浅野重人浅野重人あさのしげと

ラフティング競技チーム監督/ 自然体験活動講師/ ラフティング世界チャンピオン&パイオニア

浅野重人

お問い合わせ 候補に入れる

1974年、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。19歳の時にオーストラリアで最年少ラフティングインストラクターとなり、以来世界17ヶ国で40以上の激流を下る。1999年に日本代表チームを結成し、競技ラフティングで世界に挑戦するも最下位と言う苦渋を飲まされる。その経験からリーダーシップ、チームビルディング、日本人が持つ強みを徹底的に研究し、独自の理論を創り上げる。2010年のラフティング世界大会・オランダにて総合優勝を成し遂げ、日本が50年はかかるといわれた競技ラフティングの世界を10年間で世界一に引き上げた。2011年10月にコスタリカで開催された世界大会でも総合優勝を果たし、見事、世界2連覇を達成した。<ご本人からのメッセージ>ビジネスにおいても人間関係・家庭においても、これ以上ノウハウや知識を求めたところで何も変わらない時代になったと感じています。日本人は昔から先人達から学び、自然から学び、それらを教科書としていた大切な「こころ」を持っていました。 しかしいつの頃からか、その「こころ」を、お金に置き換えてしまったのかもしれません。 私は失った「こころ」の大切さを、今こそもう一度思い起こし、伝えていきたいと考えています。

出身・ゆかり

専門分野

ラフティング(激流下り)/夢/モチベーションアップ

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-6434-9192 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、希望講師など、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1974年
南アフリカ共和国・ヨハネスブルグに生まれる。 
1992年
私立山手学院高等学校卒業後、オーストラリアに渡豪。初のラフティング体験をし、グレード5の激流で転覆、500メートル以上流される衝撃的な体験をしてラフティングの虜になる。 
1993年
オーストラリアにて最年少(19歳)ラフティングインストラクターとなり、以降世界17カ国、40以上の激流を下る。 
1995年
ジンバブエ・ビクトリアの滝直下(世界最高の激流)ザンベジ川でラフティングガイドを務めるその時に開催されていたラフティング世界大会に衝撃を受け、いつの日か世界大会に出場する事を決意。 
1999年
日本初のラフティング世界大会代表チームを結成し、南アフリカ・オレンジ川大会に出場するも16チーム中15位という成績。 
2002年
日本初のプロ・ラフティングチームとしてテイケイ株式会社ラフティング競技部「ラフティングチーム・テイケイ>を結成し、同チーム監督兼任選手に就任 
2007年
韓国で開催されたラフティング世界大会でアジア初の3位入賞を果たす 
2009年
ボスニアヘルツェゴビナで開催された世界大会で準優勝 
2010年
オランダで開催された世界大会で総合優勝 
2011年
コスタリカで開催された世界大会で総合優勝 

主な講演テーマ

「世界最弱ラフティング日本を8年間で世界一に引き上げたチーム統率方法」

1999年、初めてラフティング日本代表チームを結成し、競技ラフティングで世界に挑戦するも最下位と言う苦渋を飲まされる。その経験からリーダーシップ、メンタル理論、日本人が持つ強みを徹底的に研究。独自の理論を創り上げ、2010年ラフティング世界大会・オランダにて総合優勝を成し遂げ、日本が向こう50年はかかるといわれた競技ラフティングの世界を10年間で世界一に引き上げた。最強の絆を作り上げる為の「和のチーム統率方法」を語ります。 

「こころの操縦方法」

スポーツもビジネスも結果を引き出す要素はメンタルが9割だ。そして、自分の幸せとは自分の心が決めるものだ。本や知識ではなく、心の整え方、メンタル管理方法を知る事が、最も大切な時代になったと感じている。しかし、悲しいかなその方法は学校では教えてくれない。講師がラフティング競技世界一に至る過程で創り上げた独自のメンタル操縦方法、こころの操縦方法を語ります。人の心を操縦する役目のある経営者、リーダーはもちろん、自分の幸せを達成したい人は「自分の心の操縦方法」から学ぶ、引き寄せの法則を語ります。

「川と水、自然が教えてくれた事」

今、日本にある問題、心の病の原因は、人が自然との繋がりを忘れてしまっている事に他ならない。日本人は昔から、先人達から学び、 自然から学び、それらを教科書とした大切な「こころ」を持っていた。昔の日本人は精神性を大切にしていた。いつからなのだろう?それを忘れてしまったのは?いつの日かその「こころ」を、お金に置き換えてしまったのかもしれない。僕は失ったその「こころ」を、せっかく先人達や自然が教えてくれている「こころ」の大切さを、今こそもう一度思い起こし、伝えていきたい。

