ご相談

片山右京

片山右京片山右京かたやまうきょう

レーシングドライバー/元F1レーサー/登山家/自転車競技選手/ 神奈川県相模原市観光親善大使

片山右京

お問い合わせ 候補に入れる

1983年にFJ1600筑波シリーズでレースデビュー。F1に6年間連続参戦し、日本人では最多の95戦に出場。1994年には当時の日本人予選最高位である5位を記録。恐いもの知らずの走りで世界最速を競う姿は「カミカゼ・ウキョウ」と呼ばれ、多くのファンを魅了してきた。
F1引退後は自転車競技選手として数々の自転車レースに参戦するほか、登山家として世界の名立たる高峰登山への登頂記録を持つ。自然と向き合いながら「地球にやさしい環境創り」を提唱し、環境に配慮したバイオ燃料でパリダカールラリーにも挑戦するなど、様々な環境保全活動を展開中。

専門分野

挑戦/モチベーションアップ/夢/登山/スポーツ

好評発売中!『負け、のち全開』(新潮社)

『負け、のち全開』(新潮社)

リタイアしても、負けても、苦境の中でも、常にアクセルを全開。「人生で大切なことは、勝つこと以上に挑み続けること」と伝える一冊。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1963年
5月29日、東京都生まれ 
1992年
F1にレギュラー参戦(~1997年)日本人最多出場記録を保持 
1999年
ル・マン24時間レースにトヨタTS020にて出場日本人チーム最高位2位を記録 
2001年
「Team UKYO」を設立 
2007年
食用油の廃油を原料とするバイオ燃料を使いダカールラリー参戦(~2009年) 
2009年
子供たちを対象に、野外活動を中心とした「片山チャレンジスクール」を開校 
2012年
国際自転車競技連合(UCI)登録サイクルチーム「Team UKYO」チームオーナー兼監督に就任オセアニア大陸コジオスコ登頂。世界7大陸最高峰のうち6峰を制覇 
 
【役職など】
MUJICOLOGY 所長(三井ダイレクト)
自転車グッドチャリズムリーダー第4代自転車名人神奈川県相模原市観光親善大使福島県北塩原村スポーツ大使 

もっとみる

主な講演テーマ

夢へのチャレンジ ~諦めない、最後まで!

夢へのチャレンジ ~諦めない、最後まで!

F1レーサー、登山家、自転車競技選手としての体験談を交えながら、チャレンジすることの大切さ、そして、チャレンジし続けることによって夢は叶えることができることをお伝えします。

自然と向き合う

自然と向き合う

登山の話題を交えながら、地球にやさしい環境創りについて語ります。※その他のテーマも承っております。詳細は弊社までお問い合わせください。

主な実績

テレビ

BS朝日 南極日和
BSフジ F1 GRAND PRIX 2012
BS-TBS グリーンの教え

ラジオ

文化放送 片山右京 Radio KoGuuu!

新聞

東京中日新聞 「片山右京のチャンレンジライフ」連載”

雑誌

学研パブリッシング「SPORTSPEDALLING」 ボイス・パブリケーション「BICYCLE NAVI」

WEB

Team UKYO CHANNEL

その他

【戦歴】
1991年 全日本F3000選手権に、CABIN RACING with HEROESより全11戦エントリー
シリーズチャンピオン獲得
1992年 ヴェンチュリー・ラルースチームより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー/ル・マン24時間レースにトヨタ・チームトムスより出場
1993年 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー/第9戦イギリスGPより、新型マシン、ティレル021を投入/実戦の中でマシンを熟成させながら、ニューマシンを3戦連続完走に導く
1994年 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー/開幕戦ブラジルGP、第3戦サンマリノGPにおいて5位入賞/第8戦イギリスGPにおいて6位入賞を果たす/ドイツGP・ハンガリーGP予選にて日本人最高位のグリッドを獲得、シリーズランキング17位
1995年 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー
1996年 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー
1997年 ミナルディーチームより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー
1998年 トヨタ・チームヨーロッパより、ル・マン24時間レースに出場/5年ぶりのワークス参戦となるトヨタの新型マシンTS020の開発を担当、9位完走
1999年 トヨタ・チームトムスより、全日本GT選手権参戦/トヨタ・チームヨーロッパより、ル・マン24時間レースに出場、2位完走
2001年 Team UKYO 設立 トヨタチームセルモwith UKYO より、全日本GT選手権参戦/12月から2002年1月まで、パリ・ダカールラリー初出場、40位初完走
2002年 トヨタチームセルモwith UKYO より、全日本GT選手権参戦/6月 チームペスカロロより「ルマン24時間耐久レース」出場
2003年 1月「テレフォニカ・ダカール2003」へトヨタチーム・アラコより参戦
2004年 1月 「テレフォニカ・ダカール2004」へトヨタチーム・アラコより参戦
2005年 1月 「テレフォニカ・ダカール2005」へチームランドクルーザートヨタオートボデーより参戦/市販車無改造グループと市販車ディーゼルクラス3位(総合30位)/8月「オートバックスアジアクロスカントリーラリー2005」へTeam UKYOで出場/総合8位、改造ガソリンクラスで2位完走
2006年 4月 Team UKYO にて(第8回)シマノもてぎレースにて2時間エンデューロ2人クラス4位完走/8月アジアクロスカントリーラリーへ「OTG・REVO with Team UKYO」としてバイオディーゼル燃料利用のトヨタ・ランドクルーザー100で出場、完走
2007年 1月 ユーロミルホー・ダカールラリー2007年に世界初のバイオ燃料100%で出場、総合68位で完走
2008年 SPEEDCAR RACEシリーズにフル参戦/7月 エタップ・デュ・ツール(FRANCE)に参加、完走/11月 ツール・ド・オキナワ参戦、完走
2009年 1月ダカール・ラリー2009トヨタ120PRADOバイオ燃料100%参戦
2010年 10月ジャパンカップにて宇都宮BLITZENよりクリテリウムにレース参戦
2011年 JET E2に参戦、2012年からJET E1に昇格

【登山歴】
1996年 西ヨーロッパ最高峰モンブラン登頂(4,810m)
1998年 アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂(5,895m)
    東ヨーロッパ最高峰エルブルース登頂(5,642m)
2001年 10月 世界第6位のチォーオュー(8210m)登頂
2002年 10月 世界最高峰エベレストに挑戦するも南峰(8790m)で撤退する
2005年 11月 ネパール・アマダブラム峰(6812m)登頂
2006年 11月 世界第8位のマナスル(8163m)に再挑戦し、登頂
2008年 6月 北米大陸最高峰マッキンリー(6194m)に登頂
2009年 1月 南米最高峰アコンカグア(6959m)登頂
2010年 12月 南極最高峰ビンソンマシフ登頂
2012年 オセアニア大陸コジウスコ登頂(7大陸中6大陸最高峰制覇)

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、
お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

総会・例会、取引先向け・販売代理店向け講演会のお問い合わせが増えております。10月~12月に講演会をご企画されているお客様は、お早めにご相談ください。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
8620
2019.12.07
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

8620人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる