2017年09月04日

オランダで講演会

 人の出会いは、本当に不思議な縁を運んでくる。

20年近くも前にある会社に講師として呼んでもらった。

その時、担当だった女性。彼女は
「東京ではどんなことをされているのですか」
などと、わたしのやっているセミナーなどのことをいっぱい尋ねてきた。
そして、その次の年に、わたしの主宰しているセミナーに東京までやってきた。

そのセミナーは、1年間のカリキュラムだった。
「新しい世界を見てみたくなったんです」
彼女は、一年間、毎月東京にやってきた。一年を通すと、だんだん親しくなる。
他の参加者と、飲みに行ったり、いろいろ遊びの企画などもやった。

 でも、1年が終わると、なんとなく遠のいてしまった。
そんな彼女が10年近く前に、他の仲間との企画の旅行に突然、参加して会いに きてくれた。

「久しぶりに大谷さんに会いたくて」 その夜は、みんなで盛り上がった
「今は、旅行の添乗員をしているんです」
と、あちこちに旅行した話をしてくれた。そして、また月日が経った。昨年、
仲間のひとりが、コーチングのセミナーを企画してくれた。わたしは、そこに
講師として登壇させてもらった。そこに、彼女が参加していた。セミナーの
後の懇親会での会話。
「今、オランダにいるんです」
どうも、オランダ人の男性と恋愛して、オランダに住んでいるらしい。
「大谷さん、オランダで講演会してくださいよ」
酔った勢いで、
「やるよ」
と、言ってしまったわたし。数日後、ホテルと飛行機を予約した。彼女は、
会場を予約してくれた。

 でも、ふたりとも、オランダにそんなに人脈があるわけでもない。そこから、
ひとつ、ひとつ試行錯誤。
「広告に掲載することはできるのだろうか」
「いったい、オランダに日本人がどれだけいるのだろうか」
とにかくすへて、手探り。しかも、自分たちの都合に合わせて夏休みに企画したら、
オランダのメンバーのほとんどはバカンスでオランダにいない。
「最悪、わたしとあなたと、あなたの彼だけかもね」
途中で開き直った。
「ここに広告打ったらいいかも」
「オランダのブロガーに頼んでみます」
我が社のスタッフもいろいろチャレンジしてくれた。

 結果、なんとか形になった。オランダ人と結婚している女性。彼の仕事で
オランダにいる女性。彼はイタリア人だけれど、オランダが気に入って住んで
いる女性。駐在やオランダで仕事をしている夫婦。いろんな人が参加してくれた。
懇親会も盛り上がった。何よりも、参加者メンバー同士が、
「この縁を大切にしょうよ」
と、言ってくれた。この言葉で本当に救われた。たくさんのメンバーに支えられた
今回のオランダでの講演会。たくさんの「出会い」という財産をもらった。
ちょっとだけ、宣教師気分♪