「一番大切なのは『ワクワクする事』」

僕の癖は、いつもデッカい夢を掲げることだ。人が想像しないような、デッカい夢を掲げる事がたまらなく好きだ。デッカい夢を掲げるとワクワクしてくるからだ。それを絶対にやり遂げたいと思うからだ。高校を卒業した。せっかく進路が自由に選べるのだから、大学に行くのではなく、サラリーマンになるのではなく、オーストラリアに渡った。せっかくオーストラリアで働けるなら、日本では出来ないような仕事をしようと思いラフティングを仕事にした。せっかくラフティングができるならスケールのデカイ川に行きたいと思った。せっかくラフティングができるなら世界一を目標にした。せっかくラフティングができるならプロチームを創ろうと思った。ただ、それだけだ。ただ、「せっかく与えられたチャンスなんだから、どうせなら、デッカい夢を掲げよう!」「せっかく与えられた人生なんだから、一度しかない人生なんだから、どうせなら、ワクワクする事をやり続けよう!」と思い続けているだけだ。「ワクワク」は自分の魂の声であり、それを教えてくれるセンサーだからだ。僕のそのスタンスは、昔から今まで変わらない。

 

主な実績

講演実績

【講演実績】
一般社団法人・日本チームビルディング協会 (シリーズで、大小併せて15回)
学生団体Heart&Soul (2回)
ソニー生命保険(お客様向け講演会 3回)

【TV】
日本テレビ「今日の出来事」 1999年10月15日
BS「ワールドスポーツ」 ※世界大会終了後1ヶ月間
テレビ朝日「Get Sports」2000年6月12日
CS「sports-I ESPN 清水圭の気楽に行こうぜ」2001年6月1日、8日
BS日テレ「スポーツマガジン」2001年7月28日、8月4日、2002年2月23日、3月2日
日本テレビ「ナイナイサイズ」2002年6月1日 「矢部浩之ラフティングに兆戦」
CS「Sports-I ESPN Movin’ You HONDA」2002年8月9日
BS-I「Live Love Eve」2002年8月23日 荻原次晴氏との対談
NHK「サンデースポーツ」2003年10月19日 2003年ラフティング世界大会挑戦記
NHK「イブニング信州」 2005年5月17日
日本テレビ「Newsリアルタイム」2007年8月21日
TBS「ニュースの視点」2009年6月4日
神奈川テレビ「TVK NEWSハーバー」2010年8月16日
NHK国際放送「WORLD NEWS」 2010年8月28日
CSフジ「ワンツーネクスト」2011年8月10日 荻原次晴のスポーツブレイク

【新聞】
産経新聞、読売新聞、東京新聞、神奈川新聞、信濃毎日新聞、矢作新聞、公明新聞、警備保障新聞
以上、2010年8月
神奈川新聞 コラム (11年9月5日発売 インタビュー記事)

【雑誌掲載など】
「カヌーライフ」(エイ出版社) 準連載中/多数掲載
「月刊アウトドア」(山と渓谷社) 1月号 1999年12月10日
季刊誌「アウトワード 9号」(モンベル) コラム 多数掲載
「MONOマガジン」(ワールドフォトプレス)2000年3月16日 TEVA特集
「GREGORY バックパック 2000年度版カタログ ※モデルとして
「スポーツグラフィック・NUMBER」(文藝春秋)2000年5月18日
「週刊新潮」(新潮社)2000年6月8日
「ZAKU2」(全国フィットネスクラブ・エグザスの情報誌)
「ターザン」(マガジンハウス)多数掲載
「MT.」2001年11月8日
「フリー&イージー 5月号」2002年 レースラフティング
「A-style」 2002年5月号 ※アパレルショップ向けのフリーペーパー
「AERA」(朝日新聞出版)2002年5月27日号 人物特集COOL
「週刊アスキー カオスだもんね」(アスキーメディアワークス)2002年6月25日号 レポート漫画
「ATHRA 24号」(毎日コミュニケーションズ)2003年4月 「トップの条件」
「アドベンチャースポーツマガジン2003」(山と渓谷社)2003年5月5日
「日刊スポーツ新聞」(日刊スポーツ新聞新聞社)2005年、2006年
「レオパレスタイムズ」(レオパレス21)2006年、2007年
「アドベンチャースポーツマガジン2007」 (山と渓谷社)07年6月20日)
「PlayboatingJP誌」(フリーホイール)2010年11月1日
「月刊ガルヴィ」(実業之日本社)2011年7月8日 「夏だ!ラフティングに挑戦」
「Men’s Club 8月号」 2003年7月  ※三菱エアートレックの広告

【その他】
全国500店舗マクドナルド店内ビジョンでの放映(2001年7月12日~25日放送/25分パッケージで1日31回)

書籍

講演料金目安

250,000円(消費税、交通費別)
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨や目的、聴講対象者、希望講師など、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「93.5%」獲得!お客様より高評価を頂きました。2016年は既に5,000件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
6786
2016.09.01
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

6786人
該当致しました

TOPに 戻る