「大徳川展」の事務局主席学芸員として勤務していた経験より、博物館の裏側や最近の博物館事情を、徳川家の本当の歴史なども織り交ぜながら詳述する。

◆歴史ロマンの魅力
中島誠之助
ホンモノとニセモノ
中島誠之助
古美術鑑定家
戸栗美術館理事
●主な講演テーマ
「焼きものの歴史」
「鑑定団といい仕事」
古伊万里など東洋古陶磁器を世にひろめる。 数十年にわたる「骨董屋からくさ」の経歴をもとに、古美術鑑定家として活躍する。 1980年に「南青山骨董通り」を作詞。飯田三郎作曲真咲みどり唄でキングよりプレス、これが東京の青山にある「骨董通り」の由来になり名付け親と呼ばれる。 テレビ『開運!なんでも鑑定団』レギュラー出演、 鋭い鑑定眼と歯切れのよい江戸っ子トークで、お茶の間の人気者に。

吉村作治
ピラミッドの謎
吉村作治
早稲田大学名誉教授/工学博士

●主な講演テーマ
「エジプト発掘の魅力
~エジプト調査隊・発掘レポート~」

1966年、アジア初の早大エジプト調査隊を組織し現地に赴いて以来、40年以上にわたり発掘調査を継続、数々の発見により国際的評価を得る。 現在、エジプトで発掘したミイラマスクや木棺などを紹介する展覧会を日本全国で巡回展示中。 2007年開校の、株式会社立で日本初・完全インターネット講義による『サイバー大学』初代学長に就任。専門の古代エジプトの謎に迫る講演は好評である。

李京源
隣国・韓国の歴史
李京源
俳優
●主な講演テーマ
「韓国の宮中文化について」
服飾関係の会社を経営していたが倒産。その後、周囲の勧めもあり俳優へ転向。冬のソナタ、夏の香り、太陽に向ってほか数多くの韓国ドラマに出演。04年MBC「宮廷女官 チャングムの誓い」により、注目を集める。04年12月より1年間、「チャングム・テーマパーク」に出演俳優として常駐。世界各国のファン、VIPの対応をする。時代劇の出演経験を生かし、韓国の宮中文化について、講演する。


●ビジネス向けの講演・研修をお探しの方におすすめ


ビジネスを強くする研修は講演依頼.com
 
社員教育向け講演講師のポータル





    ※この他、多数の講師にご登録いただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。
           ( >>講師検索で探す  >>講師提案サービス、相談サービスを利用する
 )

 

TOPに 戻る

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績20,000件の中で蓄積した講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、講師選定など、決定している範囲で構いませんので、お気軽にお知らせください。

TEL
MAIL