黒澤和子黒澤和子くろさわかずこ

映画衣裳デザイナー/ エッセイスト/ 黒澤プロダクション取締役

黒澤和子

お問い合わせ 候補に入れる

1954年、黒澤明の長女として東京に生まれる。サン・デザイン研究所にてスタイリストの勉強をした後、伊東衣服研究所デザイン科に入学。卒業後はデザイン会社を設立しファッション・デザインに従事する。74年株式会社黒澤プロダクション取締役就任。90年の『夢』から黒澤組に衣裳担当として参加し、以降『八月の狂詩曲』(91)、『まあだだよ』(93)と衣裳を担当。最近では、『武士の一分』、『どろろ』の衣裳デザインをおこない、映画衣裳デザイナーとして活躍している。

「旬!」ポイント

現在、日本で最も活躍している衣装デザイナーで、2018年1月から始まったNHK大河ドラマ「西郷どん」の衣装デザインを手がけている。また、是枝裕和監督の「三度目の殺人」や北野武監督の「アウトレイジ 最終章」など話題の映画やテレビドラマなど幅広い作品の衣装デザインも手がけた。

講演依頼.com×?~コラム、インタビュー、お役立ち~

好評発売中!『黒澤明<生きる>言葉』(PHP出版)

『黒澤明<生きる>言葉』(PHP出版)

日本映画の巨匠・天皇とまで呼ばれた父を持ち、さらに活躍の場を同じ映画という世界に置く彼女は、天才クロサワの良き理解者として、黒澤明の言葉を読み解く。
本物の男が語る言葉は、読み手のこころを映す鏡となり元気をくれる特効薬。講演会でも随所に出てくる黒澤語録が満載の一冊です。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

 
1954年、黒澤明の映画「七人の侍」打ち上げ日に、黒澤明の長女として東京に生まれる。成城学園高校中退、スタイリストを目指しサン・デザイン研究所に入学、同校卒業。
スタイリストの仕事をしながら、ファッションデザイナーの勉強の一環として、伊東衣服研究所デザイン科で学ぶ。仏クチュリエール専門学校入学のため留学準備に入るも、直前に結婚が決まり断念。インダストリアル・デザイナーの夫に伴いイタリアへ、出産後ファッション関係の仕事に従事。その後離婚を経て、(株)黒澤プロダクションにて父の秘書的仕事をする。1988年、父の進言で映画界に入る。 
 
父の影響で映画の世界に魅せられ、時代考証や日本民族衣裳の勉強に励み、時代劇の仕事が急増。「汚し」のテクニックの評価が高く、それを軸に時代衣裳デザインの素晴らしさに目覚めて経歴を積む。長年勉強したファッションデザイン、西洋及び日本服飾史を生かした仕事をしてみたいというのが、目下の夢。執筆の仕事も父の思いを伝えたい気持ちから始めたが、色々なジャンルの本に挑戦してゆく計画もある。 

主な講演テーマ

黒澤明の子育てと家族のかたち

・子供の良いところを殺さないこと
・いいものを見せ、実際に体験させることの大切さ
・家族には色々なかたちがある
・自身のいじめられた経験もふまえて

自分らしく守らないで生きる

・好きなものが見つかったら、自分から一生懸命夢中になる
・本当に優しいとは強いこと
・夢を持つこと

黒澤明に学ぶ 仕事術・時間術

・限られた時間を有効に使うためには?
・休むことの大切さ。切り替えとメリハリ。
・芸術には終わりはない、仕事にも終わりがない。
・自分の色(個性)の出し方、向き合い方とは?

映画衣裳のつくり方

聴講対象者
専門学校・大学の特別講義向け

・映画衣裳の在り方は、監督、衣裳デザイナーそれぞれ。
・監督のイメージをどう具現化していくか。
・特殊な映画界。映画衣裳とは。

参考:「スクリーンの隅々まで見てほしい」(毎日新聞連載)

※ 聴講対象、ご希望によって、講演テーマの相談が可能です。

主な実績

講演実績

世田谷文学館「黒澤明の仕事展」/東京大学「映像科特別講義」/静岡体文協「社会人大学」/テレビ静岡「テレビ寺子屋」/群馬県立女子大「公開授業」/東京大学映像科/早稲田大学/文化服装学園/東京芸術大学/立教大学/日立公共システムエンジニアリング株式会社/山脇美術学院/成城学園/財団法人せたがや文化音楽事業部 他

その他メディア

【映画】
1990年 黒澤明監督作品「夢」で衣裳担当として参加。
1991年 黒澤明監督作品「八月の狂詩曲」に衣裳デザインで参加。
1993年 黒澤明監督作品「まあだだよ」に衣裳デザインで参加。
2000年 小泉尭史監督作品「雨あがる」-黒澤明遺稿に衣裳デザインで参加。
2002年 小泉尭史監督作品「阿弥陀堂だより」に衣裳アドバイスで参加。
    熊井啓監督作品「海は見ていた」に衣裳デザインで参加。
    山田洋次監督作品「たそがれ清兵衛」に衣裳デザインで参加。
2003年 北野武監督作品「座頭市」に衣裳デザインで参加。
2004年 山田洋次監督作品「隠し剣鬼の爪」に衣裳デザインで参加。
2006年 小泉尭史監督作品「博士の愛した数式」に衣裳デザインで参加。
    是枝裕和監督作品「花よりもなほ」に衣裳デザインで参加。
    山田洋次監督作品「武士の一分」に衣裳デザインで参加。
    フランソワ・ジラール監督作品「シルク」に衣裳デザインで参加。
2007年 塩田明彦監督作品「どろろ」に衣裳デザインで参加。
    中田秀夫監督作品「怪談」に衣裳デザインで参加。
2008年 フランソア・ジラール監督作品「シルク」に衣裳デザインで参加。
    小泉尭史監督作品「明日への遺言」に衣裳デザインで参加。
    是枝裕和監督作品「歩いても歩いても」に衣裳デザインで参加。
    福澤克雄監督作品「私は貝になりたい」に衣裳デザインで参加。
2009年 リー・チーガイ監督作品「昴ースバル」に衣裳デザインで参加。
    西川美和監督作品「ディア・ドクター」に衣裳デザインで参加。
    根岸吉太郎監督作品「ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ」に衣裳デザインで参加。
    山崎貴監督作品「バラッド 名もなき恋のうた 」に衣裳デザインで参加。
    松井久子監督作品「レオニー」に衣裳デザインで参加。
    北野武監督作品「アウトレイジ」に衣裳で参加。
    杉田成道監督作品「最後の忠臣蔵」に衣裳デザインで参加。
2010年 福澤克雄監督TBS60周年記念ドラマ「JAPANESE AMERICANS」に衣裳デザインで参加。
    廣木隆一監督作品「雷桜」に衣裳デザインで参加。

【舞台】
2001年 黒澤明「蜘蛛の巣城」の舞台化に、衣裳アドバイスで参加。
2002年 黒澤明「用心棒」の舞台化に、衣裳アドバイスで参加。

【CM】
化粧品「ハーバー研究所」全国各新聞
飲料「ネスカフェ・エクセラ」

受賞歴

2001年   ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 ビューティー・スピリット賞
2006年   民族衣裳文化功労
2008年   映画「シルク」 カナダ・ジニー賞衣裳部門

連載・執筆

文藝春秋社(1999年) 「黒澤明-夢は天才である 黒澤明が選ぶ百本の映画他」 文藝春秋本誌(2002年) 「食通の献立」 文春ネスコ(2002年) 「美食家列伝-黒澤映画を支えた食卓-」 新潮社(2002年) 「海は見ていた 画コンテ集インタビュー」 婦人口論誌(2002年) 「黒澤和子衣裳美の世界」 中央公論本誌(2003年) 「黒澤明-心の台本 連載」 クロワッサン誌(2003年) 「わたし、きのう、きょう、あした」 小学館和楽誌(2003年) 「ロングロングインタビュー」 みずゑ誌(2003年) 「座頭市×黒澤和子」 キネマ旬報誌(2003年) 「インタビュー」 文藝春秋増刊号(2004年) 「 映画衣裳の現場から」 暮らしの手帳誌(2004年) 「わたしの花森安治」 中央公論本誌(2004年) 「素顔の黒澤明を語る ×是枝裕和監督対談」 毎日新聞日曜版(2005年) 「スクリーンの隅々まで見てほしい 連載」 スイッチ誌(2006年) 「スタッフインタビュー」 キネマ旬報誌(2006年) 「黒澤和子の衣裳」 いきいき誌(2006年) 「時代劇の着物の愉しみ」 講談社ムック(2006年) 「岡田准一改メ青木宗左衛門 対談」

その他

2002年、第15回東京国際映画祭コンペティション部門国際審査員

本

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
 

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界18年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

顧客満足度「5年連続90%以上」獲得!お客様より高評価を頂きました。2018年は学校様、企業様、自治体様など様々な団体様より、6,500件を超える講演のご相談を頂戴しております。講演依頼.comをお選びいただいたお客様に心より感謝申し上げます。

現在の
登録講師数
7781
2018.11.20
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7781人
該当致しました

TOPに 戻る