ご相談

志水哲也

志水哲也志水哲也しみずてつや

フォトジャーナリスト/ 写真家/ 登山家

志水哲也

お問い合わせ 候補に入れる

16歳の春、屋久島一人旅をきっかけに、登山を始め、登山家として国内外に記録を持つ。1997年に黒部渓谷に魅せられ、その玄関口・宇奈月に移住。独学で写真を学び、2002年頃からカメラマンとしてのプロ活動を開始し、「水」をテーマにした全国の渓谷取材を始める。2004年お正月に剱沢大滝の撮影に挑む、志水の姿を追ったドキュメンタリー「黒部幻の大滝に挑む」が、NHK総合で全国放映され脚光をあびた。講演では、多くの登山経験、撮影経験から、自然の魅力や自然から感じたことから、学んだことを語る。真摯に自然と向き合ってきた姿を感じることができる講演である。

出身・ゆかり

専門分野

写真/登山を通じて感じる日本の自然の素晴らしさ/意味を考え伝えていく

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1965年
横浜市に生まれる。 
1982年
一人旅で訪れた屋久島で、初めての登山を経験。クライマーとして国内外の岩壁を一人で登ったり、アルプスやヨセミテなどでの登攀記録がある。また、黒部渓谷の70の谷を単独で探査解明したり、冬の北海道を5ヶ月かけて、スキーで縦断するなどユニークな登山を行う。 
1998年
黒部渓谷の玄関口、富山県宇奈月町に家族と共に移住。 
1999年
写真家として年間80日、登山ガイドとして年間80日、合計160日を山に入り続ける。そのかたわら、エッセイ集3冊、写真エッセイ集4冊、写真集4冊を出版。自分と自然と対峙しての「自分探し」の文章が得意で、写真では海外の山ではなく、日本の山のよさ、自然を表現している。山岳写真よりも、個別の環境(水や樹)を撮ることをテーマにしている。 
2004年
NHK総合でお正月に全国放送された「黒部幻の大滝に挑む」で脚光をあびる。 
2007年
3年間かけて知床から屋久島までを取材した作品を、写真集『日本の幻の滝』(山と渓谷社)にまとめる。 
2008年
撮影取材のなかで自然環境の変化を目の当たりにし、危機感を感じ、自ら、地球温暖化の目撃者となるため、そのもっとも顕著な目印になる場所として、90年後に90パーセント死滅するという白神山地のブナ林を、訴えるテーマに絞り、撮影を開始。東京文化会館で津軽三味線奏者・高橋竹山とコラボレーションコンサートを行い、音と映像の新しい試みに高い評価を得た。 

もっとみる

主な講演テーマ

「自分探し」

「自分探し」

20歳台までは国内外の厳しい登山をするなかで自分の存在を確認しようとしてきた。30歳台以降は写真や文章を通じて「表現」することでそれをしようとしている。いろいろなエピソードを交えながら一貫してして行ってきた「自分探し」の意味を話す。

「知られざる日本の自然」

「知られざる日本の自然」

知床、白神、飯豊、奥利根、尾瀬、菅平、立山、黒部、大台ヶ原、屋久島と撮り続けてきたが、まだ日本には知られざる自然がたくさんあった。クライマーにしか見ることができない幻の滝。ヘリコプターからしか見ることができない絶景などを写真を見せながら紹介し、地球温暖化の影響や世界自然遺産として守るべき意味を考えていく。

「黒部・幻の大滝に挑む」

「黒部・幻の大滝に挑む」

日本一の峡谷・黒部に魅せられ、そこに移住した。そして、黒部の幻の大滝を滝壺まで下りて撮影するという夢を、NHKテレビクルーと共に成し遂げた。その意味と自然の凄みを写真を見せながら解説。

主な実績

講演実績

【受賞等】
2004年 1月 地域発展賞特別賞(新川経済倶楽部)

【講演実績】
2008年 「黒部幻の滝と日本の秘瀑」(日本登山医学学会・宇奈月セレネ美術館)
2006年 「黒部幻の 大滝に挑む」(太田ハイキングクラブ・太田市市民プラザ)
2004年 「黒部幻の滝」(富山県ナチュラリスト協会・宇奈月セレネ美術館)
2002年 「黒部で可能性探し」(富山国際会議場・第1回国際サマースクール)
2000年 「黒部八千八谷の魅力」(朝日町)
1999年 「黒部幻景」(宇奈月セレネ美術館)
1998年 「なぜ黒部か」(黒部パレス千扇)
1997年 「黒部に魅せられて」(うなづき友学館)、「単独行の魅力」(大阪)
1995年 「襟裳岬から宗谷岬へ」(東京・下北沢)

【写真展】
2008年 「水の島」写真展(富士フィルムフォトサロン東京・大阪)
2007年 「日本の幻の滝」写真展(新宿ペンタックスフォーラム、NHKとやまぎゃらりー、
     モンベル渋谷展、名古屋店、南町田店、諏訪店、奈良店の各サロンを巡回)
2006年 「称名滝」写真展(立山カルデラ砂防博物館)、女優野村真美とトークショーも
2004年 「黒部幻の滝」写真展(モンベル諏訪店、奈良店、南町田店各サロンを巡回)
     宇奈月町制50周年記念写真展「黒部の四季」(セレネ美術館)
     森下恭氏との二人写真展「黒部・源流と幻ノ滝」(モンベル渋谷店サロン)
     「幻の滝」写真展(NHKとやまぎゃらりー)
2003年 「黒部」写真展(黒部市立吉田科学館)、「黒部」写真展(大町市立山岳博物館)
2002年 「黒部」写真展(富山ギャラリーアーバン)、「黒部」写真展(新宿ペンタックスフォーラム)
     「黒部幻景」写真展(うなづき友学館)

【主な掲載雑誌】
<表紙写真>
「日本の幻の滝」(ペンタックスファミリー/ペンタックス)、イスカ株式会社カタログ、
「週刊にっぽん川紀行・黒部川」(学習研究社)、「週刊日本遺産 立山・黒部峡谷」(朝日新聞社)、「エフクラブ」(アクトエージェンシー)
<表紙モデル>
「山と渓谷」(山と渓谷社)
<グラビア写真>
「日本の幻の滝」(ペンタックスファミリー/ペンタックス)、
「今、注目の作家達(2)志水哲也」(旅写真/ニューズ出版)
「尾瀬の静と動」(日本フォトコンテスト/日本写真企画)
「幻の滝 知床から屋久島まで」(山と渓谷/山と渓谷社)
「称名滝の神秘」(山と渓谷/山と渓谷社)
「森へ」(日本フォトコンテスト/日本写真企画)
「氷柱」(アサヒカメラ/朝日新聞出版局)
「瀑流・黒部」(アサヒカメラ/朝日新聞出版局)
「秋、下の廊下」(岳人/東京新聞出版局)
「黒部水物語」(山と渓谷/山と渓谷社)
「黒部幻の滝」(山と渓谷/山と渓谷社)
「黒部」(山と渓谷/山と渓谷社)
「僕にしか撮れない黒部」(エフクラブ/アクトエージェンシー)

【テレビ】
NHK 「日本の名峰」、「黒部 幻の大滝に挑む」、「黒部上ノ廊下」
NHK(中部ネット) 「山の魅力は渓にあり」
NHK BS 「太郎平 三俣 鏡平」
フジテレビ 「幻の滝に挑む」
テレビ東京 「滝と紅葉スペシャル」
その他、ニュース等多数

講演料金目安

260,000円(消費税、交通費別)
休日:26万円、平日:21万円

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界20年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9041
2020.08.11
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9041人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる