竹内一郎竹内一郎たけうちいちろう

演出家/ 劇作家/ コミュニケーションの達人/ 宝塚大学東京メディア芸術学部教授・学部長

竹内一郎

お問い合わせ 候補に入れる

ベストセラー『人は見た目が9割』(新潮新書)の著者。
横浜国立大学教育学部心理学科卒業後、演劇の世界に入り、作・演出を担当。筆名<さいふうめい>で発表した『戯曲・星に願いを』で、文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作に選ばれる。また、漫画原作『哲也 雀聖と呼ばれた男』で講談社漫画賞を受賞。演劇と漫画というジャンルを超えた活動を続けていくうちに、言葉以外の非言語コミュニケーションの重要性に気づき、「見た目」を切り口にした前述の著書を出版。言葉以外の情報を総括し、「見た目」と表したインパクトと分かりやすさ、活用のしやすさで多くのビジネスパーソンの心をつかみ、114万部のベストセラーとなる。講演では、非言語コミュニケーションである「見た目」の重要性を軸に、人間関係を本当によくする一歩進んだコミュニケーションのヒントを伝えている。組織活性化やチームワーク、人材育成の課題を抱える企業を中心に多く団体からの講演依頼が殺到する人気講師。

出身・ゆかり

専門分野

コミュニケーション/人間学/CS/営業/チームワーク/組織活性化

好評発売中!『人は見た目が9割』

『人は見た目が9割』

114万部突破のベストセラー!!心理学、社会学からマンガ、演劇まであらゆるジャンルの知識を駆使した日本人のための「非言語コミュニケーション」入門書。2014年6月1日には、よりビジネスシーンを始め、社会で実践してもらうための『人は見た目が9割「超」実践篇』(新潮新書)も発売。普段、私たちがわかっているけれど意識できていない「見た目」は、言葉以外のコミュニケーション要素である非言語コミュニケーションです。その非言語の部分をいかに効果的に使うか、というビジネスの様々なシーンで役立つスキルが詰まったシリーズとして、講演のタイトルとしてもご依頼の多い、人気の書籍です。

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:30

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1956年
福岡県・久留米市生まれ。 
1981年
横浜国立大学教育学部心理科卒業。 
1983年
劇団「オフィス・ワンダーランド」を旗揚げし、以後、50作品以上の作・演出を担当。 
1990年
戯曲『星に願いを』(五月書房)で文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作受賞。 
1991年
文化庁・芸術家在外研修員としてフィリピンの伝統芸能を調査・研究。(~1992年) 
2005年
九州大学博士(比較社会文化)。 
 
現在、劇作家・演出家。宝塚大学 東京メディア芸術学部教授。 

主な講演テーマ

「見た目」活用でうまくいく!   チームワークのある組織作り

ジャンル
コミュニケーション/人間関係/上司と部下
聴講対象者
ビジネスパーソン

最近上司と部下の間に、「話が合わない」という溝をよく耳にします。世代間ギャップとよばれるものです。話が合わなければ、当然職場に「チームワーク」は生まれません。子供の頃から、見てきたテレビ番組や、興味を持った遊び(ゲーム)がちがうのですから、仕事以外での価値観を共有することは難しいでしょう。私の研究する、非言語情報なら、そういう世代間ギャップを克服できると考えています。表情、声、アクション、アイコンタクト、それらは、日本人が普遍的に持っているものです。その方法を、皆が忘れているから、「話が合わない」で止まってしまいます。「気が合う」上司と部下を作る提案を、非言語情報の観点からおこないたいと思います。

組織を活性化するためになすべきこと~現場で使える非言語コミュニケーション~

ジャンル
コミュニケーション/主体性向上
聴講対象者
新入社員/若手社員

まず、構成員の一人一人がモチベーションを上げることです。目標は、何も数値目標ばかりではありません。社業が、向かい風のときにはどう頑張っても、数字はあがりません。風が追い風になったときのために、チーム力をあげておくことです。チーム力をあげるためには、何が必要でしょう。もちろん「構成員相互」が「ツー」といえば「カー」と響くようなコミュニケーション力は必須です。そのためには、目標を共有化するために、言語伝達力は必須です。私は、非言語情報でお互いを理解しあい、表情や声の明るさ、活気などで「場の雰囲気」を盛り立てることも大事だと考えています。非言語情報研究の、専門家である私は、現場ではとりわけ、言語より非言語情報の方が有効であることを提案します。何を言うときに、どういうアイコンタクトで、どういう声で、どういう表情で、どんなアクションでいえば、より相手に届くか、考えていたことが180度変わることでしょう。

