植田辰哉植田辰哉うえたたつや

元男子バレーボール日本代表監督/ 日本バレーボール協会シニアディレクター(強化委員長)/ 大阪商業大学教授

植田辰哉

お問い合わせ 候補に入れる

現役時代は、1992年のバルセロナ五輪でキャプテンを務め、6位入賞を果たすなど、日本の男子バレーボール界の主力選手として活躍。現役引退後は、指導者として、名門チーム・新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を経て、2005年に男子バレーボール日本代表監督に就任。低迷を続けていた日本代表チームを一から建て直し、選手のメンタル面とフィジカル面の双方から強化。2008年、北京五輪出場の切符を掴んだ。その熱い情熱と緻密な計画で、 日本代表チームを「オリンピック出場」という目標へ牽引したリーダーシップ、マネジメント力について語る講演は、必聴である。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
1964年7月25日、香川県生まれ。  
 
大阪商業大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして活躍。日本代表選手も務め、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場し、6位入賞。 
 
現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を経て、2005年に日本代表監督に就任。  
 
2008年、北京オリンピックへ16年ぶりの出場を果たした。 
 
<監督歴>
1999年~2002年 新日鐵(現堺ブレイザーズ)
2003年~2004年 日本代表ジュニア(男子)
2004年~2012年 日本代表(男子)   
 
<指導者資格>
JOC専任コーチ(TOPコーチアカデミー)  日本体育協会上級コーチ 

主な講演テーマ

植田流 リーダーシップ論  ~チームを北京五輪出場に導いて~

最高のパフォーマンスを発揮する組織マネジメント

目標達成への心得 <その熱い情熱と緻密な計画を!>

自分で限界を決めるな  夢は必ずかなう

責任は結果により果たされプロセスにより決まる

私の歩んだ道

主な実績

講演実績

大阪府箕面警察署/中部大学/白鳥中学校など多数。

戦績

2005年   アジア選手権 優勝
2006年   世界選手権 ベスト8
2007年   アジア選手権 準優勝
  ワールドカップ 9位
2008年   北京オリンピック世界最終予選兼アジア大陸 予選2位(出場権獲得)
  北京オリンピック ※16年ぶりのオリンピック出場

受賞歴

1987年   日本リーグ新人賞
1988~1992年   日本リーグベスト6 ※5年連続受賞
1990年   日本リーグブロック賞
1991年   日本リーグスパイク賞
1992年   日本リーグスパイク賞
1993年   日本リーグブロック賞
1994年   日本リーグスパイク賞
2007年   Vリーグ栄誉賞

その他

【選手時代の主な競技歴】
1989年 アジア選手権大会準優勝、ワールドカップ6位
1991年 アジア選手権大会優勝、ワールドカップ4位
1992年 バルセロナオリンピック 6位

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

芸能人、アスリート、著名ビジネスマンなど有名人へのご依頼にも強い講演依頼.comは、「講演会から得られる成果」を最も大切にしております。そのため、私たちは講師の講演内容を把握・蓄積し、お客様が思い描く講演会にぴったりの講師をご提案しております。

現在の
登録講師数
7677
2018.10.18
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7677人
該当致しました

TOPに 戻る