ご相談

木原浩勝

木原浩勝木原浩勝きはらひろかつ

作家/ 携帯サイトコンテンツプロデューサー/ 出版プランナー/ 司会業

木原浩勝

お問い合わせ 候補に入れる

過去に携わった仕事は、スタジオジブリ初期作品、シリーズが300万部を超えた空想科学読本、昨今映像ブームとなったJホラーシリーズや実話怪談本ブームの火付け役となった「新耳袋」シリーズは、単行本・文庫本合計100万部に達するベストセラーとなり、劇場用映画3作・TVドラマシリーズの百物語(全99話)の映像化を果たした他、携帯サイトでガンダムを手がけるなど、大ヒットに繋がるスキーム作りに定評があります。

出身・ゆかり

専門分野

怪談/アニメ(スタジオジブリ)/ガンダム/怪獣/フィギュア(玩具/食玩)/ソフビ/コミックマンガ

TEL
MAIL

ご相談は無料です。

03-5422-9188 電話受付時間 月~金 9:30~18:00

この講師をお問い合わせ候補に入れる

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

経歴

1960年
兵庫県尼崎市に生誕。  
1982年
大阪芸術大学映像計画学科卒業。  
1983年
「風の谷のナウシカ」を制作したトップクラフト入社。会社解散後、設立したてのスタジオジブリ入社。  
1985年
「天空の城ラピュタ」に制作進行として参加後、制作デスクに昇格。宮崎駿監督の下で「となりのトトロ」「魔女の宅急便」を手がける 
1990年
スタジオジブリ退社。この年、扶桑社より日本怪談史上初であるとともに現在のJホラーブームの原点となった現代の百物語「新・耳・袋」により作家家デビュー。  
1990年
前半、コンセプトライターとして、書籍・ムック本などに企画・構成・執筆を行い、ヒットメーカーとして知られる。 
1990年
後半、「新耳袋」が全十巻完結(メディアファクトリー刊)し、文庫(角川書店刊)、TV(Bs-i)、DVD(キングレコード)、映画、ゲーム(メトロ)、携帯サイト(ドコモ、AU、Vodafone)とメディア展開を図る。  
1999年
作家の京極夏彦、東雅夫、大学の同級生の中山市朗らと「怪談之怪」を結成、「ダ・ヴィンチ」での週戴、新宿ロフト プラスワンでのトーク・ライブなど怪談の普及活動を展開。 
2001年
日本で初めて都市伝説をまとめた「都市の穴」(双葉社)を刊行した。その他、特撮映像研究、漫画原作(「雲のグラデュアーレ」メディアファクトリ 刊)、古代史ミステリー(「捜聖記」角川書店)など幅広いジャンルで活躍。 
 
現在は怪獣、フィギュア(玩具、食玩)、ソフビ、アニメ、ガンダムなど様々なジャンルに造詣が深く、企画ブレーンとしてくわわることも多い。 
1998年
から現在、CSテレビ「フィギュアの王国シリーズ」総合司会 リクルート  
 
携帯コンテンツプロデューサーとして「新耳袋」、機動戦士ガンダムSEEDシリーズの「SEED Club mobile」、「みんな@サッカー」を手掛ける。(NTTドコモ、EZweb、Vodafone、Willcom) 

もっとみる

主な講演テーマ

「怪談」

「怪談」

現代怪談の恐怖とその根源、あるいは取材における怪談蒐集について

「未来型携帯ビジネスコンテンツについて」

「未来型携帯ビジネスコンテンツについて」

来るべきナンバーポータビリティー、コンテンツポータビリティーに対応した、他の携帯サイト及び携帯コンテンツには無い新型携帯対応エンジン『AE』(オールキャリアエンジン)が開く未来について(3キャリア+Willcomを加えた4キャリア連動全機種対応でブログ、BBS、画像配信を可能とした携帯エンジンが開く未来)

「アニメの出来るまで」

「アニメの出来るまで」

スタジオジブリ時代の経験を生かした、初期ジブリ作品の制作秘話と、その情熱について

主な実績

講演実績

大阪芸術大学卒業後、スタジオジブリ入社、『天空の城 ラピュタ』の制作進行を経て、制作デスクとして『となりのトトロ』
『魔女の宅急便』を手掛ける。
退社後、『新・耳・袋』(扶桑社刊)で作家デビュー。また企画・構成として別冊宝島のマンガやアニメのシリーズを手掛ける。
この頃手掛けた『空想科学読本』シリーズは300万部を超えるベストセラーとなる。
その後『新耳袋』シリーズ(メディアファクトリー刊)全10巻を完結させ、Bs-iドラマ、映画、コミック、ゲーム等メディア展開を果たす。

現在は作家業務の傍ら、携帯コンテンツプロデューサーとして「新耳袋」、機動戦士ガンダムSEEDシリーズの「SEED Club mobile」、
「みんな@サッカー」を手掛ける。
また特撮関連では、ゲーム『ウルトラマン・ファイティング・エボリューション・リバース』(バンプレスト)のグラフィックスーパーバイザー。
平成ガメラボックスではDVD特典映像として樋口監督と特撮技術対談。
評論では『ユリイカ』(青土社)のモンスター特集で「ガメラ3を観る」や河出ムック『円谷英二』(河出書房新社)にて
「ゴジラ映画はいかにして作られたか」。他に「怪獣VOW」(宝島社)3部作の総合構成。
「怪獣魂」シリーズ(双葉社)の企画構成を手がける。
トークライブ実績として、「新耳袋」(新宿ロフトプラスワン)、「妖・怪談義」(新宿ロフトプラスワン)、
「イワクラ大怪獣サミット」 、「ボトムズ野郎ども」(新宿ロフトプラスワン)他

  • ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』...
  • もう一つの「バルス」 -宮崎駿と『天空の城ラ...

講演料金目安

420,000円(消費税、交通費別)
 

あなたにおすすめの講師 あなたに
おすすめの講師

ほかの講師を検索する

経験豊富な私たちに
お任せください。

講演講師の登録は
随時募集中!

講師登録はこちら

ご相談は無料です。ご連絡はお気軽に。

業界19年、実績3万件の中で蓄積してきた講演会のノウハウを丁寧にご案内いたします。趣旨・目的、聴講対象者、希望講師や講師のイメージなど、お決まりの範囲で構いませんので、お気軽にご連絡ください。

オンライン講演会・ウェビナーのお問い合わせが増えております。講演開催まで時間がない主催者様には、安心のスピード対応を実施中。尚、講演依頼.comへのご相談は無料で承っております。お気軽にご連絡ください!

現在の
登録講師数
9019
2020.07.02
更新

講師を探す

講演ジャンルクリアする

9019人
該当致しました

TOPに 戻る

候補に入れました

15/20

候補に入れました

候補に入れた講師をみる