コミュニケーションの大切さ

ジャンル
コミュニケーションの大切さ
聴講対象者
すべての方

著書『人は見た目が9割』をベースにお話しする人気テーマ。 私たちは、言葉を「伝達の手段」として学校で教わりました。だから、日本ではコミュニケーション教育は主に国語教育で行われてきました。しかし、私がもっと大切と考えるコミュニケーションは、声、表情、仕草、癖、頭髪、衣服……。それらをトータルした「見た目」です。私のいう見た目は決して、人の美醜ではありません。非言語コミュニケーション全般です。私たちは、一目会ったその時から、「この人感じのいい人だな」「この人との仕事はうまくいきそうだな」と何となくの勘で判断しているものです。私たちが普段気付いていない「見た目」の大切さに気付いて頂きます。私たちが鋭く人を見た目で見抜いているように、人からも見抜かれていることにも、驚かれるかもしれません。

愛される人間学 ~人生がうまくいく「見た目」のテクニック~

ジャンル
人間関係/コミュニケーション
聴講対象者
すべての方

私たちは「あの人の言葉には心がこもっていない」と言ったりします。心とは何でしょう。もちろん、私たちは人の心の中を知ることはできません。実は、私たちは人の心を「見た目」で判断しているものなのです。ということは、他人にとってのあなたの心は「見た目」で判断されているということになります。勉強ができて、仕事ができて、礼儀正しくても、恋人や配偶者に恵まれない人がたくさんいます。私たちは、学校で「非言語コミュニケーション」を学んできませんでした。私が「見た目」と名付けた概念です。私は、コミュニケーションのために言葉は何より大切だと思います。しかし、言葉がすべてではありません。むしろ「見た目」情報の方が、人間関係にとっては、重要なのです。『人は見た目が9割』で、日本に非言語コミュニケーションという考え方を広めた私の理論と実践法を、学んでいただきます。

主な実績

講演実績

文部科学省/美容関連/医療関連/新入社員研修/財務省/就職試験対策/面接試験対策/三井住友海上あいおい生命保険株式会社/ブライダル産業新聞社/第12回熊本作業療法士会 実行委員会/愛知県中古自動車販売商工組合 青年部会/川越東高等学校父母会/株式会社アイセイ薬局/日化設備工業株式会社/第一生命保険株式会社 その他150講演以上

テレビ

日本テレビ 世界一受けたい授業
TBS 王様のブランチ
テレビ朝日 スーパーモーニング ビートたけしのTVタックル
フジテレビ 人間観察バラエティ人は見た目が9割!新生活スタートスペシャル
NHK衛生第2テレビ 週間ブックレビュー717号 マンガの現場
テレビ東京 たけしのニッポンのミカタ!
NHK ゆうどき

ラジオ

J‐WAVE tokyo morning make it 21
NHK‐FM トーキングウィズ松尾堂
FM放送ラジオ番組 ベストセラーズチャンネル

受賞歴

1990年   文化庁・舞台芸術創作奨励賞佳作受賞 『戯曲・星に願いを』
2000年   講談社漫画賞 『哲也・雀聖と呼ばれた男』
2006年   サントリー学芸賞 『手塚治虫ストーリーマンガの起源』

その他

<その他実績>
「講談社漫画賞」受賞作『哲也・雀聖と呼ばれた男』が2000年に「勝負師伝説 哲也」(ギャンブラーでんせつ てつや)としてアニメ化。

書籍

講演料金目安

料金非公開講師になりますので、お問い合わせください。
(30万以上~60万円未満の範囲です)

あなたにおすすめの講師あなたにおすすめの講師

経験豊富な私たちに
お任せください。
スタッフ紹介をみる

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界15年、実績2万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい
最近のトレンドを抑えたデザインに一新したい

都合により掲載していない講師の方々も多数おります。「探している講師が見つからない」、「著名なあの人に講演をお願いしたいが掲載されていない」といった場合もお気軽にご連絡ください。ご相談は無料です。

現在の
登録講師数
7184
2017.09.21
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

7184人
該当致しました

TOPに 戻る